『仮面ライダー』出身の小澤廉。“2.5次元俳優”と言われることに「誇り」

ミュージカル『薄桜鬼』や『あんさんぶるスターズ』、舞台『ダイヤのA The LIVE』や『おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME~』など、2.5次元の舞台を中心に活躍中の俳優・小澤廉さん。
現在、2017年1月スタートのドラマ『男水!』(5月には同作品の舞台も上演)にも出演中の彼にロングインタビューを敢行。
前半は、2月23日に発売するフォトブック『月刊 小澤廉×小林裕和』の撮影秘話を中心にお届けしましたが、後半は、小澤さんの子ども時代の話、そして「2.5次元舞台」のこと、「2.5次元俳優」と呼ばれることについて、赤裸々に語ってくれました。
 

◆“2.5次元俳優”小澤廉・独占ロングインタビュー後編

 

┃泣きながらサッカー部を諦め、ダンス部へ。それが芸能界で生きる岐路に

Woman Insight編集部(以下、WI) プライベートについて少しお聞きしたいのですが、小澤さんはどんな子どもでしたか?
小澤廉さん(以下、小澤) 母親が習い事をさせることに熱心で、学校以外での休みが少なかったです。いちばん嫌だったのが“魔の木曜日”(笑)。学校が終わってから習い事が4つもあったんですよ。学校が終わって真っ先に「公文」に行って、その後にサッカー、そしてピアノを習いに行って、最後はプール。だから、仮病を使う時ってほとんど木曜でした。ピアノは、幼稚園の年中から小学4年ぐらいまで習っていて、発表会にも出ていたりしてたのに、いまは全く弾けなくなっちゃって……弾けるのは「猫ふんじゃった」ぐらい(笑)。「練習を続けないとすぐに忘れちゃうよ」って先生に言われてたけど、辞めたら本当にできなくなっちゃってました(笑)。
 
WI 一週間、何かしら習い事をしていたんですか?
小澤 やってました。でもいま、芸能界で仕事をする上で役立っていることがいっぱいあるんです。水泳ももちろんそうですし、公文をやっていたおかげで頭の回転が早くなったし。この仕事って、トークやアイディアをパンッ!と出さないと置いて行かれるところがあるので、そういう意味では教育熱心な母親のおかげで助けられたなって思います。僕が芸能界で仕事ができているきっかけは『仮面ライダー鎧武/ガイム』に出られたからなんですけど、最初にダンスバトルから始まったんですね。僕、高校生の時、最初はサッカー部に入りたかったけど部費がとても高くて、家計的に無理だということになって、顧問の先生に泣きながら「諦めます」と伝えたことがありました。そしたらダンス部の先生が「部費は要らないからうちに来なさい」と誘ってくれて、それでダンスの道を選びました。中学の頃から芸能の仕事に興味あったけど、普通に大学までいって4年で卒業して。だけどやっぱり「芸能界に入りたい」という気持ちが諦められなくて、周りの友だちが就活し始めた時期に事務所に入り、いまこの仕事をしている感じです。
 
WI 芸能界に入るきっかけは、スカウトだったんですよね?
小澤 はい。事務所の人にスカウトされて、3か月後に、「レッスンから」とお願いしました。そしたら、事務所に入って2~3か月後くらいに『仮面ライダー鎧武/ガイム』のオーディションに受かったんです。最初は信じられなかったです。この業界に入ってまだ2~3か月なのに『仮面ライダー』に出られるなんて「ありえない!」という感じでした。事務所のみんなが後押ししてくれたからこそだし、高校の時にダンスをやっていてよかったと思いました。家が貧乏でサッカー部を辞めなくちゃいけなかったこともありますけど、結果、ダンス部に入れて、それがいまの仕事につながるために決められた道だったのかなって。

WI 中学の時、芸能界に興味を持ったのは何かきっかけが?
小澤 映画がすごく好きだったんです。だから、友だちを映画館に誘ってたんですけど、中学の時だからあまりお小遣いってもらえないじゃないですか。僕は近所に祖父母が住んでたので、お小遣いを1000円もらって、そのお金で映画を観に行ってました。電車賃がもったいないから映画館まで歩いて行って、映画だけ観て帰ってくる。映画の中には感動することがいっぱいあって、人に感動を与えられる仕事って素敵だなと思ったし、人の生き方に影響をおよぼすことができる芸能の世界に強い憧れを持ちました。だから、きっかけとしては中学時代によく観ていた映画からだと思います。

 

┃“2.5次元舞台”に立つプレッシャー。「毎公演、頭にニキビができる」

WI 芸能界に入って、いまは「2.5次元の舞台」を中心に活躍されていますが、いちばんの魅力はどこにあると思いますか?
小澤 僕が演じさせていただいている2.5次元の作品は、人気の原作ばかりです。だから、プレッシャーもすごい。でもそのプレッシャーを糧にヤル気も出てくるんです。舞台では、アニメや漫画の中で描かれていない部分も観れるシーンもあって、その描かれていない部分は、役者が想像しながら表現しないといけないんです。「このシーンはきっとこういう感情で、こういう表情をしてたはず」とか、コマの外側も観られるのが2.5次元舞台の特徴のひとつだと思います。そこでの解釈ってひとりひとり違って当たり前で、観に来てくれたみなさんとの解釈の違いも必ず起こると思うんですけど、間違っているかもしれない……と思わず、「俺はこう思ったから、こう演じています」という絶対的な自信を持って舞台に上がることが大事だと思ってます。
 
WI 2.5次元の舞台のプレッシャーで、舞台に上がるのが「怖い」と思ったことはありませんか?
小澤 怖いと思うのは、情報解禁の後です。いろいろ言われることもあります。でも僕らは、観に来てくださるみなさんのことを考えて仕事をしなくちゃいけないので、原作ファンの方を裏切らないように、原作をリスペクトして、できるだけ原作のキャラクターに忠実に演じることが義務だと思っています。原作という“母親”から、キャラクターという“子ども”を預かっているような気持ち。もちろん原作に近づかせることに極力努力をしますが、僕はその中に、小澤廉が演じている意味を持たせたいので、ちょっと色をつけたり、先ほど話したコマ外の観られなかったシーンを作り上げていくことも、2.5次元俳優と呼ばれる僕たちの仕事なんじゃないかなって。
 
WI その「2.5次元俳優」ですが、周囲から呼ばれるキャッチコピーのようなものですよね。小澤さん自身、そう呼ばれることに抵抗はないですか?
小澤 僕は全然気にしていません。「イケメン俳優」とか「2.5次元俳優」といったいろんな呼び方がありますけど、周りからの評価が自分の仕事の評価というか……。僕の場合、まずは名前と顔が一致するほど有名になったところから、僕が目指してる道につながると思っているので、原作の人気や恩恵を受けていることに感謝をしつつ、「2.5次元俳優」と言われることにも誇りを持って仕事をしてます。
 
WI そんな小澤さんが最もプレッシャーだった役を聞いてもいいですか?
小澤 ……『おそ松さん』の十四松、ですね。すごく人気の作品で、社会現象にまでなってたことはもちろん知っていたんですけど……実は『おそ松さん』の舞台が決まるまでアニメを観たことがありませんでした。キャスト解禁の発表があった時、舞台『あんさんぶるスターズ』の公演中で、高崎翔太くん、北村諒くん、赤澤遼太郎と、6つ子の4人が一緒だったんですが、ひとりで帰るのがちょっと心細くて……「今日はみんなで一緒に帰ろう」ってことがありました。他にもトラブルがあったりしたので、僕はより一層プレッシャーを感じてしまったんです。でも、だからこそ「やりきろう」と決心しました。プレッシャーを糧に、原作ファンの方も裏切らないように。アニメもずっと観て十四松のことは何でも語れるぐらい、本当にたくさん研究しました。
 
WI ゲネプロの会見の時、それをすごく感じました。他のみなさんもそうだと思いますが、小澤さんはたくさん努力してここに立っているんだなと。
小澤 なかでも「笑い方」には苦労しました。最初の頃は、口を閉じてたんです。口を開けっ放しで演技をするのって難しいし、不可能だって思ってたけど、いろんな人の想いを背負って「やりきる」と決めたことを思い出して「負けてらんねー!」って。それで、舞台に立っているときはできるだけ口を開けて演技をするようになりました。僕は褒められて伸びるタイプですが、ダメ出しをされても伸びるタイプ。だから僕には、役者として伸びしろしかないと思ってます(笑)。
 
WI 何があってもめげずにどんどん伸びてくタイプなんですね(笑)。本番前日には、ちゃんと眠れますか?
小澤 眠れます。だけど……毎回、頭にニキビができますね。プレッシャーとかのストレスをすごく感じているんだなぁと思っているんですけど、頭皮にニキビができるんですよ。だから頭のニキビの状態で、自分のストレス度が分かります(笑)。
 
WI “役者あるある”でよく聞くのが「台詞を全部忘れちゃった」とか、そういう夢を見る方もいるようですが……。
小澤 ある! あります!! 『おそ松さん』で地方公演の時、『薄桜鬼』の時の夢を見ました。台詞も立ち位置も、夢の中で全部忘れてるんですよ。何もかもまったく分からない状態なのに、衣装を着せられて「本番だから行ってください」って言われて舞台に上がるけど、ストーリーすら分からずに進んでいくから、「めっちゃ怖い怖い……ああ、終わったー!」って思いながら目が覚ました(笑)。それで、台詞を忘れるのってこんなに怖いことなんだと思ったから、本番までは気を抜かず、確認作業を怠らないようにしようとあらためて思いました。

WI やっぱりみなさん一度はそういう夢を見るのですね。ちなみに、台詞覚えはいいですか?
小澤 最近、覚えが早くなってきました。『ダイヤのA』の2作目の時はすごく遅かったんです。台本を手放す勇気がなくて、ずっと片手に台本。でもそれが原因だと最近気づきました。暗記能力はある方だけど、臆病なんです。台本を手放してからやっと台詞がちゃんと入ってくるんですけど、最近は覚えていなくてもとりあえず手放してみる。それで「あっ、たしかこうだったな」ってやってみて、間違えたところは台本を見返すほうが手っ取り早いということが分かったんです。台詞を覚えるのは、だいたい寝る前。暗記して、しゃべれるようになった状態で寝ると、寝ている間に、脳みそが整理してくれるみたいです。寝る直前のデータを。記憶して、整理された台詞を稽古場に持って行って、稽古前に読み合せをします。手が空いてる役者に自分以外の台詞を読んでもらって覚えてない台詞をチェックして、稽古が始まったら絶対に台本は手放すっていう。
 
WI 舞台に立つ役者さんのそこがすごいなと思います。分厚い台本を全部頭に入れて、2時間の舞台に立つ。
小澤 けっこう大変です(笑)。役者によって覚え方がいろいろあるんですけど、僕は夜、必死に覚える方法ですね。『おそ松さん』でも一緒だった(高崎)翔太くんは、感情を大切にして、台本と全然違うことを言うのに、ちゃんとストーリーはつながるんですよ。台詞は台本と違うのに、言わなきゃいけない台詞のニュアンスは違っていないから、物語にあまり影響しないんです。稽古中、演出家さんに「ここ違いますよ」と言われたら「すみません」と言ってから台本を見直す。それを見た時に思ったんです。「まずは台本を手放すところからだ」って。
 

┃ドラマ『男水!』で、先輩・廣瀬智紀の優しさに触れる

WI 高崎翔太さんの話が出ましたが、1月スタートのドラマ『男水!』では、舞台など過去に共演者した方がたくさん出演されていますね。
小澤 (廣瀬)智紀くんは、2016年の12か月中、8か月も一緒でした(笑)。本当のお兄ちゃんみたいな存在で、僕のことをよく気にかけて話しかけてくれるし、僕もこの1年で、智紀くんがいちばん気兼ねなく話せる相手になりました。『男水!』の時、撮影初日に緊張してガチガチだったんですけど、そういうときに話かけてくれるのがやっぱり智紀くんで。撮影中も「いま感情で動いてなかったでしょ」とか僕の演技を見ていて、アドバイスもくれて、そういうところは弟の面倒をみてくれるお兄ちゃんみたいだなって。
 
WI 小澤さんは、年下の役者仲間の面倒をみたりできていますか?
小澤 最近はできるようになってきたと思います。この仕事を始めてから、あまり仲のいい後輩を持ったことがなくて接し方もよく分かってなかったんですけど、『あんさんぶるスターズ』では僕は上の方で、しかも主演を務めさせていただいたので必然的に僕がしっかりしなきゃいけない立場になりました。それもあって最近、後輩との関係も大切にしているし、稽古場の和やかなムード作りも座長としての仕事なんだなって。『男水!』だと、舞台『私のホストちゃん』で共演した(黒羽)麻璃央とよく一緒にいましたけど、彼は年下だけど僕に敬語を使ったことがないし(笑)、“仲のいい友だち”って感じで面倒みなくちゃいけない後輩という感じではないかも(笑)。
 
現在放映中のドラマ『男水!』(日本テレビ/毎週土曜日深夜0:55~放送 他)では、水泳強豪高・龍峰高校の背泳ぎエース、平光希役にキャスティング。「幼稚園から小6まで水泳教室に通っていました。でも早く泳ぐというより、泳ぐことを楽しむって感じ」と、小澤さん。しかも「実は、いちばん苦手だったのが背泳ぎ。だから『背泳ぎか~』って内心思いました(笑)」と苦笑い。
ドラマはまだ始まったばかり。これから急展開を見せていく本ドラマでの小澤さんの活躍にもぜひご注目を!
(撮影/小林裕和、取材・文/さとう のりこ)

『月刊 小澤廉×小林裕和』2017年2月23日(木)発売

(A4 サイズ・80ページ/¥3,024 税込)

元記事を読む
提供元: CanCam.jpの記事一覧はこちら
あなたにおすすめの記事
スーツを脱ぎ捨て…あの“英国紳士”なオスカー俳優がワイルド系にイメチェン!?
『キングスマン』シリーズや、オスカーを受賞した『英国王のスピーチ』(10)など、“ザ・英国紳士”な役柄を数多く演じ、その...
Movie Walker
NHK「みいつけた!」のサボさん役 俳優・佐藤貴史の知られざる素顔
NHK-Eテレの子供番組「みいつけた!」のサボさん役や、劇団「サモ・アリナンズ」の一員として活躍中の俳優・佐藤貴史さん。俳優になったきっかけから、サボさん役へのこだわりまで、その人となりに迫りました。
CREA
【カレシ顔見せて!】 俳優 佐伯大地の「喜怒哀愛楽」5つの顔にトロける♡
喜怒哀楽(喜び・怒り・悲しみ・楽しみ)+愛の5つの感情と表情から今話題の気になるカレの内面を探っていく連載がスタート♡  もし彼が“私の彼だった...
GINGERweb
三浦春馬「今、俳優という仕事がどんどん楽しくなってきています」 まっすぐ前を見つめ挑んでいく、清々しい決意
三浦春馬が、ロシアの文豪ドストエフスキーの傑作「罪と罰」の舞台に主演する。「世界中どこを探しても彼の他には考えられない」...
ウォーカープラス
視線にドキッ!飛躍を続ける俳優・佐伯大地さんが見据える先とは?(後半)
ドラマ『崖っぷちホテル!』、『愛してたって、秘密はある。』や、ミュージカル『刀剣乱舞』岩融役などを中心に大活躍中の俳優・佐伯大地さん。また、今年...
GINGERweb
俳優 岡田健史さん「何事にもまっすぐに感情をぶつけていきます」
「あのイケメンは誰?」と大人女子の注目を集めている新人俳優、岡田健史さん。ドラマのなかの禁断の恋の行方も気になるところだけれど・・・ミステリアス...
GINGERweb
俳優「青木崇高さん」が大切にする家族観と人生観について
映画「かぞくいろ-RAILWAYS わたしたちの出発-」で、ヒロイン有村架純さんの夫役で、キーパーソンとなる修平を演じた青木崇高さん。ご自身の思う家族像や人生観について語ってくれました。
TRILL
俳優・志尊淳 周りへの感謝を伝え、誓うさらなる飛躍「責任をすごく感じる」
11月24日(土)、『志尊淳 セカンド写真集“23”』発売記念イベントが都内書店にて行われ、志尊さんが囲み取材に応じました。 『志尊淳 セカンド写真集“23”』は、2018年ブレイク俳優となった志尊さんによる4年ぶり、待
NOSH(ナッシュ)
俳優・矢本悠馬「もうやりたくない(笑)」 苦手を告白!
何気ない瞬間の表情や仕草が妙に愛らしい。ドラマ『半分、青い。』をはじめ、さまざまな作品でスパイス的な役割を果たしている矢本悠馬さんに、お話を伺いました。
anan web
中居正広、芸能界引退を悩む俳優にアドバイス「奥さんの一言に尽きる」
11月19日に放送された「中居くん決めて!」(TBS系)にゲストアドバイザーとして岡井千聖、LISA、伊達みきおらが出演...
ザテレビジョン
“死のデパート”な英国俳優の死亡列伝…ゲームでは“不死身の男”として登場するも、果たして?
ファンの間では、映画やドラマの中で“よく死ぬ俳優”として密かにおなじみのイギリス人俳優ショーン・ビーン。彼が画面に出ると...
Movie Walker
『ハリー・ポッター』のマルフォイ役俳優、ルックス激変に驚きの声!
「ハリー・ポッター」シリーズのドラコ・マルフォイ役で知られる俳優、トム・フェルトンが、英国のモーニングショーに出演。自身...
Movie Walker
“萌え袖ヤンキー”で中村倫也、カメレオン俳優の本領発揮!?【視聴熱TOP3】
webサイト「ザテレビジョン」では、11月11日の「視聴熱(※)」ドラマ デイリーランキングを発表した。1位「今日から俺...
ザテレビジョン
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理