「あれ?なんかまだ好きかも」元カレが再び興味を持つ“きっかけ”3選

別れた彼氏のことが忘れられない。だけど彼氏自身の気持ちがまだ自分に向いているかどうかが分からない。
こういう疑心暗鬼に苛まれたことって、ありませんか?
立場を逆にして男性目線で考えても、この手のジレンマってよくあることです。
ただ、一度別れたということは、破局を決断した自分の意思があるわけですので、そもそもの原因を振り返ると「ヨリを戻してもなぁ」と足踏みしちゃいますよね。
でも!それでももう一度やり直したいという場合だってあるでしょう!
そういうときにはどんなアクションを起こせば、元カレが再び振り向いてくれるのでしょうか。
今回は、別れた元カレに、もう一度自分に興味を持ってもらえるための方法をご紹介していきます。

 

■以前一緒に行ったデートスポットを意識させよう!

元カレと復縁したい場合、まずは大前提として、元カレにある程度接触しないと話は始まりません。
たとえばLINEを送ってみるとか、電話をかけてみるというのは、そのきっかけとしてはベタですが、一番てっとり早いでしょう。
その際の話題はなんでもいいんですけど、会話の一部に以前の関係を匂わせる情景についての情報を入れてみるのは効果的です。
以前一緒に行ったデートスポットや飲食店についての情報を、それとなく話してみるのです。
そうすると元カレは「ああ、そういえば2人であそこ行ったなぁ」と、以前の交際を生々しく思い出すようになります。
そのデートの際の思い出がよみがえれば、お互いを愛し合っていた頃の気持ちも、ある程度リアルに追想することもできます。
元カレに、もう一度自分と交際していたときの気持ちを思い出してもらうには、かなりの効果を発揮するわけですね。
 

■自分の恋愛についての近況を伝えてみよう!

また、最近の自分の恋愛事情を元カレに教えてみるというのも、いい作戦だったりします。
「なんか付き合いたいと思えるような“いい男”いなくて」なんていわれたら、なまじ自分がかつての彼氏だっただけに、男性は「そうか、じゃあ俺は“いい男”だったのか」と、有頂天になるもの。
こうやって元カレを嬉しい気分に浸らせておいて、徐々に関係の修復を図るわけですね。
と、同時に、元カレの恋愛事情については、ここで探りを入れておきましょう。
既に彼女がいるのであれば、そこで引き下がるもよし、略奪を企てるもよしですが、いずれにしても情報を得ておかないと作戦の立てようがありません。
自分についてだけでなく、元カレの最近の恋愛についても、忘れずに情報収集はしておきましょう。
 

■エッチについての思い出をよみがえらせよう!

それから、結局一番男性が復縁を決めるきっかけとして考慮するのが、エッチの相性だったりします。
なんせ以前は愛し合っていた関係ですから、お互いにカラダの相性については既によく知るところです。
エッチをしたときに相当気持ちよく感じていたのであれば、元カノから再びモーションをかけられた時点で、そういうことも思い出してしまうもの。
しかし、理性がそれを押さえようともしています。
だからこそ復縁を狙う場合には、その理性の働きを弱めることが大事になります。
たとえば食事の約束だけ取り付けて、ちょっとセクシーなファッションで現れたり、メイクを少し変えてみるなどして、別の側面を見せることで、元カレの心は大きく揺さぶられることになります。
結局、性についての情報が一番強いということですね。
 

■おわりに

というわけで、今回は一旦は別れた元カレと復縁するための、女性がやると効果的な手段をいくつか書いてみました。
男性の視点で「これされると弱いなあ」と思える手法ばかりになっていますので、もしも万が一、復縁を考える場合には、ぜひとも参考にしてみてください。
 
画像撮影 spaceabstract
(松本ミゾレ/ライター)

元記事を読む
提供元: 愛カツの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理