同じことを繰り返さないために!復縁するための10の条件

別れてから気付く、相手のいいところってありますよね。でも、一度別れたということは、合わないところがあったということ。そこをなおさないと復縁してもまた別れることになりかねません。本当の愛を手に入れるために、復縁がうまくいくための10の条件をご紹介します。

復縁に必要な10の条件とは?

最低1カ月は連絡を取らない

ケンカ別れをしたカップルは、もしすぐに復縁したとしても同じ状況になってしまいがち。
最低1カ月連絡を取らないことで、今回のケンカが彼女は本気だったんだと認識させることになります。

 

距離をあけてお互いの存在を再確認

連絡が取れない期間、彼は焦って別れたことを後悔するかもしれません。
必要以上のケンカは大切なものを失うことがあるということを認識すれば、復縁しても同じ過ちを繰り返す可能性は低くなります。

 

別れた原因をはっきりさせる

別れた原因をうやむやにしたまま復縁すると、また同じ理由で別れ話になる可能性があります。
別れた原因を、お互いにはっきり確認しておくことで2度目の別れを防ぐことにつながるでしょう。

 

お互いの時間を大切にする

すぐ復縁する時に気をつけたいのが、相手に依存しないこと。
自分の時間を大切にすることで相手への依存を減らし、二人の関係性を客観的に見つめ、いい関係を築くことに結びつけることができるはずです。

 

自分の意見は伝える

復縁に大切なことは、我慢はしないということ。
同じことを繰り返さないために、不満や言いたいことなどはお互いに言って納得した上で復縁することが重要です。

 

自分の悪いところを確認する

別れた原因はいろいろあるにせよ、一度自分のことを改めて見つめ直す機会が大切。
自分の短所と向き合うことは、自分磨きにもつながります。
常に自分を良くしようとすることは、付き合う上でも大切な心がけです。

 

相手を受け入れる努力をする

他人同士の付き合いなので、ケンカがあることは当然です。
自分との違いを受け入れる努力をすることでケンカも減り、自分の気持ちにも余裕ができるでしょう。

 

彼との出会いは奇跡

地球上には70億以上の人がいて、日本だけでも1億人以上が生活しています。
その中で出会って恋に落ちるのは奇跡と言えるでしょう。
復縁する前に、二人が出会ったことが奇跡なんだということを再認識してみませんか。

 

ドキドキさせる女性でいよう

長い期間付き合っているとどうしてもマンネリ化してきてしまいますよね。
良く言えばそれだけ相手に自分をさらけ出しているということですが、恋愛にドキドキ感は絶対必要。

彼をドキドキさせる努力は忘れずに。

 

復縁ということにこだわらない

今度こそ別れたくないという思いが強くなりすぎて、復縁しても結局続かないということもあります。
復縁したというより、お互いが新しいお付き合いとして向き合うことが大切です。

 

いかがでしたか?

復縁するには、別れた原因をきちんとお互いが理解して改善しようと努力することが大切です。
他人同士が付き合うのですから、衝突することは必ずあります。
それを受け入れたり、話し合ったりして乗り越えていくことが長続きの秘訣です。
復縁カップルは、うまくいけばより強い絆で結ばれた最高のカップルとなれるでしょう。

元記事を読む
提供元: HAIRの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理