1. トップ
  2. 旅行・おでかけ
  3. ルーク・ウィルソン、キャメロン・クロウが手掛けるShowtimeの新作コメディに出演!

ルーク・ウィルソン、キャメロン・クロウが手掛けるShowtimeの新作コメディに出演!

  • 2014.12.12
  • 316 views

アンドリュー・ウィルソンとオーウェン・ウィルソンの実弟で、『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』など数々の映画やTVドラマで活躍しているルーク・ウィルソンが、『あの頃ペニー・レインと』のキャメロン・クロウ監督が手掛ける米Showtimeの新作パイロットに出演することがわかった。

【関連記事】米Showtimeのコメディといえば!『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』 リーヴ・シュレイバーにインタビュー

米TV Guideによると、このパイロットは、成功したロックバンドのツアーに帯同するスタッフの、忙しく辛い日々を描くコメディ『Roadies』。クロウが脚本から監督、さらにJ・J・エイブラムス(『LOST』)とともに製作総指揮を担当する。また、ショーランナーとして、『アンジェラ15歳の日々』のウィニー・ホルツマンの名前が挙がっている。

この作品でルークは、5年間禁酒しているいつも睡眠不足のマネージャー、ビルを演じる模様。また、イギリス人女優イモージェン・プーツ(『28時間後・・・』)が、愛情溢れる心を持ちながら、人と接することが苦手な一流電気技術士、アンを演じるという。

その他の配役として、ケイシャ・キャッスル=ヒューズ(『クジラの島の少女』)が、ずけずけと物を言う情熱的なサウンドミキサー、ドナを演じ、レイフ・スポール(『プロメテウス』)が資金管理のために派遣された、音楽ビジネスに疎いファイナンシャルアドバイザーの男に扮するといい、聞いただけでもワクワクするような豪華なキャストがずらり。

クロウは、「ついに『Roadies』を手掛けることになり、本当に嬉しいよ。エイブラムスと僕は、いつかこういうドラマを作りたいと、ずっと話していた。僕らは、ステージの仕掛け装置の上で働き、腰に8本の携帯電話をぶら下げながら、一心不乱に動き回るツアースタッフのファンなんだ。献身的な彼らの生活はさまざまだけど、時に伝統の継承者になることもある。Showtimeで彼らの物語を描くことができ、また、大好きなプロデューサーの一人、ホルツマンと仕事ができることを嬉しく思うよ」と、『Roadies』への意気込みを語っている。(海外ドラマNAVI)

Photo:ルーク・ウィルソン
(C)Manae Nishiyama / www.HollywoodNewsWire.net

元記事を読む