本日オープン!銀座の新たなランドマーク「GINZA SIX」の注目グルメ5選

2017年4月20日(木)、かつての松坂屋銀座跡地を含む街区にオープンした「GINZA SIX(ギンザシックス)」。地下2階から6階までに241店舗が入る銀座エリア最大規模の商業施設とあって、早くも話題を集めています。施設の見どころとともに、日本初上陸のスイーツやGINZA SIX限定商品をそろえる旗艦店など、注目のショップをご紹介します。

コンセプトは「Life At its Best 最高に満たされた暮らし」

地下鉄銀座駅から徒歩3分。中央通りに面した、銀座エリア最大規模の商業施設「GINZA SIX」。単にモノを売る場所ではなく、文化の発信拠点としての役割や各ブランドによる新たな取り組みなど、これまでにない体験型の施設として注目を浴びています。

館内のいたるところにアート作品を展示

施設の中心部、2階から5階にある吹き抜けでは、六本木にある森美術館の監修のもと、現代アートの展示が行われます。オープンから2018年2月までは、草間彌生氏の新作インスタレーションを設置。

そのほかにも、館内の各所にはアート作品が展示され、遊び心に目を引きつけられます。みなさんもぜひ、館内を歩いて見つけてみてくださいね。

フランス発のガレットの専門店「フランボワーズ」

日本初上陸となる、フランス発のクレープ専門店「framboise(フランボワーズ)」があるのは3階。オーガニック小麦やそば粉を使った本国と同じメニューに加え、日本限定のガレットも登場します。

甘いクレープメニューは、シンプルなクラシックテイストから、フルーツやアイスを盛り付けたものまでがそろいます。
「ラズベリー」(1180円)は、店を代表するメニュー。フレッシュな木いちごとマスカルポーネチーズが、ほどよい甘さでさっぱりといただけます。

南インド発祥のもち米とレンズ豆の生地を使った「ガレット・ドーサ」は、食べ応えのあるもっちり生地とはじっこのパリパリ食感が特徴。ボリュームもあるのでランチにぴったりです。

抹茶の風味豊かな銀座限定パフェも。「中村藤吉本店」

関東エリアへ初出店となる、宇治に本店を持つお茶の老舗「中村藤吉本店」。4階にあるカフェではお茶の販売はもちろん、食事メニューや抹茶スイーツを味わえます。

銀座店限定の「別製まるとパフェ」には、高品質の抹茶をふんだんに使用。上にのった生クリームをはじめ、各層のアイスクリームやシフォンケーキも濃厚な抹茶フレーバーです。白玉や小豆、渋皮栗がアクセントになり、甘すぎないのでぺろりと食べられますよ。

着物ブランドらしい鮮やかなプレートが魅力。「JOTARO SAITO」

レディ・ガガさんの着用でも話題になった、日本を代表するキモノデザイナー「JOTARO SAITO」。4階の着物ブティックには初業態となるカフェを併設。天井から床、家具に至るまで「JOTARO」の世界観でデザインされ、鮮やかでシックな色や柄に彩られています。

メニューは「ア・ラ・モード」、「パフェ」、「コレクション」の3種類。いずれも「JOTARO」の最新コレクションのイメージをテーマに、旬の果物や食材を取り入れ、シーズンごとに変化していくそう。

フランス伝統菓子をアレンジした驚きのスイーツ。「フィリップ・コンティチーニ」

地下2階の「フィリップ・コンティチーニ」は、フランスのパティシエ、フィリップ・コンティチーニ氏による、初のカフェ複合型ブティック。注目は、サクッとした食感のクイニーアマンと、バターと砂糖で煮詰めたりんごのタルトタタンを掛け合わせた看板商品「クイニー・タタン」。バターたっぷりのブリオッシュ生地はサクッ、内側のりんごのコンポートはしっとりで、一度にふたつのお菓子を楽しんでいるような気分になれます。

割烹の名店とお茶の「福寿園」がコラボレート。「くろぎ茶々」

地下2階の「くろぎ茶々」は、現代の和食界をリードする黒木純氏率いる日本料理店「くろぎ」と京都の茶舗「福寿園」が手を組んだショップ。
「常葉(ときは)白練」は、上段に抹茶を使った葛練り、下段に国産のクリームチーズを練り込んだ和菓子。ふるふるの食感と抹茶のさわやかな苦み、チーズの酸味とコクが広がります。

全国からおいしいものが集まるフロアでおみやげ探し

地下2階には、日本全国からさまざまなグルメが集まります。なかには関東初出店となるお店も。
福岡の醸造元が手掛ける「発酵酢屋 庄分酢」の酢ドレッシングやピクルス、愛媛発の「10FACTORY」のみかんジュースや柑橘のジャム、鹿児島の農場が営む「南風農果舎」のパウンドケーキなど、東京ではここでしか出会えないものがたくさん。旅行気分でグルメめぐりが楽しめます。

四季が感じられる屋上庭園でのんびり過ごす

13階の「GINZA SIXガーデン」は銀座エリア最大となる約4000平方メートルの屋上庭園。広場は芝生と水盤で構成され、解放感たっぷり。中央通り側には森林ゾーンとなっていて、サクラやカエデ、松などの植物が植樹され、四季の移ろいを感じられます。天気のいい日は、テイクアウトで購入したスイーツやサンドイッチを設置されたベンチで食べるのもいいですね。

文化施設やバスターミナルもあり、観光の拠点にも

ほかにも、日本画などアート関連本約6万冊がそろう「銀座 蔦屋書店」(6F)、“日本の食”をテーマにしたフードホール「銀座大食堂」(6F)、観世流の能の劇場「観世能楽堂」(B3F)など、日本の魅力を発信する場所としての役割も担っています。
また、1階に国内外の観光客に向けた「ツーリストサービスセンター」が、三原通り沿いに観光バス乗降所が設置され、銀座エリアの観光拠点になっていきそうです。

ワクワクを発見できる「GINZA SIX」。ぜひ訪れて施設を“体感”してみてくださいね。

元記事を読む
提供元: ことりっぷの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。