1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「(500)日のサマー」脚本コンビ手掛ける感動作、映画『きっと、星のせいじゃない。』公開決定

「(500)日のサマー」脚本コンビ手掛ける感動作、映画『きっと、星のせいじゃない。』公開決定

  • 2014.12.10
  • 214 views

2015年2月20日(金)、映画『きっと、星のせいじゃない。』が、TOHOシネマズ 日本橋ほか全国の劇場で公開される。

主人公は、不治の病にかかった若い男女。自らを悲観せず、夢を追いかけ恋に落ちる2人の姿に、抱えきれないほどの希望がもらえると、全米で社会現象となる程の感動を呼んだ本作。

トム・クルーズ主演作『オール・ユー・ニード・イズ・キル』などの超大作を押しのけて全米初登場1位を飾ると、その後も世界各国で大ヒットを記録。ティーン・チョイス・アワード2014ではチョイス・ムービー(ドラマ賞)、主演男優賞(ドラマ賞)、主演女優(ドラマ賞)を含む7冠を受賞という快挙を成し遂げている。

主人公のヘイゼルとガスを演じるのは、『ファミリー・ツリー』で数々の賞を受賞したシャイリーン・ウッドリーと、『キャリー』のアンセル・エルゴートという、フレッシュな若手俳優の2人。『インランド・エンパイア』のローラ・ダーン、『グランド・ブダペスト・ホテル』のウィレム・デフォーら個性派俳優が脇を固めている。

原作は、ジョン・グリーンが16歳で亡くなった友人のエスター・アールをモデルに書き上げ、「ニューヨーク・タイムズ」の2012年のベストセラーリスト第1位となった小説『さよならを待つふたりのために』。脚本は、大ヒット映画『(500)日のサマー』のスコット・ノイスタッター&マイケル・H・ウェバー、監督は、注目の新鋭ジョシュ・ブーンが務める。

忘れたふりをしているけれど、誰もが限られた時間の中にいる。そんな限られた時間の中で2人が見つけた“0と1の間の小さな無限”とは…?世界中が恋に落ちた、すべての人生を輝かす感動の物語。

【作品情報】
『きっと、星のせいじゃない。』
公開日:2015年2月20日(金)
キャスト:シャイリーン・ウッドリー 、アンセル・エルゴート、ナット・ウルフ、ローラ・ダーン、ウィレム・デフォー
監督:ジョシュ・ブーン
脚本:スコット・ノイスタッター&マイケル・H・ウェバー
原作:ジョン・グリーン(「さよならを待つふたりのために」岩波書店刊)
©2014 TWENTIETH CENTURY FOX

元記事を読む