1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【コラム】人生の中で、私たちが恋に落ちるのは3回だけ。

【コラム】人生の中で、私たちが恋に落ちるのは3回だけ。

  • 2017.4.12
  • 575 views

あなたはこれまでに何回、恋に落ちましたか?

人は人生の中で、いったい何回「恋」に落ちるのでしょう。ライターのKate Roseさんの意見ははっきりしています。

それは、3回。

なぜそう言い切れるのか、「elephant JOURNAL」に掲載された彼女のコラムを見てみましょう。

【1回目】おとぎ話みたいな恋

3つの恋には、それぞれ別の理由があるの。

最初の恋は、若い頃。高校生のときなんかが多いわね。これは理想を追い求める恋で、子どものときに読んだ、おとぎ話みたいな恋。

社会の中でどうあるべきなのかとか、家族にどう見られてるのかっていうことを重視する恋なの。「この恋が私の唯一の恋だわ」って信じたり。ちょっとくらい違和感があったとしても気にしない。もしくは、うまくいかせるためには自分の信念みたいなものは飲み込んでしまう…。恋ってそういうものなんだって信じているからそうなるの。

だって、この頃の恋って、自分の気持ちよりも周りの人にどう思われるかってことのほうが大事なんだもの。

1回目は、「正しいように見える恋」よ。

【2回目】つらいけど糧になる恋

2回目は、つらい恋であることが多いわ。自分とは何か、自分が愛をどれだけ欲しているか、必要としているかを私たちに教えてくれる。嘘、痛み、ごまかし…。2回目は痛みを伴う恋。

自分では1回目と違った選択をしているように感じるけど、現実にはまだ経験不足の選択をしてしまっているの。この恋は、同じところをぐるぐる回ってしまうこともあるわ。恋の終わりは前回と違うのに、なぜか繰り返してしまう。

ときには不健康で、バランスが取れなくて、ナルシスティックなときもある。感情的、精神的、さらには肉体的な痛みすらあるかもしれない。そして、ものすごいドラマもある。だから私たちはこの恋のストーリーラインに夢中になってしまうの。

さながら、起伏の激しい感情のジェットコースター。低い時期だって、いつか上向くことを期待してやりすごしてしまうの。まるでスリルの虜になってしまったみたいに。

2回目は、「努力したけど叶わなかった恋」よ。

【3回目】気付かないうちにやってくる恋

そして3回目の恋は、やってくることに気付かないような恋なの。これまでの何もかもが間違っていたかのように、「恋はこうあるべきだ」って長年抱いていた理想を破壊していく恋。

あまりにも自然と訪れるから、最初はきっとうまくいかないだろうなって思える。けど、まるで欠けていたパズルのピースが、ただそこに「ハマる」かのようにしっくりくるの。こんな風になったらいいのになっていう期待も、自分以上の誰かにならなきゃっていうプレッシャーもないわ。

「自分である」ということが、ただ受け入れられて、そのことが自分の核を揺さぶるの。

この恋は自分が思い描いていたものとは違うし、望んでいたようなものでもない。だけど、思い描いていた通りじゃなくたって、恋は真実になる。そう教えてくれるの。

私たちの返事が遅れたって、ずっとドアをノックし続けてくれる。

3回目は、「正しいってわかる恋」よ。

「愛ってなにか」を知るために「愛ではない」ものを学ぶ

たぶん、みんながみんな人生でこういう恋をするわけじゃないと思う。でも、それはたぶんその準備が整っていないからなの。きっと、私たちが「愛がなんであるか」ということをつかむためには、「愛ではない」と言えるものについて学ばないといけないんだと思う。

もしかしたら、教訓を得るには一生かかるかもしれないけど、運がよければ数年ですむかもしれない。おそらく、恋に落ちる準備ができているかどうかというより、恋の準備が整っているかっていう問題なんだと思う。

そして一度恋に落ちた人は、死を迎えるそのときまで、情熱を持ってその恋を維持することができる。結婚式当時の写真みたいに、80歳になっても一緒に歩いているおじいちゃんおばあちゃんの姿を見ていると、「私たちって本当に愛について知っているのかしら」と疑問に感じるわ。

3回目の恋を知っている人たちは、とても幸運だと思う。

試すことに疲れてしまい、傷ついた心を抱え、愛し方が本質的に間違っているのではないかと疑問に思っている人たち。間違っているわけじゃない。自分のパートナーが、自分と同じ愛し方をしているかどうかっていう問題なの。

今までうまくいかなかったからって、今回もうまくいかないとは限らないから。

愛には無限の可能性がある。何度でも恋をしよう

愛っていうのは、本当は無限の可能性を持っている。でも、愛とはなにかという思い込みが限界を決めてしまっているだけなの。

正しいように見える1回目の恋で、満足することもできる。苦しくて仕方がない2回目の恋と、戦い続けることもできる。

でも、3回目の恋を信じることだってできるはずよ。帰るべき場所に帰ってきたような、嵐の後の静けさのような、そんな恋を。

1回目や2回目の恋は特別な経験だけど、3回目の恋はびっくりするような素敵な恋。

3回目の恋は、気づかないうちにやってくる。
3回目の恋は、終わらない。
3回目の恋は、どうしてこれまでうまくいかなかったのか教えてくれる。

いつ最後の恋に落ちるかわからない。だからそこにたどり着けるまで、何度でも試す価値があるの。

恋をしましょう。何度も、何度でも。
これが「3回目の恋だ」って、いつか気づくまで。

Licensed material used with permission byKate Rose

元記事を読む