1. トップ
  2. グルメ
  3. 複合市街地「東京ガーデンテラス紀尾井町」をガイド - グランドプリンスホテル赤坂跡地に

複合市街地「東京ガーデンテラス紀尾井町」をガイド - グランドプリンスホテル赤坂跡地に

  • 2014.12.12
  • 940 views

グランドプリンスホテル赤坂跡地に「東京ガーデンテラス紀尾井町」が、2016年7月27日(水)開業する。

「東京ガーデンテラス紀尾井町」は、オフィス・ホテル・商業施設・カンファレンスを備える「紀尾井タワー」、賃貸住宅を有する「紀尾井レジデンス」、東京都指定有形文化財である旧李王家東京邸(旧グランドプリンスホテル赤坂旧館)を保存しつつ、新たな機能を備えた「赤坂プリンス クラシックハウス」の3つの建物から成る複合市街地のこと。

ファッションプレスでは、本格オープンを控えた「東京ガーデンテラス紀尾井町」の見どころをレポートする。

「紀尾井タワー」の1階から4階は「紀尾井テラス」と呼ばれる商業施設となる。約18mの高低差がある2つの通りに挟まれ立地を活かし、異なるコンセプトを持たせた4つの‟おもてなし”フロアを展開。

「東京ガーデンテラス紀尾井町」のエントランスとなるこの商業ゾーンは、「東京ガーデンテラス紀尾井町」グランドオープンに先駆けて、1・2階エリアは5月10日(火)より開店。追って、3・4階エリアが7月27日(水)よりオープンする。

■「紀尾井テラス」1階 弁慶濠テラス

赤坂見附方面からの玄関口となる1階は、レストラン&バー「ガーブ セントラル(GARB CENTRAL)」をはじめ、ダイニングや食のセレクトショップなど8店舗が出店する。

「ディーン&デルーカ」

広々としたカフェスペースに加え、開放的なテラス席も用意。併設されるベーカリーキッチンで作られた焼き立てのパンや、注文を受けてから手作りするホットサンド、バリスタが淹れる本格的なコーヒーなど、様々なメニューが提供される。

「ベルアメール」

小杉和之が手掛ける、チョコレートブランド「ベルアメール」では、香り・口どけ・コクにこだわったショコラを提案する。さらに濃厚な味わいの「ショコラドリンク」、「プレミアム パレ ショコラ」も同店限定で発売。

■「紀尾井テラス」2階 小左衛門テラス

東京メトロ永田町と直結する2階は、オフィスワーカーをターゲットにしたカフェやレストランなど10店舗が軒を連ねる。

「コーヒービーン&ティーリーフ」

アメリカ・ロサンゼルス発最古のコーヒーチェーン「コーヒービーン&ティーリーフ」では、契約農家から直接調達したシングルオリジンのコーヒー豆を使用した、香り豊かなコーヒーを楽しむことができる。また、トップ2リーフのみを手摘みした高品質茶葉を用いたティーも取り扱う。

「ウォーターグリルキッチン」

関東初出店となる「ウォーターグリルキッチン」では、海洋深層水で浄化された牡蠣と、鮮魚、貝類をメインに、旬の野菜をあわせたメニューを展開。

■「紀尾井テラス」3階 達磨坂テラス

3階は、特別な食事や接待、 記念日などにぴったりなレストラン12店舗が並ぶ。

「神楽坂 翔山亭」

無形文化遺産に登録された国民健康食の「和食」を融合させた「健康的な焼肉」を提供。焼肉を‟コース料理”としても堪能でき、和牛一頭焼肉メニューに加え、副菜豊かなコース料理を味わえる。

「ル・ファヴォリ」

「日本の四季を食す~フレンチのおもてなし~」をテーマにした、新業態のフレンチレストラン。「伝統的なフランス料理の基本を忠実に守りながら、日本の風土と太陽が培った食材を活かす」をテーマに、上質な四季の食材を現代的にアレンジした、新感覚の一皿を体感することができる。

■「紀尾井テラス」4階 御門テラス

大型レストラン「ノマドグリ ル・ラウンジ」

新業態となるモダンチョップハウス。旬の野菜や魚介、牛肉、ラムの良さを引き出した料理を提案。

開放的なテラスと連なるダイニングと、都内最大級となるルーフトップラウンジが設けられているので、パーティーにも最適だ。

パティスリー「ラ・プレシューズ」

ケーキはもちろん、パンや焼き菓子も用意。季節限定の和栗のモンブランなど、素材の風味を活かしたフランス菓子を楽しめる。男性にも人気のミルフィーユは、濃厚なカスタードクリームと、さくさくの生地が絶妙な口当たり。

2016年7月27日(水)、紀尾井タワー 30〜36階に開業する「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町」は、プリンスホテルの既存ブランド(「ザ・プリンス」「グランドプリンスホテル」「プリンスホテル」)のいずれにも属さない、プリンスホテルの最上級ホテルとして位置付けられる。

オフィス・ホテル棟の30~36階に位置するホテルのインテリアデザインは、日本のホテルとしては初めて、デザイン会社ロックウェルグループヨーロッパが担当した。

36平方メートルのデラックスから148平方メートルのスイートまでの250室の客室は、機能性と快適性を追求。そして、日本文化の魅力を堪能できる和食のスペシャリティレストラン、イタリアンを中心に洋食を提供するオールデイダイニングのほか、2つのバー・ラウンジ、スパ&フィットネスなどが設けられる。

1955年に赤坂プリンスホテルとして最初にオープンした別棟の洋館を利活用し、建設当時の資料などを基に照明器具や外壁などの主要部分を当時の状態に復元。新たに「赤坂プリンス クラシックハウス」としてオープンする。

館内にある「ラ メゾン キオイ(La Maison Kioi)」は、“賑わいのカジュアルフレンチ”をコンセプトに、ドレスコードなどは設けない気軽さをあわせ持つフレンチレストラン。仕事やショッピング帰りの⾷事など、カフェとしても⽇常的に利⽤することができるのは嬉しい。歴史的洋館ならではの、優雅な当時のしつらえを活かした室内は、特別な時間を提供してくれるはず。

他にも、カフェ、バーなどを設けるほか、バンケットを備え、ウェディングにも対応する予定だ。

【施設概要】
東京ガーデンテラス紀尾井町
所在地:東京都千代田区紀尾井町1-2
開業予定:
・第一期開業日 2016年5月10日(火)
・第二期開業 7月27日(水)

敷地面積:約30,400㎡
外装デザイン:Kohn Pedersen Fox Associates P.C.
総事業費:約1040億円
予定工期:2013年1月新築工事着工~2016年5月頃新築工事竣工

■紀尾井レジデンス概要
主要用途住宅:135戸
階数:地上21階地下2階、高さ90m
住宅:地下2階~地上21階

■紀尾井タワー概要
紀尾井テラス:1階~4階※4階は、商業施設とカンファレンスの混合
オフィス:5階~28階※29階は各設備関係のフロアのため一般使用は無
ホテル:30階~36階

■ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町
開業日:2016年7月27日(水)
住所:東京都千代田区紀尾井町1-2
宿泊料金:60,000〜590,000円
延床面積:
・オフィス・ホテル棟30〜36階 28,700㎡
・赤坂プリンス クラシックハウス 3,007㎡
施設:
・オフィス・ホテル棟30〜36階
客室(250室)、レストラン・バー(4施設)、スパ&フィットネスなど
・赤坂プリンス クラシックハウス
レストラン・バー(3施設)、バンケット(※2分割可)、小部屋(12室)、多目的ホールなど
インテリアデザイン:
オフィス・ホテル棟30〜36階…ロックウェルグループヨーロッパ

元記事を読む