たまらない…男がガマンできなくなるキスの「焦らしテク」4つ

好きな人とのキスというと、情熱的で激しいキスばかりを思い浮かべてしまいがちでしょう。
でも、ときにはちょっと焦らしてみたりすると、男性はメロメロになってしまうはずですよ。
そこで今回は、男がガマンできなくなるキスの「焦らしテク」を紹介します。
 
■「唇以外」にキスをする
いきなり唇にキスをしてしまうのではなく、あえて唇以外の場所にキスをする。ときにはこういった意外性も、男性をドキッとさせることができます。唇へのキスを焦らされている感覚にもなるので、興奮度もどんどん高まっていくことでしょう。
耳や首すじ、おでこやまぶたにあごなどにキスをしてあげると、男性もさすがに「早く唇にキスしたい」と爆発寸前のような気持ちになっていくはず。あまり乗り気じゃなかった男性をその気にさせる際にも、効果的なテクニックですよ。
 
■わざと「顔を引いてみる」
男性がキスをしようとしてきたら、わざとちょっと顔を引いたりかわしたりしてみる。これには、当然キスできるだろうと思って顔を近づけてきた男性も、キスをしたい気持ちがより一層強くなっていくはずです。
わざと顔を引いた後に、軽く微笑みながら今度は女性の方からキスをしてあげると、いたずらっぽさも出て、男性も思わずドキッとしちゃうでしょう。ずっとかわしてばかりだと、さすがに男性を嫌な気分にさせてしまうので、その点には注意してくださいね。
 
■すぐに「ディープキス」をしない
いきなり激しくディープキスをするのも熱烈でいいかもしれませんが、毎回毎回そんな感じだと、さすがに刺激も薄れていってしまいます。付き合いが長いカップルなどは、特にそんな状態に陥ってしまいやすいのではないでしょうか。
たまには、あえて「チュッ」とする短いキスや唇を甘噛みするようなキスをして、なかなかディープキスはしないという焦らし攻撃をしてみると、いつもとは違う感覚になり、男性も新鮮さも味わえます。改めてあなたにドキドキしちゃったりもするかもしれませんよ。
 
■なかなか「キスに応じない」
キスをしそうな雰囲気になっているのに、女性がなかなかキスに応じてくれない。そのもどかしさには男性もたまらない気持ちになりますし、いざキスをできたときに、その喜びと気持ち良さはかなり大きなものになるでしょう。
本気で嫌がったら男性も落ち込んでしまうので、キスをされそうになったら抱きついたりして、可愛く焦らすのがコツです。お預けをすると、その分かなり興奮も増すので、その後にキスはいつも以上に燃え上がっちゃうことでしょう。
 
キスでは「焦らし」がかなり効果的です。できそうでできないもどかしい感じが、どんどん男性の欲求を高めてくれます。そんなキスもしてあげられると、あなたへの気持ちもさらに高まってくれることでしょう。
【画像】
※ Olexander Kozak/shutterstock

元記事を読む
提供元: NOSH(ナッシュ)の記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理