1. トップ
  2. メイク
  3. 何コレ欲しい!プロが選ぶ1200円以下の優秀ベースメイクコスメ3選

何コレ欲しい!プロが選ぶ1200円以下の優秀ベースメイクコスメ3選

  • 2014.12.7
  • 2315 views

今や、大人女子こそ”プチプラコスメ”を賢く使う時代です。百貨店に売っている化粧品だけが優秀というわけではないのです。使いやすく、自分の肌に合うのであれば高価なものでも安価なものでもOK! メイクを生業としてきたプロが言うのだから間違いありません。

そこで、ベースメイクアイテムに使用するプチプラコスメを今日は1,200円以下のものに絞って3つ、メイクアップアーティストの黒木絵里がご紹介します。

■1:キャンメイク / カラースティック ¥580(税抜)

手強い茶クマも青クマもカバーできる優秀コンシーラー。パラベンフリーと低刺激なうえトリートメント成分も配合された最強プチプラアイテムと言えるでしょう。色の展開が豊富なので、ベースメイクのハイライターとしても使える一石三鳥のアイテム。

■2:インテグレート / ミネラルベース ¥1000(税抜)

未だ人気の衰えないBBクリーム。UVカット効果はもちろん、毛穴や色ムラまでカバーできるうえプチプラと心強いアイテムです。使用している水は100%ミネラルウォーターというこだわりようや、うるおい効果も抜群でしっとり仕上がります。

■3:チャコット / フィニッシングパウダー ¥1200(税抜)

販売累計250万個を記録しているプロフェッショナルユースのフェイスパウダー。もともとバレリーナがステージで踊っても崩れないようにと設計された商品。機能性抜群なのに、子供も使える安心成分だけで出来ているというからビックリ。

しかも崩れないだけでなく、スキンケア効果も得られるという優秀パウダー。色展開も豊富で、BBクリームと合わせて使用するだけで上質なベースメイクも夢じゃない!

いかがでしたか。いずれも1,500円出せばお釣りが返ってくるというプチプラ優秀コスメ。安くても質が悪ければ売れない時代ですから“安かろう、悪かろう”は心配いらないでしょう。自分の肌に合うものを見つけられればメイク偏差値も肌偏差値もどんどんUPすると思いますよ。

(メイクアップアーティスト:黒木絵里)

元記事を読む