寒いほうが痩せやすい!その理由って知ってる?真冬のダイエット大作戦

ダイエットと言えば、やっぱり夏…というイメージがありませんか?

夏は暑くて汗をたくさんかくし、食欲もなくなるので、確かにダイエットしやすいのですが、実は冬にも、この季節ならではの痩せやすい理由があります。

今回は冬だからこそ痩せる、目からウロコの理由&ダイエットの注意点をお伝えします。

■冬痩せできる理由【その1】
実は、冬のほうが夏よりも基礎代謝が高いのです。

基礎代謝とは、何もせずにじっとしている間でも、生命活動を維持するために使われているエネルギーのこと。意識せずとも自動的・生理的に消費されています。

たとえば、心臓を動かして血液を流す、食べ物を消化する、体温を上下に調節して維持する、などは意識して行うことはできないでしょう。基礎代謝とは、そういったことに使われているエネルギーなので、当然ながら、眠っている間にも消費されています。

要するに、基礎代謝が高い・低いというのは、この生命活動を維持するために使われるエネルギーの量が多いか少ないか?ということなんです。

この基礎代謝には個人差があり、年齢・体型・体質・運動量・性別・生活習慣・食生活などによって大きく変わってきます。

ちなみに冬のほうが基礎代謝が高くなるのは、気温が低くて寒い分、体温が下がりすぎないように維持させようとするエネルギーが、大きく働くからです。

■冬痩せできる理由【その2】
人間の、一日のうちに消費するカロリーのほとんどは基礎代謝によるもの。全体のおよそ70%にあたります。

そのため、基礎代謝が高くなればなるほど、消費されるカロリーも大きくなるから痩せやすくなるんです。

つまり、基礎代謝が高くなる冬のほうが、ずっと痩せやすいということ。

なお、エネルギーを消費させるためには、摂取したカロリー(食事)も使用されるのですが、足りない場合は、体内に蓄えられている脂肪がエネルギーとして使われます。なので、消費カロリーさえ増やさなければ痩せる、と言えるわけです。

余談ですが、冬眠中の動物は何も食べなくても生きていられますよね。それは基礎代謝を通常よりもかなり低くするような機能があったり、体内に蓄えられている脂肪を非常食のようなエネルギーにしたりできるからなのだそうですよ。

人間も冬眠できたら、手軽に痩せられそうですね…。

■冬痩せダイエットをする際の注意点
前述した通り、基礎代謝が高い冬だからこそ、ダイエットの効果が上がりやすいのですが、いくつかの注意点もあります。

【注意点】

[1] 寒いので身体を動かすのが億劫になる(運動不足)

[2] つい、太りやすいものを食べすぎてしまう(クリスマスケーキ、おもちなど)

[3] イベントが多く外食の機会が増える(忘年会、新年会など)

[4] 厚着をしたり暖房をつけたりして体温が下がらない

せっかく基礎代謝が高く痩せやすい時期なのに、誘惑が多くて、運動不足や食べすぎになりやすいため、冬になると太ってしまう人が多いんですよね。

でも、この4つの注意点を意識してダイエットを行えば、スムーズに痩せられる可能性が大いにあるということです。

■冬痩せダイエットの成功の秘訣は…
この時季だからこそ痩せるために大事なのは、こちらの3つです。

・食べすぎないこと!

・身体を意識して動かすこと!

・薄着をして体温を下げること!

とはいえ、やりすぎは禁物。体温を下げようとムリに薄着して風邪を引いたりしないように、くれぐれも気をつけましょう。

春を迎えるまでにスリムなボディを手に入れたら、自分に自信を持てるようになり、恋にも積極的になれそうですね。

ライタープロフィール
バニラ

美容業界に30年近く関わり、エステテティシャン、カウンセラー、サロンオーナーなど常に第一線でお客様と接する。現在は美容系、メンタル系の資格や経験を活かし、講師やコンサルティング業の他に、美容スペシャリスト&ライターバニラとして活動中!

ブログ:バニラの部屋

Twitter:バニラ@vanilla0717

元記事を読む
提供元: cocoloni PROLOの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理