知らなきゃ損!ハイライト、ローライトが生み出す鍵とは

普通のヘアカラーには飽きちゃった!なんて人におすすめなのが、ハイライトやローライトなどをプラスして雰囲気をチェンジする方法です。よくわからない、なんて言って取り入れないのはもったいない!ハイライト、ローライト、メッシュやインナーカラーがヘアスタイルに生み出す効果を詳しくご紹介します。あなたのなりたい雰囲気に合わせてうまく取り入れていきましょう♪

ハイライトとは

ハイライトについて

ベースの髪色よりも明るいカラーをポイント的に取り入れるのがハイライトです。
髪の表面や顔周りに入れることで、ナチュラルな立体感のある仕上がりに。 髪が伸びても目立ちにくいという効果もあります。

 

髪へのダメージが少ない

髪の毛全体よりも、一部分のみのカラーの方が髪へのダメージが少ないもの。 髪が傷んでいるけど雰囲気を変えたい、そんなときにはハイライトがぴったり! ハイライトを入れるだけで明るい雰囲気にチェンジできます。

 

ダークカラーにもハイライト

髪などのダークトーンにもハイライトをプラスすることで、色味のある髪色に見えます。 細かくハイライトを入れると透明感を出て、ダークカラーでもおしゃれな雰囲気に!

 

ローライトとは

ローライトについて

ベースカラーより暗い色味の足して深みや奥行きを出すのがローライトです。 ハイライトとは反対に、ベースカラーよりも暗い色を足すことで影を作り、ヘアスタイルに立体感を持たせます。

 

髪色を落ち着かせるためにも

カラーをしたら明るくなりすぎてしまった、そんなときにもローライトが使えます。 髪色にローライトをプラスすることで落ち着いた印象に。 さらに立体感も出ていいことづくめです♡

 

メッシュとは

メッシュについて

別名ポイントカラーとも呼ばれるメッシュ。 部分的に、筋のように他のカラーをプラスするのがメッシュです。 メッシュもヘアスタイルに立体感を出してくれます。

 

部分使いなら派手カラーも

全体に使うと個性的になり過ぎてしまうカラーでも、メッシュとしてアクセントに取り入れることでほどよく個性を出すことができます。 その日だけメッシュを楽しめるヘアチョークなどで気軽にメッシュにすることも。

 

人気のインナーカラーとは

インナーカラーとは

最旬のメッシュカラーと言われているのが、人気の高いインナーカラーです。 内側に表面とは違ったカラーを入れ、そのギャップを楽しみます。

 

ヘアアレンジでカラーを魅せる

普段はあまり見えないインナーカラーですが、耳にかけたときやヘアアレンジしたときだけに見えるというさりげなさが人気の理由です。 しっかりとカラーを印象付けたいなら、ヘアアレンジで色の違いを出しましょう♪

 

派手な色でもかわいい

金髪や赤、青など、全体に入れるには躊躇してしまうカラーでも取り入れやすいのが嬉しいポイントです。 組み合わせにより雰囲気が変わるので、ヘアスタイルに個性を出したいならインナーカラーを取り入れてみて♡

 

いかがでしたか?

ポイントカラーの生み出す効果についてご紹介しました。
髪を痛めず雰囲気を変えたい、髪を切らずにイメチェンしたい、そんなときにぜひ取り入れたいおすすめの方法です。
おしゃれにキマル、髪に立体感が出ると、いいことづくめの効果ばかり。
ヘアスタイルを変えるなら、さっそくチャレンジしてみてください!

 

元記事を読む
提供元: HAIRの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理