1. トップ
  2. 恋愛
  3. 男心をわしづかみ! 「好きな女子アナランキング」に学ぶ“モテ”ポイント

男心をわしづかみ! 「好きな女子アナランキング」に学ぶ“モテ”ポイント

  • 2014.12.17
  • 619 views

男心をわしづかみ! 「好きな女子アナランキング」に学ぶ“モテ”ポイント

いまやタレント以上に注目されており、ちょっとした言動で好かれたり嫌われたりと人気ランキングが大きく変動する女子アナ。今回は、男性の意見をもとに、なぜ彼女たちが好かれるのかを分析してみました。すぐにまねできそうなポイントもあるので、ぜひ参考にしてくださいね。

●堂々の第1位、水卜アナに学ぶ好感度を上げる方法とは?

先ごろ「週刊文春」が発表した「好きな女子アナ」ランキングで、堂々のトップをとったのは日テレの水卜(みうら)麻美アナウンサー。春に続いて2冠達成です。

ほんわかした癒やし系の容姿に加えて、「ヒルナンデス!」で見せる一生懸命な司会ぶりに男性の好感度はうなぎのぼりのよう。

「いつも自然体で飾らない感じなのがいい。なんか“私はできる女”オーラを出している女子アナが多いけど、彼女はできないことは素直に『ごめんなさい』と言ってくれそうな感じ。スゴく親しみやすいイメージ」(31歳・営業)

「あんな感じのコが同僚にいたら、元気を一杯もらえそう。嫁にしたいタイプですよね」(26歳・電気工事業)

笑顔で常に一生懸命な姿勢や、癒やされる優しい雰囲気が男性のハートをぐっとつかむよう。また、気配りができるという点も高得点の源に。

「全然売れていない若手芸人にもちゃんと気を遣ったりするじゃないですか。そういう心遣いがある女性はすごくいいなと思いますね。このごろ、周囲が見えていない女性が多いので」(28歳・農業)

上下関係や年齢にかかわらず、「誰にでも同じように接する」という点もかなりの高ポイント。誠実さを見せることは男性の信頼感をぐっと引き寄せるようです。

●男性は「落ち着いてしっかり話を聞いてくれる人」が好み

フリーの夏目三久アナも、常にランキング上位に入ってくる存在。一時期の不遇を乗り越えての人気ぶりです。

「マツコと有吉の番組とかで、しっかりうなずきながら話を聞いて、相手の話が終わってから自分が話し出すという姿勢に、品の良さと知性を感じる」(38歳・IT関連)

「笑顔でうんうんとうなずいている様子は本当に可愛いなと思います」(31歳・ショップ店員)

「あなたの話をちゃんと聞いています」ということが、仕草や態度からしっかり感じとれれるところが人気のよう。これなら、すぐにでもまねできそうですね。

●やはり基本は“明るく表情豊かに”

最近はトップこそ水卜アナに譲りましたが、「カトパン」の愛称で呼ばれるフジテレビの加藤綾子アナも上位の常連です。

同じく「週刊文春」の「嫌いな女子アナ」ランキングでも1位になってしまいましたが、これは海外の有名サッカー選手と共演したときに媚びるような雰囲気を画面で見せてしまったのが原因と言われています。ただ、そういった状況でも男性からの人気は相変わらず。

「華やかさがあるというか、表情が生き生きしているのがいい」(29歳・自動車販売)

「話し方とか頭の回転の速さとか、さすがだなと思う。下ネタトークにもカラッと対応してるし」(33歳・営業)

表情豊かでウィットに富むところに男性は惹かれている模様。頭の良さをまねするのは難しいですが、豊かな表情を心がけることはできそうです。

全体的な傾向を見てみると、「一生懸命」「周囲に気を配れる」「いつも笑顔」「優しさを感じる」などのキーワードが並び、いわゆる“癒し系”や、受け止めてくれるタイプの好感度が高いことがうかがえます。

イマドキの男性は相当お疲れなのかも!? となれば、女子力を磨いたりデキる女ぶったりするよりも、笑顔でさりげなく周りの人に気を配って、癒やしの雰囲気を演出するのが“モテ女子”になる秘けつかもしれませんね。

<文:関谷 知生>

元記事を読む