1. トップ
  2. ヘア
  3. ポニーテールアレンジ50選☆ルーズや前髪アレンジなど一挙ご紹介!

ポニーテールアレンジ50選☆ルーズや前髪アレンジなど一挙ご紹介!

  • 2017.4.6
  • 22448 views

永遠の定番ヘアアレンジ「ポニーテール」は、女性なら誰でも1度は憧れたことがあるのではないでしょうか?今回はそんなポニーテールをより魅力的にするアレンジ方法をご紹介します!こなれた雰囲気を醸し出すルーズアレンジや、正面からの印象を決定づける前髪アレンジなど、たくさんのポニーテールアレンジをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ルーズアレンジ

こなれた感じが一番出るポニーテールアレンジが、ルーズに仕上げるアレンジです。きちんとスタイリングしないでわざと崩して仕上げると大人の余裕を感じるこなれたアレンジになります。こちらのようにざっくりと束ねて毛束をわざとラフに仕上げると簡単にこなれ感が出ますよ。 

こちらはわざとフェイスラインの髪を束ねないでおろしたアレンジ。ほどよいセクシー感を醸し出しているアレンジですね。フェイスラインの毛束を残すことで顔型のカバーにもなりますよ。 

こちらは三つ編みをするときにわざとゆるくして、ラフな雰囲気に仕上げたヘアアレンジ。こうすることでトップや後頭部がふんわりとして立体感のあるアレンジにすることができます。 

一度束ねてから後頭部やトップの毛をつまんでふくらみを持たせたヘアアレンジ。アレンジをする前にヘアアイロンなどでカールをつけておくとさらに立体感が出ますよ。 

こちらも毛束をつまんで凹凸を出したヘアアレンジですが、髪を束ねた結び目も下のほうにゆるめることでさらにルーズでこなれた雰囲気を演出しています。 

クルリンパでルーズに仕上げたヘアスタイル。クルリンパはヘアアレンジをするときに簡単で形になると人気ですよね。そんなクルリンパを使えばこなれヘアもらくらくアレンジできますよ。 

波ウェーブと呼ばれるうねりをつけたパーマヘアをいかしたアレンジ。流れを感じさせる髪の動きをそのまま活かしているので、特別なテクニックは必要ありません。 

低い位置で束ねたこちらのスタイルをローポニーテールと呼びます。この高さならまだ髪の長さが短い伸ばしかけのヘアスタイルでも決まりやすいですよ。ついきちんと束ねたくなってしまいますが、あえて後れ毛を残してラフに仕上げましょう。 

全体をざっくりと束ねただけのヘアアレンジ。サイドをヘアアクセサリーでとめていますが、きちんととめないで後れ毛を残すことを忘れないようにしましょうね。 

クルリンパで作ったローポニーテール。このスタイルなら日常の中でも使いやすそう。ほどよくきちんと整えているので、舵の途中でフェイスラインに髪がかかるなんてこともないですね。

ゴム隠しアレンジ

「ポニーテールは好きだけど、ゴムが見えるのがいや…」と思っている方はいませんか?ここからは上手に束ねたヘアゴムを隠すことができるテクニックをご紹介します。こちらは束ねた髪の一部をゴムに巻きつけてゴムを隠しているテクニック。 

同じように束ねた髪の一部をつかってゴムを隠しているテクニックですが、その毛束でリボンを作ることでヘアアクセサリーいらずの華やかアレンジに。 

クルリンパのテクニックを使ってゴムを目立たなくした上に、毛束を使ってゴムのあたりをカバーしたテクニック。このテクニックなら、髪が短い人でも真似できそうですね。 

ゴムで束ねたところをスカーフで隠したアイディア。これなら簡単にできますよね。スカーフは去年から引き続きトレンドのアイテムなので、上手に取り入れてヘアアレンジだけでなくファッションコーデのポイントにもしてみてくださいね。 

簡単ヘアアレンジのお助けアイテム、三角クリップ。髪を挟んでとめたり束ねた髪を挟んでアクセントにしたりと役立つアイテムですが、ゴムを隠してアレンジをおしゃれにもしてくれますよ。 

大判スカーフでまとめ髪のような雰囲気に仕上げたアレンジ。これならゴムが見えない上にボリュームも持たせることができるので、髪のボリュームがないという方におすすめです。 

ローポニーテールのサイドの毛束を三つ編みしてゴムを隠したアレンジです。こちらのアレンジは下の手順2で編みこみを作れば簡単にできますよ。 

毛束を使ってゴムを隠しながらこなれたラフアレンジに仕上げることができる手順です。簡単だけどおしゃれ度が高いですよね。 

ゴムを隠す毛束を軽く編むことで華やかさが出るアレンジ。束ねた毛束やフェイスラインの後れ毛などこなれた雰囲気ですね。

前髪アレンジ

ポニーテールアレンジというとつい後ろや横からの表情を気にしてしまいますが、正面から見た表情も大切ですよね。髪を束ねることによって、より前髪の表情が顔のイメージに直結するポニーテール。ここからは前髪もアレンジする方法を見ていきましょう。こちらは眉が隠れる長さの前髪をカールさせて、オンザ眉の雰囲気に。 

まっすぐに下ろした前髪はピュアなイメージを醸し出します。フェイスラインに残した毛束もストレートにしておくことで、清楚な雰囲気を。 

長めの前髪だけど横に流すのはあきた!という方には、こちらのように毛先をカールさせて短くするテクニックがおすすめです。 

こちらは全体に大きくワンカールさせることで、短めの前髪を演出したアレンジ。前髪が短いと目が大きく見えるので、ぱっちりの目元に見せることができますよ。 

長い前髪をすっきりとまとめる方法といえばポンパドール。ふんわりと持ち上がった前髪は丸顔対策にもばっちり! 

長い前髪をセンターで分けて、左右それぞれトップの髪に差し込んだアレンジ。小さなヘアピンを使うとうまくアレンジできますよ。ふんわりとした雰囲気になりますね。 

しゃきっとした活発な雰囲気を出したいなら、こちらのアレンジがおすすめ。ポンパドールほど高さを出さないで、少しふくらみを持たせた前髪が、すっきりとしています。 

左右に細く残した毛束がちょっとセクシーな雰囲気のアレンジ。耳の後ろの後れ毛も大人っぽい印象に仕上げてくれますね。 

あえて隙間を作ったラフなアレンジ。自然な雰囲気に見えますが、本当は前髪の隙間から見える眉毛など計算づく!スプレーなどを使ってしっかりとキープしてあげましょう。 

丸顔とベース顔で悩んでいる方に一押しのアレンジ!長めの前髪を横に流して顔を縦に長く見せつつ、フェイスラインの毛束であごや頬を隠せるんですよ。 

健康的だけどどこか色気を感じるアレンジ。その秘訣はヘアピンを使って仕上げた透けバング!いつもは厚めのバングでもこの方法なら透けバングにすることができますね。 

こちらもヘアピンを使って前髪の毛量を調節したアレンジ。かなり厚めのウザバングでも、この方法なら透け感が出せてこなれて印象に。 

横に流す前髪にしたいけど、そこまで長さがない…という方には、こちらはどうでしょうか。完全に横に流すのではなくてセンターパートのようにおでこの真ん中を出して、片側だけ前髪で隠すテクニックです。 

ぱっつん前髪とポニーテールが合わさると潔いかっこよさげなヘアスタイルの完成です!マニッシュなファッションが合いそうなすっきりとかっこいいイメージですよね。前髪が少し長い方はヘアアイロンなどでカールをつけて調整してみましょう。

パーマアレンジ

ポニーテールアレンジを華やかに見せてくれるパーマヘアを利用したアレンジをご紹介します。今パーマがかかっていないという方はヘアアイロンなどでウェーブをつけて挑戦してみてくださいね。 

後頭部のうねりを出すためにあえてゆるく束ねたアレンジ。全体的に流れるような動きがきれいですよね。毛先はラフにもにほぐして軽やかに。 

パーマヘアなど髪にウェーブがあるとアレンジをするのが楽になります。こちらもウェーブを利用して後頭部をラフに交差させてアレンジしたテクニックです。 

こちらもパーマのウェーブを利用してゆるーい三つ編みをアクセントにしています。まっすぐの髪だとここまでゆるい三つ編みは難しいですよね。 

パーマのウェーブをそのまま使ってゆるめに束ねたルーズアレンジ。ふわふわとした毛束が外国人風ヘアスタイルです。花飾りをつけてウェディングなどでも使えそうな雰囲気ですね。 

簡単に束ねただけでもパーマのウェーブがあれば華やかさが出ます。さらにスカーフを使ってお出かけ気分をアップ。ちょっとした結び方の違いでこんなに雰囲気が変わるんですね。 

全体的にウェーブのかかった後れ毛が印象的なこなれヘアアレンジ。三つ編みを使ったアレンジがどの角度から見てもかわいいヘアスタイルを作り上げています。 

一見手が込んでそうなアレンジですが、クルリンパを数回繰り返しただけのらくらくアレンジ。こちらもパーマヘアでやるとふんわりとゆるめのカーブができて素敵に仕上がりますよ。 

ざっくりと高くポニーテールしただけでも華やかさが出るパーマヘア。耳の上の毛束を残しておいて、後からねじりながらまとめるとさらに華やかになります。 

編みこみをしてから束ねた簡単ヘアアレンジですが、束ねた毛束が大きくウェーブしていて動きがありますよね。ヘアアクセサリーを変えて、毛先を散らせばパーティでも大丈夫なアレンジです。

クルリンパアレンジ

不器用さんにもできる最強お手軽ヘアアレンジとして人気のクルリンパ。このテクニックを身に着けるといつもの何気ないポニーテールも華やかでこなれた雰囲気になりますよ。こちらは基本となる1回クルリンパで仕上げたアレンジ。クルリンパしてから少しずつ毛束をつまみ出すとこなれ感がアップします。 

こちらは基本の1回クルリンパをサイドで行ったアレンジ。真ん中とは違ってさらにこなれた大人の余裕が出ますね。 

少し高めの位置でクルリンパしたアレンジ。クルリンパしてから毛束を少しとってゴム隠しをするとメリハリが出ますよ。 

同じようにクルリンパしてからゴム隠しの要領でメリハリをつけたアレンジですが、結び目に巻きつけた髪を止めるヘアピンをアクセサリーのように見せています。 

2回のクルリンパと三つ編みを組み合わせたアレンジ。すごく手が込んで見えますが、実際には簡単にできるアレンジです。パーティや結婚式などお呼ばれのときにどうぞ。 

2回クルリンパさせてスカーフでアクセントをつけたアレンジ。さきにヘアアイロンなどでウェーブをつけておくとこの仕上がりになりますよ。 

クルリンパとねじった髪をクルリンパするねじリンパのあわせ技。といっても2回に分けてクルリンパするという基本は変わらないので、少し練習すると上手にできますよ。 

まとめ

さまざまなシーンで活用できるポニーテールのアレンジ方法をご紹介しました。どれも簡単にできるものばかりでしたよね。不器用で心配という方は少し練習してみましょう!きっと自分にあった大人かわいいポニーテールができるようになりますよ。