1. トップ
  2. スキン・ボディケア
  3. 美肌への近道! 洗顔するなら「水」or「お湯」どっちが良いか

美肌への近道! 洗顔するなら「水」or「お湯」どっちが良いか

  • 2014.12.10
  • 1925 views

【女性からのご相談】

夏は水で洗顔していますが、冬になると寒いのでお湯で洗顔したくなります。季節によって水やお湯を使い分けて洗顔しても大丈夫なのでしょうか。また、水とお湯どっちで洗った方が肌に優しいのでしょうか。

●A. ぬるま湯→冷水の順でおこなうのがベストです。

ご相談ありがとうございます。健康・美容ライターのMAKIです。

夏は暑いので水で、冬は寒いのでお湯で洗顔したくなるお気持ちよくわかります。実際のところ、お肌にとっては水とお湯どちらを使うのが美肌への近道なのかをご紹介したいと思います。

●お湯ではなく“ぬるま湯”がポイント

まず、洗顔にお湯を使っても良いのかといいますと熱すぎるお湯はNGです。熱すぎるお湯で洗顔すると肌に必要な皮脂まで取り除いてしまうため、乾燥肌が進んでしまいます。お湯で洗顔するならぬるま湯にしましょう。

洗顔でぬるま湯を使う場合、水温は30度〜32度が適温とされています。人間の体温が36度前後ですので、肌より少し冷たく感じる程度が適切な温度です。

洗顔で洗い流したいのは“余分な皮脂”のみです。必要な皮脂まで流してしまうのを防ぎながら、余分な皮脂をお湯で溶け出させる温度というのがちょうどこのくらいの温度になるのです。

お風呂でメイクオフも洗顔もしてしまう女性もいます。お風呂のお湯の平均的な温度設定は夏でも37度前後、冬場なら40度〜41度です。これは体にとっては温かく、心地よく感じる温度ではあるのですが、洗顔するときには、ぜひ水温をぬるま湯に調節してから洗顔するようにしましょう。

●ぬるま湯→水の順番で洗顔する理由

ぬるま湯でメイクを落とし、洗顔もぬるま湯で洗い終われば、最後の仕上げに冷水で顔をパシャパシャ洗いましょう。冷水のときには洗顔料は必要ありません。

これは、ぬるま湯によって開いた毛穴を引き締める効果を期待しています。皮膚の下には毛細血管があるため、ぬるま湯と冷水で交互に洗顔することで、毛細血管の血流を活発にし、新陳代謝を促進する効果もあります。

ぬるま湯と冷水を交互にしても良いのですが、順番も大切です。冷水が先だと油分(メイクや皮脂)が落ちなくなり、毛穴を詰まらせます。

はじめは、ぬるま湯、最後は必ず冷水です。この順番を間違えないようにしましょう。

(ライタープロフィール)

MAKI(健康・美容ライター)/患者さんと直接対面して接客する機会の多い職場を希望し、調剤薬局やドラッグストアで薬剤師として勤務。大手化粧品会社の勉強会などにも積極的に参加し、美容分野の知識を深める。結婚を機に退職。単なる職場復帰とは違う新しい働き方を模索し、現在は育児のかたわら、資格や経験を活かしてフリーのママライターとして活動中。医療・美容分野だけにこだわらず、様々なジャンルのコラムも執筆する。

元記事を読む