高橋一生、『カルテット』で涙の名演! 不器用な父親役に共感の声

俳優・高橋一生(36)が、2月7日に放送されたドラマ『カルテット』(TBS)の第4話で披露した泣きの演技は、実力派揃いで話題の本作においても屈指の名演だった。SNSを中心に視聴者からは「切ない」「胸が苦しくなった」など、その演技に心を動かされた声が多く寄せられている。平均視聴率は7・2%(関東地区/ビデオリサーチ調べ)と、前回の7・8%よりもさらに減少しているものの、内容についての評価は依然として高い印象。前々期のTBS火曜ドラマ『重版出来!』も視聴率こそ低迷したが、第4回コンフィデンスアワード・ドラマ賞作品賞を受賞するなど高く評価されたことから、今作もまた隠れた名作としてドラマ史に残る傑作となりそうだ。

高橋一生が演じるのは、劇中でカルテット(四重奏団)を組む主要人物四名のひとり、家森諭高(いえもりゆたか)。理屈っぽく細かなこだわりが多いタイプで、どこか子どもじみたところもあるミステリアスなヴィオラ奏者だ(もっとも、本作の四名は全員がミステリアスなのだが)。第三話までは、別荘での共同生活の中で自分なりの理屈を振りかざし、その関係性をかき回す役どころが多かった印象である。女性にアタックしては振られる、軽薄そうな一面さえ見せていた。第四話では、かつてVシネマ俳優をしていたこと、宝くじで6,000万円当たったものの引き換えをし忘れてしまったこと、実はバツイチで息子がいることなど、衝撃的な過去を飄々と告白し、メンバーたちを大いに驚かせた。

家森によると、元嫁の茶馬子(高橋メアリージュン)はまったく理解不能な人物で、意思疎通の難易度は「猫、かぶと虫、茶馬子」の順になるほどだという。ひょんなことから、絶縁している元嫁を探すことになった家森は、郵便物の捺印から息子が通う小学校を突き止め、久々に彼と再会する。メンバーたちと会っているときはわがままで子どもっぽい人物だが、息子の前では父親然と振る舞っていて、彼が単なる変わり者ではないことを伺わせる。広場で息子の成長を噛みしめていたところに、元嫁・茶馬子とその彼氏が登場すると、家森は黙って息子を抱きかかえて走り去り、そのまま別荘へと連れ帰ってしまう。

家森諭高の人物像は、決して共感しやすいタイプではないだろう。少し高い声も含めて神経質そうであり、立ち振る舞いもあまり自然ではない。にも関わらず、「こういう人、いる」と思わせるリアリティがあるのは、高橋一生の高い演技力に依るものだ。なにを考えているのかわからない、表情の希薄な人物は現実にも多い。言葉使いもどこか演技じみているのだが、その演技じみた振る舞いが家森諭高らしさに繋がっている。長いキャリアを持つ実力派、高橋一生ならではのアプローチといえよう。

そして、そのアプローチがあってこそ、家森が涙するシーンは心を揺さぶるものがあった。別荘に押しかけた茶馬子の話は、激しい剣幕ではあったものの、決して家森がいうように支離滅裂なものではなく、むしろ家森の方にも問題があったことが明らかになり、息子は引き取られていくことになる。父親になることができなかった自分の至らなさに改めて向き合った家森は、今生の別れとなるかもしれないことを悟ってか、元気に手を振って去っていく息子を涙ながらに見送っていた。堪えきれずに崩れた表情は、家森が初めて見せる人間味のあるものだった。彼は感情が希薄なのではなく、不器用であることが伝わって、苦々しくも共感を覚えた視聴者は多かっただろう。

実は筆者は、これと同じようなシーンに遭遇したことがある。4歳の頃、同じように元気に手を振って父と別れたのだ。そのときの父は、たしかに家森のような表情をしていたと、久しぶりに思い出すことができた。鮮明に記憶が残っていたことから、離婚がどういうものか理解はしていなかったものの、忘れてはいけない場面であることには気付いていたのだろう。ただ、どういう表情をすればいいのかがわからなかったのだ。おそらく父もわからなかったに違いない。

高橋一生もまた、そういうときにどんな表情をするのが正解なのか、明確な答えを持っているわけではないだろう。だが、家森が抱く悲しみそのものについては、言葉にならない意識の部分まで、深く理解していたのではないだろうか。ひとになにかを思い出させるのは、表現の偉大な力だ。高橋一生の俳優としての力量に、ただ脱帽するばかりである。(松下博夫)

元記事を読む
提供元: Real Sound映画部の記事一覧はこちら
あなたにおすすめの記事
高橋一生、“僕キセ”最終回に「一輝が抜けていってしまうのが惜しい」
12月11日(火)に最終回を迎える「僕らは奇跡でできている」(夜9:00-9:54、フジテレビ系)で、主演の高橋一生がそ...
ザテレビジョン
脚本家・坂元裕二インタビュー (2) 「カルテット」キャスティングの裏側
「カルテット」のヒロインに松たか子が起用された理由とは? その他、「最高の離婚」「問題のあるレストラン」「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」の脚本執筆にまつわる秘話も明かされる。
CREA
高橋一生、モロッコで買い物「マネジャーにも知らせずこっそり行って船便で送りました」
佐藤健と高橋一生が共演し、川村元気の小説を映画化した「億男」。主人公・一男(佐藤)の3億円を持ち逃げする親友・九十九を演...
ザテレビジョン
アラサー女性が最も気になる人「高橋一生」が語る“お金”、“幸せ”とは何か?
大学時代の親友が宝くじで当てた3億円と共に忽然と姿を消す男ーー「億男」で高橋さんが演じたのは最後まで敵か味方かわからないミステリアスなキャラクター。豊かな表現力で様々な役柄を演じ、女性たちの心を掴んでいる俳優・高橋一生さんに「役者」としての人生観を語っていただきました。
TRILL
高橋一生、普段の私服姿で受賞式参加
今回、筆者は高橋一生さんの“自然体”な魅力が人気の秘密だと確信する場面に遭遇しました♡ それは15日に都内で行われた第35回『ベストジーニスト2018』授賞式でのこと。高橋さんは、協議会選出部門で同賞初受賞。 「自分が1
NOSH(ナッシュ)
高橋一生、イライラさせる役柄に「自分もこういう面があるかも(笑)」
――ドラマ「僕らは奇跡でできている」(フジテレビ系)で、高橋一生が演じるのは動物行動学の大学講師・相河一輝。彼は物事に没...
ザテレビジョン
佐藤健、高橋一生ら映画「億男」出演陣が「もしも3億円手にしたら」どうするかを語り合う!
「世界から猫が消えたなら」などで知られる川村元気の小説を、「るろうに剣心」シリーズ(2012年ほか)の大友啓史監督が映画...
ザテレビジョン
高橋一生、ハイジュエリーブランド「ブシュロン」創業160周年ムービ―出演 - シンデレラを題材に
BOUCHERON ブシュロン(BOUCHERON)が、創業160年を迎えるにあたり、高橋一生とレティシア・カスタを起用したショートフィルムを公開。 童話「シンデレラ」をモチーフにした“運命の愛”を綴る物語 フランスのハイジュエラー「ブシュロン」が、ブランド創業160年の記念すべき年に制作したのは、童話「シンデレラ」をモチーフにした12分間のラブストーリー。主役には、日本で圧倒的な支持と人気を誇る高橋一生と、フランスの女優であり、ブシュロン160周年のアンバサダーでもあるレティシア・カスタを起用した。 2人がそれぞれ演じるのは、名家に生まれ何不自由のない生活を送る男と義理姉から虐げられる日々を送る女。2人はいつしか惹かれ合うが、境遇の違いから恋に踏み出せないもどかしさを抱える。そんなある日、男から送られた宝石を身に着けたことをきっかけに変化が現れ出す、という物語だ。 劇中で2人が身に着けていたジュエリーは―― 高橋一生が手にした、グラフィカルなリング「キャトル」は、ブシュロンを象徴するモチーフを彫金師の卓越した技術で再現したコレクション。 また、レティシア・カスタが身に着けていたのは、ピンクゴールドとダイヤモンドのセルパンボエム ネックレスや、イエローゴールドにラピスラズリが輝くペンダントだ。 制作にはトップクリエーターが集結 監督は、音楽CDなどのアートディレクション/デザイン、ミュージックビデオ、ショート・ムービーなど数多くの作品を手掛けてきた関和亮。そして脚本は、2016年に『異類婚姻譚』で第154回芥川龍之介賞を受賞した本谷有希子が務める。また、劇中に流れる音楽は、日本だけでなく海外でも積極的に活動しているジャズバンド「ソイル・アンド・ピンプ・セッションズ(SOIL&″PIMP″SESSIONS)」が手掛けた。 ムービー内使用アイテム例 ・キャトル クラシック リング 1,010,000円+税・セルパンボエム ネックレス 22,100,000円+税・セルパンボエム ペンダント 225,000円+税【問い合わせ先】ブシュロン カスタマーサービスTEL:03-5537-2203
ファッションプレス
星野源、高橋一生、高畑充希が時代劇に初挑戦!「引っ越し大名三千里」が映画化
これまでになかったユニークな視点で時代劇の新しいジャンルを開拓し、シリーズ2作で興行収入27.1億円を記録した「超高速!参勤交代」で知られる土橋章宏原作の傑作時代小説「引っ越し大名三千里」が、このたび映画化されることが明らかになった。本作で..
Movie Walker
星野源:「引っ越し大名」映画化で時代劇映画に初主演 高橋一生、高畑充希らも出演
毎日キレイ
高橋一生、相手を思いやる重要性訴える
色気ダダ漏れ俳優の高橋一生さんは、“想像力”を守りたいそうですよ! それは23日に都内で行われた映画『空飛ぶタイヤ』(6月15日公開)完成披露試写会でのこと。 主演の長瀬智也さん、共演のディーン・フジオカさん、高橋一生さ […]
NOSH(ナッシュ)
あの素敵ボイスをひとりじめ♡ 高橋一生さんが「ルーヴル美術館展」で音声ガイドに初挑戦!
DAILY MORE
【動画】高橋一生 「山なり兄さん」との再会について明かす
映画『blank13』の拡大公開初日舞台挨拶イベントに、齊藤工監督、主演者の高橋一生さん、神野三鈴さん、リリー・フランキーさん、村上淳さん、佐藤二朗さん、永野さんが登場しました。 齊藤工さんの長編映画初監督作品となる『b […]
NOSH(ナッシュ)
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理