1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. Airbnbが発表した「イタリアの古代集落」に泊まってみたい

Airbnbが発表した「イタリアの古代集落」に泊まってみたい

  • 2017.4.12
  • 282 views

ドイツの古城やメキシコの遺跡を目の前にして、こんなことを考えたことってありませんか?「一度でいいから住んでみたい」と。

そんなとき「Airbnb」を使えば、イタリアの古代集落に泊まれるそうです。

中世の街並みがあなたを貴族にする

Photo by Airbnb

Photo by Airbnb

ここは、13世紀に作られたチヴィタ・ディ・バーニョレージョ(Civita di Bagnoregio)という集落。イタリアの公共建築物で初めて「Airbnb」に常時掲載されることになった物件だとか。

ちなみに、この崖の上の集落に通じる道は約300mの橋だけ。まるで、天空の城。

Photo by Airbnb

Photo by Airbnb

もちろん、部屋の中にも中世の雰囲気はそのまま残っていて、貴族の気分を味わえるはず。

となると、飲むのはイタリアワインで決まり。あえて古びたグラスを使うのも、雰囲気が出て楽しそう。

この物件、最大5名まで1泊300ユーロ(約35,000円)から予約可能。また、一定の条件を満たしたアーティストには1泊10ユーロ(約1,200円)で泊まれるという特典も。

さらに社会貢献も?

Photo by Airbnb

言い忘れてましたが、この集落の別名は「死にゆく街」。なんでも、ここは1980年に起きた大地震で多大なる被害を受け、今でも雨や風の影響で少しずつ衰退しているらしいのです。

そこで「Airbnb」から得られた全ての収益は、集落の文化保存、維持に使われるとのこと。

今度のバケーションは、イタリアの文化財を保存しつつ、中世の雰囲気を味わう一石二鳥な旅もアリかもしれません。

Licensed material used with permission byAirbnb