1. トップ
  2. 恋愛
  3. 発がん性のリスクは? ラウリル硫酸Na入りシャンプーの安全性

発がん性のリスクは? ラウリル硫酸Na入りシャンプーの安全性

  • 2014.12.11
  • 1693 views

【女性からのご相談】

ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naが入っているシャンプーは髪の毛に悪い、と言われました。でもそもそもこの2つって、どんなものなんですか? もしも髪の毛に悪いものだとしたら、どこが、どういう風に悪いんですか? この2つの特徴と、デメリットについて教えてください!

●A. ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naには、メリットもデメリットもあります。

こんにちは、美容ライターの大塚朝香です。

髪の毛をきれいにするためにシャンプーを使うのですから、安全性が高く、かつ効果のあるものを使いたいものですよね。そこで疑問として浮かんでくるのが、“このシャンプーに入っている成分は良いのか、悪いのか”という問題です。

ここでは、よく取り上げられている“ラウリル硫酸Na”と“ラウレス硫酸Na”について見ていきます。

●ラウリル硫酸Naの安全性と危惧、ラウレス硫酸Naとの違い

ラウリル硫酸Naは、界面活性剤のうちの1つです。泡立ちを良くする効果があり、医療の分野から洗剤の分野まで、幅広く活躍をしています。

しかし、この成分は、飲み込むと体に有害です。また、高い濃度のものを皮膚につけっぱなしにしていると、皮膚炎などが起こる可能性がある、と指摘されています。また、目などに入った場合は、強い刺激をもたらすので、即座に洗い流す必要があります。

このラウリル硫酸Naは、旧表示指定成分として1980年に位置づけられたという経緯があります。この指定は、“その成分によって、アレルギーやガンなどが起こる可能性があるもの”に対してなされるものです。

このため、ラウリル硫酸Naについて、「ガンになるのでは」「遺伝子毒として残るのでは」という疑惑がありました。しかし、これらは、現在ではあらゆるデータから否定されています。アレルギーが起こる可能性は否定できませんが、それはラウリル硫酸Naに限ったことではありません。

ちなみに、ラウレス硫酸Naはラウリル硫酸Naの分子を大きくしたものであり、安全性を高めたものと言えます。

●ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naの魅力と付き合い方

ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naには、強い洗浄力があり、殺菌効果が非常に強いものです。これは、ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naの大きな魅力の1つです。また、安価であるため、購入しやすいというメリットもあります。

ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naには、デメリットもあればメリットもありますが、現状では、“発がん性などのように、大きな健康リスクはない。しかし肌の弱い人が使えば、肌が荒れる可能性がある。洗浄作用を求めるのであれば味方になる”という見方がもっとも正しいと言えるでしょう。

ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naも、それだけが“絶対に悪い”というものではありません。これらの特徴を踏まえた上で、付き合っていくことが大切なのです。

(ライタープロフィール)

大塚朝香(フードアナリスト)/家でできるダイエットで、1年で17kg減量したアラサーライター。ファミレス勤務→葬儀会社勤務→デパート勤務を経てライターに。デパート勤務時代やダイエット時代に学んだ、「おいしくてヘルシーで安く、満腹感があってお洒落なメニュー」を編み出すのが得意。3000以上の美容記事を執筆し、100以上のオリジナルレシピを発表し、糖尿病や高血圧、メンタルヘルスにも携わってきました。母が看護師、兄が社会福祉士、姉が介護福祉士のため、医療や健康面の質問にもお答えできます。

元記事を読む