1. トップ
  2. 旅行・おでかけ
  3. スリリング過ぎる!地上120mに張られた“クモの巣”とは

スリリング過ぎる!地上120mに張られた“クモの巣”とは

  • 2014.12.8
  • 715 views

高いところや絶叫マシンが好きな人は少なくないが、かなりのツワモノでもさすがにこれはお手上げだろう。 アメリカ・ユタ州のモアブに拠点を置くアスリート集団「Moab Monkeys」が、モアブ砂漠の峡谷から地上120mの場所に、手作りでクモの巣状のネットを制作してしまった。

高所を綱渡りするパフォーマンスで有名な彼らが練習場所として作成したこのネットは、5カ所の崖からワイヤーで繋がれている。 ワイヤーの長さは、一番短いものでも崖から60mも離れている。 このワイヤーを渡りきらないと、“空中の楽園”にはたどり着けないのだ。

やっとの思いで渡りきると、色とりどりのネットで編んだ“楽園”が待っているのだが…楽園と言ってもそこは地上120mの世界。 見ているだけで身がすくんでしまう…。

しかし、さすが彼らは動じることなどまったくない。 むしろネットの上でリラックスし、楽しんでいるようだ。

ネットで休憩したら、またワイヤーで戻る…わけではなく、なんとそのまま中央の穴から躊躇いもなくスカイダイビング。 ホントにどこまでも命知らず。

この場所でさらなるトレーニングを積んだMoab Monkeysが、今後私たちにどんなパフォーマンスを見せてくれるのか、今から楽しみだ。

Slackline Media
http://slacklinemedia.com/
Facebook
https://www.facebook.com/brian.mosbaugh.7

スポーツ(まとめ)

オリジナルサイトで読む