1. トップ
  2. スキンケア
  3. 手元はいつも見られてる!!ふっくらもちもちハンドケア♡

手元はいつも見られてる!!ふっくらもちもちハンドケア♡

  • 2017.4.21
  • 4840 views

肌荒れ1つなく白くて細い指は綺麗な手元の条件とも言われています。手元だからと言って誰も見ないなんて大間違いです。意外と目につく手元こそ女性であれば綺麗にしていかなければなりません。美しい手元にするための方法についてこれからご紹介していきます!

マッサージで簡単に!綺麗な指にする方法

まずは手元を綺麗にするにあたって必要なのは指を綺麗にすることです。
たとえ体が細くなくとも指だけでも細くて綺麗だと気分も上がりますよね。
そんな白くてほっそりとした指にするマッサージ方法をご紹介します。

マッサージで指のむくみを解消して補足するという方法があります。
このマッサージを続けていると指痩せはもちろんですが手元の老化を抑えることもできるのです!

その方法はとても簡単です。
指を1本1本手で揉み伸ばしていきます。
指がほぐれてきたなと思ったら少し力を強めて指のマッサージを行なっていきます。
痛くならない程度で加減していきましょう。

指の付け根から指先まで1本ずつほぐして気持ちの良い程度に握っていきます。
その後は指先から指の付け根にまた戻っていきます。
これだけでも続けていくことにより指先をすっきりとすることができます。

気が向いたときにでも行うと良いでしょう。
またハンドクリームをつけながらやると同時に保湿効果もあります。

自宅で簡単にできる!ハンドケアの方法

自宅でも簡単にできるハンドケアで手の血行をよく、白い肌にしていきましょう。
その方法としてまず始めのステップは化粧水による手の保水です。
顔でも化粧水を塗って保水をしてからスキンケアを始めますよね。
手でも同じです。

普段使っている化粧水を手にそのまま塗って保湿していきます。
精製水と1:1で薄めてから塗っても良いでしょう。

化粧水での保水が完了したら次はハンドクリームを使って保湿をしていきます。
ハンドクリームは少し多めの量を使います。
もったいないと思うかもしれませんがこの量が適切です。
逆に少なすぎてしまうと手全体に行き渡らせることができなくなります。
目安としては、500円玉程度の大きさと考えるとベストです。

そしてもう1つのコツとしてはハンドクリームを人肌程度の温度にすることです。
ハンドクリームを手に取った後両手で挟んで少し温めると良いでしょう。
手に取った直後に比べてハンドクリームが柔らかく感じたらそれが最適です。
このひと手間だけでも皮膚への浸透力が高まります。

その後は手袋をはめるだけです。
その手袋は自分の肌に合ったもので、綿100%のものを使うと良いでしょう。

ハンドクリームで手元のケア!選び方は?

最後にハンドケアをする上で重要な役割を担っているハンドクリームの選び方についてです。
ハンドケアを行う際にもともと手荒れに悩んでいるという方がおられるかもしれません。
そのような方はできるだけ刺激が少ないものを選びましょう。
注意しておきたい成分として、尿素は手荒れにしみてしまいますので避けましょう。

そして次に悩みの原因でもあるのが手が乾燥しがちでカサカサしているという点。
そういった方には保湿効果のあるセラミドやヒアルロン酸が配合されているものがおすすめです。
乾燥してしまったり手がカサカサな人、比較的症状は軽めという方にセラミドやヒアルロン酸が特に効果的なのです。保湿成分ですので綺麗な手元にすることを助けてくれます。

今回は女性にとって意外と気をつけておきたいパーツである手元を綺麗にするためのハンドケア方法についてご紹介していきました。
綺麗な手元は見ているだけでも素敵な感じがしませんか?
肌が白くて指先が長く美しい手元を今回の方法を参考に作って、女子力をアップしていきましょう!