1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 「ルイ・ヴィトン」ピエール・ポランの未発表家具を制作

「ルイ・ヴィトン」ピエール・ポランの未発表家具を制作

  • 2014.12.9
  • 220 views

「ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)」が、ピエール・ポラン(Pierre Paulin)がデザインした未発表のファニチャーを制作し、「デザイン・マイアミ2014」で発表した。

ピエールは1972年にアメリカのオフィス家具「ハーマンミラー(Herman Miller)」のための住宅用プロジェクトに参加し、構想を立てたが、実際には実現にいたらなかった。仏ポンピドゥー・センターには現在、ピエールが当時デザインした6フロアから成る同プロジェクトの模型「ラ・マケット」が展示されており、「ルイ・ヴィトン」はこの模型に含まれる18点の家具を今回実際に制作した。

「デザイン・マイアミ」で開催された「ルイ・ヴィトン」のエキシビションでもこの「ラ・マケット(La Maquette)」を展示。レベル0(一階部分)には、基礎となるモジュールが並べられており、他の5フロアではそれらを実際に組み合わせた一例が紹介されている。居住者は希望する部屋数やファニチャー、チェアの数に合わせてこれらのモジュールを自由に組み立て、分解することができ、自分のライフスタイルに合った生活空間を作ることできる。また今回制作された家具のもとになった模型もこのモジュールを使用して作られており、家族の形態や時の経過に伴って生じるニーズの変化にも対応できる画期的なスタイルになっている。「ルイ・ヴィトン」が制作した家具が展示されていることで、そのクリエイティブなデザインや優れた機能性を改めて実感できる。

また、エキシビションを記念し開催されたディナーにはミランダ・カー(Miranda Kerr)やケイト・ハドソン(Kate Hudson)、ミッシェル・ウイリアムズ(Michelle Williams )など多くのセレブが出席し、会場を華やかに彩った。

■ルイ・ヴィトン 公式HP:http://jp.louisvuitton.com/

オリジナルサイトで読む