1. トップ
  2. メイク
  3. 「顔の赤み」が気になる人に!”赤みをカバーする”ベースメイクのポイント4つ

「顔の赤み」が気になる人に!”赤みをカバーする”ベースメイクのポイント4つ

  • 2017.3.29
  • 19310 views

頬の赤みが気になり、なんとかカバーできないかとベースメイクに悩んでいるあなた!カバー力のあるファンデーションに変えても浮いてきてしまって悩んでいたりしませんか?赤みがある人のベースメイクに合った4つのポイントをおさえれば、明日からあなたの悩みが解消できるかも。今すぐトライしてみて!

1.メイク前に”パッティング”でお肌を冷やす

体温が上がると頬が真っ赤になってしまうという方は、メイク前のスキンケアから赤みを防ぐ下準備が重要です。化粧水を付ける際にしっかりパッティングをして、お肌を冷やしておきましょう。

コットンにたっぷりと化粧水を染み込ませ、下から上にコットンを押し当てるようにしてパタパタとコットンを動かします。しばらくしたら、手で肌を触って温度を確かめてみてください。ひんやりしていたらパッティングが終了の合図です。肌を冷やしておくことにより、ベースメイクの持ちが良くなるので毎朝の習慣にしてみましょう。

2.”グリーン”のカラーコントロールベースで赤みを軽減

肌の赤みを抑えたい方は赤の反対色であるグリーンのカラーコントロールベースをチョイス!グリーンを重ねることで、赤みが緩和されます。反対に、ピンク系の下地を使うと赤みを目立たせてしまう原因となります。ピンクの下地はくすみが取れて優秀ですが…顔の赤みが気になる方は避けておくことがオススメ。

もしくは、赤みの気になる部分にはグリーン、くすみの気になる部分にはピンクなど、肌色の状態に合わせて部分的に色を変える方法もあります。

赤みが気になる人のためのグリーンベース3つ

①メディア/メイクアップベースS グリーン

プチプラで大人気のカラコントロールベースです 。赤みにグリーンがいいという原理がわかっても、やっぱりグリーンの下地に挑戦するのはちょっぴり怖いな…という方はまずはプチプラからお試ししてみては?

②ジルスチュアート/ラスティング ティント

ジルスチュアートのパッケージはベースメイクまで可愛い!汗や皮脂にも強く、サラッとしたつけ心地です。

③エレガンス/モデリングカラーベースUV

しっかりと肌に密着し、崩れにくい処方。夏になぴったりの紫外線予防効果のある下地です。

3.ファンデーションは”黄み”の強いものを選ぶ

ファンデーションにも、ピンク系や黄身の強いベージュやオークル系など、「肌色」といってもさまざまな種類があります。下地と同様に、ピンク系よりも黄みの強いものを選ぶと赤みを和らげカバー力が上がります。

万が一、オークル系のファンデーションをのせることで、首の色と顔の色に差が出てしまうという方は境目をしっかり馴染ませることが必要です。顔の外側に向かってグラデーションをかけるイメージで自然にぼかしましょう。

4.チークは天然チークを生かして”ナチュラルなベージュ”をチョイス

メイクが崩れ、後から頬の赤みが浮いてきてしまうことがあります。天然チークを生かして、控えめのベージュを使いましょう。血色感のあるほどよい赤みは、コンプレックスではなく素敵な長所です。初めからナチュラルな色を選んでおけば、赤みが浮いてきても怖くありません。

顔の赤みが気になる方、もっといえばコンプレックスに思って悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。ベースメイクの色の選び方に注意すれば、メイクで赤みを目立ちにくくすることは充分可能です!均一な肌色が憧れという方は、ぜひ一度試してみてくださいね。

の記事をもっとみる