女性は彼に染まりやすい!?ダレノガレ明美さんの「男に染まるのは悪くない」を考察

ダレノガレ明美さんが、3日放送の『金曜★ロンドンハーツ』(テレビ朝日)の「格付けしあう女たち」のコーナーに出演しました。
同コーナーに出演していた藤田ニコルさんが、ダレノガレさんに対して「イメージ的に、付き合ってる人に染まっちゃうイメージがあるのかなぁ」「自分の意志貫けなそう。彼氏が大好きすぎて」と恋愛面において男に染まりやすいイメージを「人としてダメ」と指摘しました。
ダレノガレさんはこれに反論し、男に染まるのは悪くないと怒りをあらわにしながら主張をしました。

 

彼色に染まると答えた女性は6割

ダレノガレさんは彼に染まるのは悪くないという考えのようです。
では実際に、彼色に染まると答える女性はどれくらいいるのでしょうか。
以前、セキララ☆ゼクシィでは20~30代の女性に、「好きな男性の好みに合わせたい『彼色に染まる』派と、自分の好みに彼を変えたい『自分色に染める』派、あなたはどっち?」というアンケートをとりました。
すると、「彼色に染まる」が56%、「自分色に染める」が44%という結果になりました。
大きな差はなかったものの、「どちらかというと彼に合わせたい」という人がやや多いようです。
理由も聞いてみたところ、「相手の好みに合わせて、もっと好きになってもらいたいから」(30歳)、「彼にかわいいと思ってほしいから」(27歳)という意見が多数だったようです。
 

彼色に染まりやすい人の特徴とは?

あまり自己主張がない女性は、彼色に染まりやすいとよく言われています。
男性の言うことに口答えをせず、ただうなずいて男性の意向に合わせてくれる女性は、彼色に染めやすい女性なのです。
ダレノガレさんは、「思ったことは言うし…。」と語っていたので、一般的には彼色に染まりやすい女性のタイプではないですが、もしかしたらほとんどのことは男性の意向に合わせていて、稀に意見を言う程度なのかもしれませんね。
 

なぜ女性は彼色に染まるのか?

女性は、彼が好きなものは魅力的に見えてくることが多いようです。
例えば、彼がはまっている趣味を自分も好きになってしまい、一緒に楽しんでしまうなど。
もしかしたら、適度に彼の趣味や趣向に合わせることが、うまく恋愛関係を続ける秘訣だと無意識に気づいているのかもしれませんね。
もちろん、同じ趣味を一緒に楽しめるわけですから、彼にとっても一緒に居て楽しい女性なので、より彼からも好かれやすくなるというのもあるかもしれません。
 

おわりに

ダレノガレさんの「男に染まるのは悪くない」という発言をきっかけに、彼色に染まる女性について考察してみました。
こうして見てみると、ダレノガレさんの言うように、彼色に染まるのも悪くなさそうです。
皆さんは、『彼色に染まる』派と『自分色に染める』派のどちらでしょうか?
一度、今までの恋愛を振り返ってみると、良かった点や悪かった点が見つかるかもしれませんね。
 
(恋愛結婚学研究所 新上幸二)
<参考>
RBB TODAY
セキララ☆ゼクシィ

元記事を読む
提供元: 愛カツの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理