1. トップ
  2. 恋愛
  3. 30歳になってもバージン?「万年処女」になりがちな女性の共通点

30歳になってもバージン?「万年処女」になりがちな女性の共通点

  • 2017.2.10
  • 4609 views

第一次結婚ブームが過ぎ去り、次は出産ブームが訪れる30歳。そんな友達をよそに、「私、実はまだ処女なんです」という方が多かれ少なかれいるのは事実です。今回は、「万年処女」にもなりかねない女性の特徴を大解剖!もしかしたら、あなたにも当てはまるところがあるかもしれませんよ?

実家に守られた箱入り娘

門限をすぎたら電話がかかってくる

実家の門限が厳しいと、なかなか夜遊びもできません。
特に時間を過ぎると電話がかかってくるような場合は、男性といい雰囲気になってもその圧力に負けてしまい、結局男性経験を積めないということになるケースも。

 

実家に行動を監視されている

箱入り娘に多いのが、娘の出かけ先まできちっと把握しているケース。
ウソをつければいいのですが、30歳まで処女を守っている方にはウソをつくのもなかなか難しいのが現実のようです。

 

受け身がちな女性

出会いの場に出向かない

自分から行動を起こすことが苦手で、男女が顔を合わせるような出会いの場に出向かないのも、30歳まで処女を守っている要因と言えます。
コンパなどに対して、良いイメージを持っていない方が多いのも事実です。

 

気になる人にアプローチしない

いくら受け身であっても、恋心を抱くのは当然のこと。
周りと違うのは、気になる人にもアピールしないというところです。

そのため恋人になるチャンスも減り、体の関係を持つ機会も逃し続けることになってしまいます。

 

ボディタッチが苦手

ハイタッチもぎこちない

男性の体に触れたことがない「30歳処女」の女性たちは、普段何気なく交わされるハイタッチにもぎこちなさが表れます。
仮にハイタッチをしたとしても、心臓バクバク!

異性に対して、異常に反応してしまうのです。

 

普段の会話も一定の距離を保つ

肩に触れるなど、女性からの何気ないボディタッチに、ドキッとする男性は多いですよね。
でも彼女たちにとってそんなボディタッチは、手つなぎに相当するハードルの高さ。

ハプニングが起きないよう、男性とは一定の距離を保つのです。

 

恋愛がなくても生きていける

没頭できる趣味・特技がある

「恋なしでは生きていけない」と明言する女性は少ないですが、やっぱりどこかで異性を求めるのは自然なことですよね。
でも恋がいらないくらい没頭できる趣味があれば、彼氏を作るタイミングも逃してしまいます。

 

女友達が多い傾向も

仲のいい女友達が多く、男性と関わる時間が少ない人も処女を長年貫き通す傾向にあります。
女友達との楽しい時間についやす時間が多いほど、処女率がアップしてしまいます。

 

いかがでしたか?

30歳で処女の女性は、内気で男性にアプローチするなんてとんでもない!というケースだけでなく、異性と関わらなくても心が満たされている方がほとんど。
処女であるということを公言するのは恥ずかしいけれど、処女であること自体に焦りを感じていないのです。

もし「そろそろ処女から卒業しないと…」と思うのであれば、今回ご紹介したポイントを頭に入れて、一歩前進してみましょう。

元記事を読む