1. トップ
  2. メイク
  3. 高くても「買う価値アリ」はコレ!プロが選ぶ2014年クリスマスコフレ・パレット3選

高くても「買う価値アリ」はコレ!プロが選ぶ2014年クリスマスコフレ・パレット3選

  • 2014.12.12
  • 891 views

さて、2014年も残すところあとわずか! 今年中にしたかった資格の勉強、家事力UP、ダイエット……などいろいろあると思いますが来年頑張るとしてどうせならハッピーに、そしてキレイな自分で今年を締めくくりたいもの。

そんな時注目したいのが、“クリスマスコフレ”。「毎年楽しみ!」という人も、「使わないアイテムや色が絶対あって損な気が……」なんていう人も、見てるだけで楽しくなるアイテムには変わりないですよね。

そこで今回は、メイクアップアーティストの筆者が2014年のクリスマスコフレの中で「コレは何役もこなせて買って損ナシ!」という優秀パレットを3つ選んでみました。

■1:ボビイ ブラウン / デラックス リップ & アイ パレット ¥10,000(税抜)

言わずと知れた有名ブランド『ボビイ ブラウン』。このブランドのクリスマスコフレはなんといっても“捨て色ナシ”なのが特徴だと思います。日常で使うことができるベーッシックなカラーはもちろん、肌馴染みの良いパールが効いたちょっぴりゴージャスカラーももれなく入っています。

このパレットは、上の段にはアイシャドウ8色、下の段にはリップ8色という2段式というプロが使うようなパレット。値段は10,000円(税抜)と少し張っているように感じますが、入っている内容としては普段だったらとてもではありませんが10,000円では揃わない商品が1つにまとまっていると思います。

●大人女子はこう使う!

パール系のアイシャドウはアイホールに広げても、二重幅に濃いめにのせても素敵な仕上がりに。お手持ちのアイシャドウのプラスワンアイテムにするだけでも、“彫りの深さ”感や印象がグッと変わってオススメ。

リップカラーは単色使いはもちろん、混ぜることで好みのカラーを作ることもできます。お手持ちのグロスの色との組み合わせでも何通りも違う雰囲気を演出することができますよ!

■2:NARS / レーザーカット ¥6,300(税抜)

シックな佇まいのNARSからはスマートなパレットとグロスがセットのコフレが発売。モードで“かっこいい女カラー”展開かと思いきや、チークカラーはふんわり可愛い女性らしさを演出するシアーピーチという抜け感を持ち合わせた一品。

パレットの上段にアイシャドウが3色、下段にはチークカラーとブロンザーが各1色ずつの2段仕様で、ミニサイズのグロスがついていることで、よりまとまり感のあるメイクに仕上がりそうです。落ち着いた配色なので、オフィスメイクにも使うことができそうですね。

●プロの裏ワザはコレ!

チークは頬に、ブロンザーシェーディングに……という概念を覆せ!と言わんばかりに、他の場所にも使ってみましょう。

チークカラーは、アイホールにうっすらぼかすニュアンスカラーとしても最適ですし、下まぶたの目尻側から1/3にぼかしてみても潤んだキュートな目元を作ることもできますよ!

ブロンザーはシェーディングだけではなく、チークカラーとしても使うことができます。例えば、ほかの少しビビッドなチークカラーを入れる前にこのブロンザーをうっすら入れてからチークを入れることで、肌馴染みがとてもよくなります。もちろんブロンザー1色でチーク代わりに使用することも可能。ヌーディーなアイメイクにブロンザーをチークに使って、リップは少しビビッドなカラーをチョイスしてもトレンド感たっぷりでイイ女風に仕上がります。

■3:ジバンシィ / ウィンター プリズム キット ¥13,800(税抜)

ジバンシィはハイブランドなイメージがあって、メイク用品であっても「買い求めづらい!」という声をよく耳にします。今回のコフレも13,800円と高く感じますが、1つのアイテムが何通りにも役立つ貴重な一品。

幅広い年齢層に支持されている『プリズム・リーブル』は、4色の補色を利用して洗練された素肌を演出することができるフェイスパウダー。

もう1つの『ル・プリズム ブラッシュ / グロウ』は、プリズム・リーブルで仕上げた透明感ある素肌により輝きをのせるパールの入ったチークカラー。ブラシもセットでこの値段なら十分お得かと思います。

●オススメの使い方

注目はチーク。チークだけにしておくにはもったいない! とても粒子が細かいのでアイシャドウに使ってもOK。一色ずつ塗っても、4色を混ぜてもOK。

自分買いももちろん良いですが、パートナーへおねだりしても良いですよね! 1つ持っていれば何かと便利なパレット式のコフレ。あなたも是非店頭で試してみてはいかがでしょうか。

(メイクアップアーティスト:黒木絵里)

元記事を読む