1. トップ
  2. ファッション
  3. 新商業施設「大名古屋ビルヂング」オープン- 三越伊勢丹はセレクトストア出店、SOPH.やマリメッコも

新商業施設「大名古屋ビルヂング」オープン- 三越伊勢丹はセレクトストア出店、SOPH.やマリメッコも

  • 2014.12.9
  • 566 views

名古屋駅地区に「大名古屋ビルヂング」が2016年3月9日(水)にグランドオープン。名駅エリア初57店舗、新業態14店舗、商業施設初出店25店舗、地元東海発22店舗が出店する。

「大名古屋ビルヂング」を構成するのは、地下1階から地上3階までの商業ゾーンと、地下1階から地上2階のキーテナントとなる三越伊勢丹グループが発信するセレクトストア「イセタンハウス」。その他、飲食ゾーンなどが登場する。ファッションゾーンでは、高感度な男女をターゲットに、「独自性」「編集力」を結集させ、年齢・性別・アイテムの枠を超えたウィメンズ・メンズ・雑貨などを取り扱う。

注目の「イセタンハウス」には見どころが盛りだくさん。地下1階は、ファッション&雑貨、コスメを提案するフロア。シャネル(CHANEL)やランコム(Lancôme)、クリニーク(CLINIQUE)など国内外の人気化粧品ブランドのアイテムを自由に比べて試すことができるスペースを設置する。

“世界最旬のモードファッションの発信”をコンセプトとした1階では、アクネ ストゥディオズ(Acne Studios)、アカネ ウツノミヤ(AKANE UTSUNOMIYA)、アキラナカ(AKIRA NAKA)の並ぶ「リ・スタイル(Re-Style)」に加えて、バッグ、シューズ、帽子などの雑貨アイテムを取りそろえるエリアも展開。

そして、2階はウィメンズではミュベール(MUVEIL)やレキサミ(REKISAMI)、メンズではラグ&ボーン(rag & bone)やマーガレット・ハウエル(MARGARET HOWELL)といった、洗練された日常のファッション・ライフスタイルを提案する。また、新しいスポーツスタイルを提案するゾーンも登場し、生活をトータルでコーディネートする空間が繰り広げられる。

商業ゾーンでは、イセタンハウスと連続性を持たせたインポートカジュアル、クリエーターズブランド、そして国内有力セレクトショップの新業態を取り込み、これまで名古屋・東海になかった新しいファッションシーンを届ける。ラインナップするのは、SOPH.(ソフ)、イルビゾンテ(IL BISONTE)、ディプティック(diptyque)、マリメッコ(Marimekko)といった注目ブランドばかりだ。

飲食ゾーンは、「“食”&“楽”」をコンセプトに、地元御用達レストランをはじめ、全国で愛されている食の名店が軒を連ねる。ニューヨークタイムズで“完璧なバーガー”と絶賛された「ソルトウォーター バイ デイビッド マイヤーズ(Salt Water by David Myers)」や東海エリア初「西新宿もうやんカレー なごや」など全体で約80店舗の出店を予定。

5階には屋上庭園「Sky Garden(スカイガーデン)」が登場。7~16階には集客型・来店型のテナントを集めた集客ゾーン「Lifestyle & Services」(最大約7,000坪)を設置。ここでは、リテールを中心とした銀行など金融機関、クリニックモールや健診センター、 住環境・ライフスタイルを総合的に提案するショールーム、教育・研修関係機関など多岐にわたるサービスを提供する。

【施設概要】
大名古屋ビルヂング
住所:愛知県名古屋市中村区名駅三丁目27番地ほか
敷地面積:9,155.56㎡ 
開業時期:
2015年11月中 7~16 階“大名古屋ビル Lifestyle & Services”順次開業
2016年2016年3月9日(水)グランドオープン ※商業ゾーン(三越伊勢丹含む)を含めた全館開業
延床面積:147,871.79㎡
階数:地上34階 搭屋1階 地下4階 
建物高さ:174.70m
商業ゾーン:地下1階~3階 約8,500㎡

元記事を読む