1. トップ
  2. ヘア
  3. 前髪を流すだけで大人かわいい雰囲気に♪キレイな流し前髪コレクション♡

前髪を流すだけで大人かわいい雰囲気に♪キレイな流し前髪コレクション♡

  • 2017.4.21
  • 18344 views

ショートでもロングでも顔の印象を決めるのは前髪といってもいいくらい前髪のスタイルは重要ですよね。オフィスでも好印象で、プライベートでも大人かわいい雰囲気にまとめたい!というアナタには前髪を流すスタイルをオススメします。いわゆるコンサバ的雰囲気にぴったりな老若男女に受けがいいヘアスタイルです。

前髪を流すスタイルとは?

基本の前髪流し

前髪を流すスタイルというのは、一言で言って前髪をサイドに流したように斜めにしたスタイルです。基本的には前髪を7:3か、8:2に分け、多くとった方の前髪の毛先にカールをかけて、更に斜めに流すというヘアスタイルです。 

ほんのわずかなニュアンスなので「普通のカールした前髪とどう違うの?」と思うかも。でも実はさりげなく前髪を横に流すことによって、印象に差があるのです。流すことによって、少しおでこが見えて、そこに大人っぽさが表れるのです。 

ナチュラル

毛先のカールは無くてもOKです。流しやすくなるというだけで、流れた風になるのであれば、カールが強くなくてもいいのです。この写真では強い巻きではなくストレート風でありながら、毛先がうまく流れていますよね。 

オフィス

こちらは毛先がカーブして曲線が流れをつくっていますね。だんだん自然にフェイスラインに沿って行くようなシルエットがキレイで、ふんわりとやさしい雰囲気に仕上がっています。左目の上のわずかに見える額が知的でいい感じです。 

コンサバ

前髪を流すスタイルはまさにコンサバ的スタイルなので、コンサバにしたいと思う人はまずは「前髪を流す」と間違いがないでしょう。サイドの髪にレイヤーをつけて、前髪から自然に後ろ髪になじむようにするとエレガントです。 

カールを強くしないで自然な流れにみせているスタイルです。分け目から流すサイドの方へだんだん長くなるように斜めにカットしているところがミソです。キレイで簡単に前髪を流すことができます。清楚なイメージですね。 

エレガント

分け目から左右に流すことによって、きちんと感のあるエレガントな雰囲気がプラス。眉ラインで前髪を流すことで、清潔感と安定感もあります。信頼のおける社会人という印象で、こちらもコンサバスタイルと言えるでしょう。 

セレブリティなミセスという印象を受けるゴージャスなスタイルですね。厚み感のある前髪を流すことにより、クールで落ち着いた雰囲気もプラスされています。写真はダウンスタイルですが、アップスタイルの和装でもステキですね。 

カジュアル

ベリーショートのカジュアルスタイルでも、前髪を流すスタイルは有効ですね。横分けしたアシメスタイルがクールでボーイッシュな印象。斜めバングによってできた額の三角形が知的で大人顔にしてくれます。 

シースルーの前髪を自然な雰囲気で流して力みのないこなれた印象に仕上げています。キュートな印象の中に、前髪の分かれ目にできた額のデルタが大人っぽさを醸し出して色っぽいですね。ゆるめのパーマとも合っています。

流し前髪の作り方

前髪を流すスタイルにもいろいろなタイプがあり、カールして流すもの、カールはあまり強くせず斜めにするもの、分け目のあるもの、ないものなどです。カールするタイプと、しないものでは作り方が違います。 

前髪を流すスタイルを簡単にキメル作り方は大きく分けて3つあります。カットで流れを作る方法、ドライヤーを使う方法、コテを使う方法です。自然に見えるスタイルでも、実はブローで作っているというものもあります。 

カット

まず、カットで流れを作る方法ですが、これは分け目ありのパターンでつかう方法です。分け目なしの時はできません。カットで使用する道具はクシ、ヘアクリップ、ヘアゴム、ハサミ、スキバサミ。鏡や切った髪を受けるゴミ箱も。 

まず、頭頂部から前髪にする範囲を三角にとります。そこから、小さな三角形に取り分け、他をクリップでよけて、少しずつ切っていきます。大切なポイントは流したい方向と逆に流して切っていくことです。 

ドライヤー

ドライヤーを使ってブローで前髪を流す方法です。さりげなくナチュラルに流れているバングも実は丁寧なブローで作られているということがよくあります。流れをキレイに保つには根元からドライヤーをかけることがポイントです。 

前髪を上下2つに分けて、下の束からブローしていきます。下の毛束をブラシでカールするように巻いて、そこにドライヤーを当てます。次に上の束のブローですが、根元部分を立ち上がらせるように、引き上げながらドライヤーをあてます。 

コテ・ストレートアイロン

コテ・ストレートアイロンを使うとブローよりもしっかりと流れのスタイルができて崩れにくいです。一度前髪を流したい方向と逆の方向に持ち、コテで根元から巻いて行きます。これは前髪の立ち上がりをしっかりさせるためです。 

前髪が内巻きになったら、ヘアスプレーをかけたクシを使って、流したい方に前髪を流します。カールしているので、流れをつけやすく、かつ一度逆方向に立ち上げているので、前髪がつぶれにくくなってふんわり仕上がります。 

パーマ

あらかじめパーマをかけていたり、カーラーを使って、前髪を流すスタイルをキレイに整える方法もあります。前髪を水などで濡らしカーラーで巻きます。巻いてしまえば違う仕事ができるので便利ですよ! 

ブローでもコテでもカーラーでも全部に共通するコツは、まず流したい方向とは逆方向に髪を流して集めることです。カーラーでクセが付いたらヘアスプレーをかけたクシで流したい方向に流して完成です。

前髪のカット別実例

目より下の長め前髪

前髪を長めにし、大胆に流しています。ゆるくS字にカーブするフォルムが上品でセレブな雰囲気。また、広くみせている額に知的な印象が醸し出され、オフィスコンサバ的なスタイルに仕上がっています。 

目にはかかっていませんが、眉毛よりも下のちょっと長めに設定した前髪です。毛先をカールさせて、キレイに左側にカールラインを並べています。細目に作った三角の額が大人の落ち着いた印象をつくります。 

目にかかるぐらいの長めの前髪を自然な雰囲気で流しています。流していると分からないナチュラルな仕上がりがこなれ感を出しています。流した方のサイドへのつながりが自然で、小顔な印象にフェイスラインをトリミングしています。 

眉毛ライン

眉毛ライン上に毛先の流しラインが重なるようにスタイリングしています。フリンジのような透け感のある前髪をゆるくふんわり巻いてフェミニンな印象です。分け目に小さめの三角ができて、そこに明るさや知的な印象が宿ります。 

長めにつくってある前髪を大きくカールして流すことによって、眉毛上に前髪のラインをそろえています。明るくさっぱりした印象ですね。サイド近くはあまりあげずに自然にサイドに馴染ませているところがポイントです。 

眉毛ラインに毛先が並ぶように前髪を流すことによって、さわやかで清潔な印象に仕上がっています。流した方の毛束が少し分かれて、一筋の隙間があるところがキュートです。また、反対側は長めにしているところもポイント。 

短い前髪

斜めのラインにカットしてあって、分け目に近い方が眉毛より上に毛先のラインが来る長さです。でも流しながらだんだんと長くなってフェイスラインに沿うようにフェイドアウトしています。自然な流れにこなれ感のあるバングです。 

短く斜めに前髪をカットして、毛先を流したベビーバングです。流しバングですが、大人っぽさよりもむしろチャーミングな雰囲気をつくっています。後ろの髪もわざとはねさせたりして、個性的な仕上がりですね。 

ぱっつん前髪

ぱっつん前髪も流すと大人の雰囲気になります。ぱっつん前髪の場合、流した感じと、流さない感じでは印象がけっこう変わるので、流しスタイルを使うと便利ですよ。分け目に三角形を作ることを意識して流すとかっこよくできます。 

流しているのでぱっつん前髪とわかりづらいのですが、こちらもぱっつんカットした前髪を流しバングに。長めの前髪ならコテでカールさせて流して雰囲気を変えられます。分け目を意識することがポイントですよ。

レングス別カタログ

ショート

アシメのフォルムにゆるめのパーマがとってもキュートな雰囲気ですね。やわらかく流した厚めの前髪もフェミニンな印象です。分け目にできた三角形が大人感を出して、耳かけスタイルがクールさをプラスしています。 

マッシュスタイル。こちらも斜めバングで、前髪を流すスタイルにすることが大切です。軽くカールした髪がゆるく流れることで、キュートな印象をプラスし、分け目の額のデルタが大人っぽさを出してくれます。シースルー気味に! 

ボブ

ショートボブでは、前髪を流すスタイルは定番ですね。分け目を作って流すことによって、大人っぽい雰囲気を作り、あか抜けた印象を出します。カールで流れをはっきりわかるように作るとうまくいきます。 

全体にゆるふわパーマのかかった色っぽいミディアムボブ。前髪を流すことで、甘さをおさえて大人っぽい印象をプラス。眉毛より上のラインに前髪ラインをつくっているところも、清潔感が出て好印象になります。 

ミディアム

ツヤ感のあるストレートヘアで、落ち着いた大人の雰囲気があります。軽くカールした前髪をゆるやかに流すことによってフェミニンな愛されスタイルに仕上がっています。分け目の三角が大人の印象をくずさない働きをしています。 

ラフな雰囲気に仕上げたミディアムスタイルです。はっきりした分け目を作らない流しスタイルで、ちょっぴりイレギュラーです。更に普通は流れる方向にだんだん長くなるところが、逆にだんだん短くしてちょっと個性的です。 

清楚でキュートなイメージのストレートヘアスタイルです。毛先だけではなく、前髪全体を流す感じに仕上げています。前髪が斜めになることで、額にできるデルタが爽やかさと大人の雰囲気を作り出します。 

ロング

ゴージャスなパーマがフェミニンな印象。髪を立ち上げてトップにボリュームをだしているところもかっこいいですね。そこに幾筋かの毛束になった前髪が斜めに軽く流されてカジュアルな雰囲気をプラス。かつキュートであります。 

くせ毛を活かしたナチュラルロングに少し長めのバングがかっこいいヘアスタイル。厚めの前髪を自然に流してクールな大人っぽい雰囲気に仕上げています。分け目にできた額の三角形が視線を上に誘導し、丸顔を面長のように見せています。 

シースルーバングをセンター寄りで分けた流し前髪。鼻の上からちょっとずれたぐらいに分け目があるのですが、アシメにスタイリングされナチュラルなイメージ。分け目の左右どちらも同じ片側に流れる感じがクセっ毛のようです。 

ツヤのある美しい髪で、大人の雰囲気のストレートスタイルです。前髪がキレイな1つの曲線となってサイドにつながるラインになり、まとまり感が出ています。それがお姉さん的な印象を生みだしています。 

ゴージャスなウェーブヘアの甘さをおさえるかのようにおでこを広く出して、クールで大人っぽい印象を出しています。長めのバングをかきあげずにかたまった毛束で流し、エレガントな雰囲気をかもしだしています。

アレンジスタイルに

ローポニーテール+流し前髪。センター付近からちょっぴりずらした位置で分け目をつくり、左右にカールして流しています。それがとってもフェミニンな印象を生みだし、どこかあどけない表情をプラスしています。 

シースルーバングをくせ毛風に流しています。上部の長い前髪を流し風に分けて、ばってんを作ったピンで毛先をサイドにとめているところもキュートです。真ん中の上部をポンパドール風に巻いてあげることで更におフェロに仕上げ。 

ハイポジションにつくったおだんごヘアがいさぎよくクールな印象。長めの前髪を7:3で分けて自然な雰囲気に流しています。分け目にできる広めの三角が知性的で大人っぽいインパクトで、うなじやサイドのおくれ毛に色っぽさが漂います。 

ハーフアップアレンジは若い人から40代くらいまで幅広く使えるヘアスタイルですね。厚めにつくった前髪を全体的に流して、粋な雰囲気を醸しだしています。サイドに長いおくれ毛をだして、大きくウェーブさせて色っぽく仕上げ。 

分け目なしの長めのシースルーバングを大きくカールさせて片側に流しています。サイドの幾筋ものおくれ毛やトップのラフなまとめ方、髪全体のカラーが色気を感じさせるこなれ感で、オフェロな仕上がりですね。 

ラグジュアリーな雰囲気のアップスタイルです。ハイライトの入った髪が毛束に動きと軽さを感じさせて、イキイキしたイメージですね。シースルーバングを分け目をはっきりさせずにカールして流し、フェミニンな仕上がりに。 

やわらかそうな髪質でこなれ感たっぷりのヘアスタイルです。長めの前髪の毛先を大きくカールさせて斜めのラインになるように流しているところが、さりげなくオシャレ。ウェーブラインがおくれ毛に続いて見えるところもいいですね。 

毛束感のある長い前髪をs字を描いて大きくウェーブさせて流しています。毛先がちょっぴり分かれているニュアンスにこなれ感があります。前髪を全部あげてしまわずに、前髪を流しておでこ出しすることで、新鮮な印象に。 

まとめ

前髪を流すスタイルについて特集しました。斜めバングと流し前髪の違いが分かりづらいですが、ほぼ同じものです。いずれにせよ、前髪をまっすぐ下におろした形ではなく、サイド方向に流れのある前髪をさします。流れがあると動きが感じられ、イキイキとした魅力的な表情になります。