1. トップ
  2. 恋愛
  3. 男性はウブ女にどうしても弱い!? 男心を刺激する恥じらいの演出方法

男性はウブ女にどうしても弱い!? 男心を刺激する恥じらいの演出方法

  • 2017.3.28
  • 2271 views

照れて恥じらうウブな女性は、その一面だけで男性を惹きつける魅力があります。最も、その女性が本当にウブかどうかは謎であり、もしかすると男性心理を知ってわざとそんな女性を演じているかもしれません。

あなたもモテるウブな女性を目指すため、わざと照れや恥じらいを演出してみませんか?…それは決して難しいことではなく、ここではそんなウブな女性を演出する方法を紹介します。

ホラー映画が苦手と伝える

演出方法としては簡単なので、演技が苦手な女性にもおすすめの万能的な方法です。ホラー映画などの話題になった時に「怖くて絶対に観れない」という態度を見せることで、男性にウブだと思わせることができます。

遊園地に行った時にも、お化け屋敷は絶対無理だと拒否しましょう。注意点は怖がり方で、キャーキャー悲鳴をあげるのはうるさく思われてしまうため、かわいらしく「絶対無理〜」というような仕草が理想です。

エッチな隠語に反応しない

男性が下ネタを話す時、女性がそこに混ざっていると隠語を使うことがあります。ちなみに、隠語というのは文字どおり本当の言葉を隠すために言い換える言葉で、分かりやすく言えば「ヤッた」も「セックスした」の隠語です。

こうした隠語に全く反応しないことで、ウブな女性を演じることができるのです。さすがに「ヤッた」に対して意味不明の素振りを見せるのは不自然ですが、女性は使わないけど意味はだいたい分かっている、そんな言葉には意味が分からないという反応をとおしてください。そうすれば、何も知らないウブな女性のキャラクターの出来上がりです。

流行に煽られない

特にファッションに関して言えることで、流行のカラーやデザインの服を取り入れるのを敢えて避けることでもウブな女性になれます。流行に沿っていないことでダサく思われないか心配でしょうが、男性視点で言えばむしろそこに魅力を感じるのです。

素朴、純粋…流行に煽られない女性からはそんなイメージを感じますし、さらに肌を露出させないことでより一層その効果が高まります。敢えて流行に乗らないのもファッションにおける作戦というわけです。

ウブな女性の演出方法は他にもありますが、何から何までウブを演じるのはおすすめできません。例えば「男性と二人きりが苦手」と伝えればウブな女性を演出できますが、それを公言すれば男性と二人きりになる機会を失ってしまいます。

このため、ウブな女性を演出するには単純にウブな女性を真似ればいいというわけではないのです。恋愛に支障がない…これを
前提としてこの条件を満たす範囲でウブな女性を演出してください。

元記事を読む