1. トップ
  2. グルメ
  3. 【京都のコーヒー】華麗な職人技!世界レベルのラテアートが堪能できる店

【京都のコーヒー】華麗な職人技!世界レベルのラテアートが堪能できる店

  • 2017.3.29
  • 2493 views
undefined

出典:https://news.walkerplus.com/article/104150/

「Latteart Junkies RoastingShop 2nd北野天満宮店」(2016年11月オープン)は、日本を代表するバリスタが手がける、人気コーヒーショップの2号店。素材本位の味作りと繊細なラテアートで魅了するコーヒーはもちろん、素材にこだわったバーガーやコーヒーの風味を生かしたスイーツなど、さらに充実したメニューにも注目。

■ 豊富な経験と職人技で際立つコーヒーの個性とアートを堪能

店主の大西 剛さんは、バリスタ歴20年以上、各地で技術指導や業務用卸も行うトップバリスタ。2015年、堀川紫明に1号店をオープン。数々の競技会で優勝経験を持ち、「COFFEE FEST WORLD LATTEART CHAMPION SHIP」に、2012年から連続出場中。

コーヒーの魅力を余す所なく引き出すため、つねに技術を磨き続ける大西さん。ピッチャーやカップなど道具の改良にも工夫を重ねている。

「ジャンキーズバーガー」(734円)。濃厚な牛バラ肉の旨味にチーズのコクがマッチ。天女の羽衣をイメージしたアートも美しい「カフェラテR」(540円)。

目の前でエスプレッソをかける「アフォガード」(594円)。

デザインも多彩な有田焼のカップは、対流しやすい形と重さまで計算されたオリジナル。

クリームチーズやパウンドケーキ、羊羹などコーヒーを使った加工品で、幅広いコーヒーの楽しみ方を提案。

暖かい時季は窓を開放し、オープンエアの空間に。豆の販売は200g1296円から。季節限定ブレンドや品評会入賞豆など品ぞろえもさらに充実。【関西ウォーカー編集部】

元記事を読む