1. トップ
  2. メイク
  3. いよいよ”春本番”到来!メイクを真っ先に「春モード」にすべきところリスト

いよいよ”春本番”到来!メイクを真っ先に「春モード」にすべきところリスト

  • 2017.3.23
  • 5772 views

春分の日も終わり、最高気温が15度を超す日も増えました。いよいよ春の訪れを感じている方も多いのではないでしょうか?お洋服と同じく、メイクも春に衣替え。春になったら、メイクで変えたいところって?

1.何よりまずは紫外線!”UVカット効果”のあるベースに変える

とにもかくにも!何より大切なのはこちらです。まだまだ気温差が激しく、お肌が乾燥状態にある場合も多く、必然的に秋冬向けのファンデーションの使用を続けている方も多いことと思います。しかし、紫外線はあなたの肌の調子が整うまで待ってはくれません。

下地に日焼け止めを使う、下地だけでもUVカット効果の高いものに変える等の対策をし、紫外線対策だけはしっかりと行いましょう。窓からの光でも、日焼をするので注意をして!

現在は、紫外線を防止する効果のあるルースパウダーやプレストパウダーも多数発売しているので、まずはそちらを重ねてみるのも良いです。気温が安定して15度を超えるようになってきたら、ベースメイクを全体を春夏仕様にチェンジしても良いかもしれません。(自分のお肌状況と相談して、時期は選んでください。)

2.アウターの軽さに合わせてポイントメイクも軽く!質感を”シアー”に変えてみる

秋冬はマットなルージュを使用していた方も多いのでは?そんなあなたも、アウターが軽くなるのに合わせて、ポイントメイクも軽くしていきましょう。少々透け感が出るようなチークやルージュに変えてみたり、ツヤを加えるようにしたりするだけでもメイクに軽さを出すことができるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

春色のお洋服や軽いアウターに、冬色のポイントメイクは重た過ぎてしまいます。グロスを重ねたり、いっそ口紅を塗るのをやめて、グロス一本にしてみたり・・・軽さを出す方法はいくらでもあるのです。

3.春色ファッションに合わせて、使う色味を今より”ワントーン薄く”する

まだまだ気温変動が激しいため、完全にファッションを春仕様にチェンジできずにいる方が大半のはずですよね。それなのに、メイクで使う色味だけをばっちり春にしてしまうのはちょっぴり抵抗がありませんか?そんな時は!色味をガラリと変えるのではなく、今より”ワントーン薄く”してみてはいかがでしょうか。

今現在、赤のルージュやチークを使っている人はピンクのニュアンスを、ベージュを使っている人はオレンジを加えるなどしてみて。それだけで、春らしさが表情に加わるのでおすすめです。今使用している口紅に、ブルーグロスやパープルグロス、イエローグロスを重ねて発色を和らげるのもアリですよ。

お洋服を完全に春バージョンにする際に、メイクに使う色味もガラリと変えるよううにしてみると自分とメイクの幅が広がり楽しくなるはず。

4.洋服のみでなく、目元にも”春色”を取り入れる

春と言えば”パステルカラー”!また、今年の春は”くすみ色”にも注目が集まっています。そんな春らしい色を、まずはアイメイクに取り入れてみるのも良いでしょう。ピンクや薄いブルーは春の定番色。大人な雰囲気にしたいなら、グリーンやモーヴもおすすめです。

カラーメイク初心者さんはアイシャドウで取り入れて、慣れている方は、カラーアイライナーやカラーマスカラなんかもおすすめです。瞬きする度に、春の訪れを感じさせてくれるメイクってとっても魅力的♪「どこのコスメ使ってるんですか?」なんて気かけれてしまうかもしれません。

あまり目立つ発色を楽しむことができないお仕事の方は、ピンクベージュやオレンジベージュなどベージュニュアンスの入った色味や、くすみのある落ち着いた色味を選ぶようにすると、ナチュラルに春色を取り入れることが可能です。

ファッションのみでなく、メイクも春モードに変えて毎日を楽しもう!

お洋服は暑さや寒さを防ぐために、自然と衣替えをするけれど、メイクは通年変化なし。という人ってまだまだ多いと思います。でも、せっかくの春ですもの!素敵なお洋服をより素敵に着こなすために、メイクも春モードに衣替えしませんか?

メイクが変わると、よりファッションが似合うようになってきっと楽しくなるはず。また、メイクを変えることで新たな自分を見つけることもできるのです。

ぜひ、季節の変わり目をきっかけに、自分の可能性を広げてみてくださいね。まずはポイントからはじめて、軽い羽織一枚で外出できる気候になる頃には、メイクを春モードに一新してみましょう。春用のコスメって、見ているだけで女心を満足させてくれるような可愛らしい色味がたくさん揃っているんです。ぜひ、あなたのポーチの中身とメイクの仕上がりをアップデートして、新たな季節に踏み出してみませんか?