これこそ銀座の最強コンセプトストア「シジェーム ギンザ」

吹き抜け空間には草間彌生によるパブリックアートが(2017年4月14日撮影)。(c)MODE PRESS/Fuyuko Tsuji

東京・銀座最大の商業施設「ギンザ シックス(GINZA SIX)」が4月20日にオープンする。中でも注目は2階に位置する、大丸松坂屋百貨店のコンセプトストア「シジェーム ギンザ(SIXIÉME GINZA)」だ。フランス語で「第6・第6の」の意味する「シジェーム」を名に冠し、「銀座6丁目」や「第6感」など、さまざまな意味を内包するこのブティック。“本質を極めた大人の女性”をターゲットに「TOKYO ESSENTIAL STYLE」をコンセプトに掲げるが、百貨店のコンセプトストアとはいったい何なのだろう?

同店のマーチャンダイジング ディレクションを行うのは、2015年までセレクトショップ「アクアガール(aquagirl)」のブランドディレクターとして活躍した笠原安代(Yasuyo Kasahara)。そして「トゥモローランド(TOMORROWLAND)」のクリエイティブディレクターとして業界を活性化させた佐々木康裕(Yasuhiro Sasaki)だ。この最強タッグに、「百貨店でもセレクトショップでもない、新しいコンセプトストア」の秘密について聞いた。 ■非日常な空間に足を運びいれる快感

開放感あふれる吹き抜け空間の下、ゆったりと広がるフロアは心地が良い。全体の内装を担当したのはフランス人デザイナーのグエナエル・二コラ(Gwenael Nicolas)。これまで「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」や「フェンディ(Fendi)」など数多くのブランドを手がけてきた二コラならではの「ストーリーのある、上質な空間デザイン」となっている。

「非日常的な空間にお客様を招きいれて、楽しんでもらうことが僕らにとってのラグジュアリー。心が豊かになるようなプラットフォームになってほしい」と、同じくMDディレクターの佐々木は語る。店内には植物も多く配置され、リラックスした気分で各コーナーを楽しむことができる。

■一人の女性の6つの「顔」

シューズ、バッグ、ジュエリーなど雑貨を中心にセレクトされたアイテムは、ドメスティックブランドからインポートまで豊富なラインナップを誇る。「日本人の特徴であるミックス感を大事にしている。僕も世界中を回るが、こういう編集施設は海外にはなかなかない」と佐々木は笑顔を見せる。さらに大勢の女性をイメージするのではなく、一人の女性のライフスタイルにフォーカスし、心の緊張度によって異なるシチュエーションを想定しているのが「シジェーム ギンザ」の独自性だ。

華やかさや女性らしさを演出する「DRESS UP」、大人の日常スタイルにきちんと感をプラスした「DAILY TOWN」、解放感と機能性・実用性を備えた「TRAVEL ACTIVE」、日々の緊張感を解き放って新たなエネルギーをチャージする「COZY RELAX」、際立つセンスを提案する特別な演出「GIFT」と分けられた6つのエリアがあり、「コーナーごとでムードが変わるように店舗空間を編集した」と佐々木は説明する。一人の女性のさまざまな面を垣間見るのは、ドラマを見ているかのような、なかなか楽しいショッピング体験だ。
■「百貨店」らしくない、ロックな考え方

従来の銀座のセレクトショップとの違いは、軽やかにジャンルを飛び越えるセレクションの幅だろう。スニーカーやトートバッグといった気取らないアイテムがハイブランドのバッグやスカーフと同列で並んでおり、ほかのテナントとは異なる雰囲気を醸し出す。

「自分が年を重ねていく上で、次に楽しみたいことは何だろう? と考えたときに、時間の過ごし方など目に見えないことだと思った。だから従来どおりのエレガントな服を置くだけじゃなくて、あえて旅先に持っていくようなおしゃれな軽いバッグを置いたりしている」と笠原は語る。「そういうちょっと精神的にロックな考え方で、百貨店的なカテゴリを壊すことを目指している」■靴が女性の気分を左右する

雑貨以外では、それぞれのコーナーで靴がポイントとなっている。「女性は気分で靴を選ぶが、靴によっても気分が変わる。ヒールを履くとフォーマル感が出るし、履き心地の良い靴を履くと気持ちが解放されたりする。だから食事に行く、プレゼンテーションをする、旅行に行く、一駅分お散歩する、といったシーンを想定して、社会との接点を意識したときのドレスアップを、靴から立ち上げていった」(笠原)

さらにギフトのコーナーは「チャーミングな大人の女性が買えるものを編集した(佐々木)」「私自身が一番ハマっちゃった!(笠原)」と両名も笑顔を見せるほどの充実度となっている。ボールペンからキャンドル、ブローチやチョコレートに至るまで、遊び心あるセレクションについ目を奪われてしまいそうだ。■高級なブランドバッグよりも贅沢なものって?

銀座という立地で、東京五輪に向けてさらなるインバウンドも予想されるが、とくに海外からの視線を気にすることなく「インターナショナルな感覚を持った女性」をターゲットにしているという。ではそんな女性たちにとって、次なるラグジュアリーとはどういったものなのだろう? そう尋ねると笠原は、店頭にディスプレイしたブローチのたくさん付いたトートバッグを指さしてこう答えた。

「多くのブランドが30万円ほどのバッグを販売しているが、自分たちにとってはあのバッグがそういったものであってほしい。スーパーマーケットにも持っていけるような丈夫なトートバッグで、たとえばコーヒーの染みがついちゃってもいいし、家族からもらったキーホルダーを付けていってもいい。時間の経過を楽しんで、自分なりにカスタマイズしていくことが一番の贅沢だと思うから」 真っ白なキャンバスに自分なりのものを描いて、世界に一つしかないものにしていくことがラグジュアリー。そんな「上質」なライフスタイルを提唱する「シジェーム ギンザ」は、確かな価値観に基づいた高感度なセレクションで女性たちを魅了していくのだろう。「大丸松坂屋」のユニークな挑戦に、今後もぜひ注目したい。

■店舗情報

・シジェーム ギンザ(SIXIÉME GINZA)

電話:03-6263-9866 ※4月20日より

■施設概要

・ギンザ シックス(GINZA SIX)

住所:東京都中央区銀座6-10-1

電話:ギンザ シックス総合インフォメーション/03-6891-3390 (受付時間10:30~20:30)

※4月20日より

■関連情報

・シジェーム ギンザHP: http://www.sixieme.jp/

・ギンザ シックス公式HP: https://ginza6.tokyo/

元記事を読む
提供元: MODE PRESSの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。