ドキュメンタリー映画「メットガラ ドレスをまとった美術館」
(c)The First Monday in May

映画「メットガラ ドレスをまとった美術館(原題:The First Monday in May)」が、4月15日に日本公開される。米国VOGUE誌の編集長であるアナ・ウィンター(Anna Wintour)主催のイベント「メットガラ」をドラマチックに映し出したファッション・ドキュメンタリー映画となる。

「メットガラ」とは、米・NYのメトロポリタン美術館にセレブやファッション業界人が一堂に会する、ファッション界最大のイベント。今回のドキュメンタリーでは、キュレーターのアンドリュー・ボルトン(Andrew Bolton)と、映画「プラダを着た悪魔」のモデルともなったアナに密着した。

舞台となった2015年のメットガラのテーマは「China: Through the Looking Glass」。展覧会では、「ブエノスアイレス」「花様年華」の映画監督ウォン・カーウァイ(Won Kar-Wai)がアーティスティック・ディレクターを務め、「トム・フォード(Tom Ford)」や「ディオール(Dior)」が中国のアートに刺激を受けてデザインしたドレスも展示された。

アナが招待したのは、ポップスターのリアーナ(Rihanna)や、俳優のジョージ・クルーニー(George Clooney)、アン・ハサウェイ(Anne Hathaway)、さらにファッション界の重鎮ジャン・ポール・ゴルチェ(Jean-Paul Gaultier)などの豪華セレブリティ。ゴージャスな一夜を生み出すための8ヶ月間を初めてカメラで捉えた、野心あふれる作品となっている。

「ファッションは夢を、そしてファンタジーを創り出す劇場のようなもの」とアナは語る。一流メゾンの鮮やかなオートクチュールの世界を垣間見ることができる、世紀のファッション・ドキュメンタリーを見逃さないで!

■作品概要

・メットガラ ドレスをまとった美術館

公開日:4月15日、Bunkamura ル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿シネマカリテほか全国公開

監督:アンドリュー・ロッシ

出演:アナ・ウィンター、アンドリュー・ボルトン、ウォン・カーウァイ、ジョン・ガリアーノ、ジャン=ポール・ゴルチエ、カール・ラガーフェルド、リアーナ、ほか

■関連情報

・メットガラ ドレスをまとった美術館 公式HP:http://metgala-movie.com/

・メットガラ ドレスをまとった美術館【海外予告編】公式予告動画:https://youtu.be/P0Ema3QGvFs

元記事を読む
提供元: MODE PRESSの記事一覧はこちら
あなたにおすすめの記事
学芸員ラジオDJ・DJAIKO62さんおすすめ。 〜今度はどの美術館へ?アートのいろは〜 東京都美術館「ムンク展」
ラジオ番組で美術展を紹介するうちに美術館巡りの面白さに目覚めたという学芸員ラジオDJのDJAIKO62さん。コラム連載第9回は、東京都美術館で開催中のムンク展をご紹介します。「ムンクって叫びだけじゃないんだ!」と少々ミーハーな驚きが待っていますよ。…
Hanako
人には教えたくない! 希有な体験ができるとっておきの美術館を特別公開
こんばんは。アートテラーのとに~です。早いもので、この連載もそろそろスタートから1年を迎えようとしています。ここまで続けてこられたのも、ひとえに...
GINGERweb
美術家・森村泰昌の美術館 モリムラ@ミュージアム(M@M)オープン!アートと古材の融合した空間で直筆&レアを楽しもう!
大阪・北加賀屋に、美術家・森村泰昌の美術館モリムラ@ミュージアム(M@M)が11月3日にオープン。開館記念展示会「君は『...
ウォーカープラス
1日のシメにご褒美スイーツはいかが♡三菱一号館美術館「Café 1894」の夜限定パフェが贅沢でアート!
東京・丸の内、三菱一号館美術館併設のミュージアムカフェ・バー「Café 1894」に『アートな夜パフェ』が登場☆ 11月10日(土)より数量限定で販売がスタートします♪ 夜だけしか食べられない“ご褒美パフェ” Café 1894特製『アートな夜パフェ』は、20時からしか食べられないご褒美パフェ♡ 三菱一号館美術館にて2月11日(月・祝)まで開催中の「フィリップス・コレクション
isuta
金沢でアート巡り。フォトジェニックな美術館
石川・金沢で地元の方から愛されている「金沢21世紀美術館」では、不思議な体験ができる作品に出会えます。ユニークな作品はまさに、フォトジェニックで、SNS映え抜群です。おすすめの見どころをご紹介します。“芸術の秋”はアートに触れてみてはいかがでしょうか。
LeTRONC
おしゃべりテディがお出迎え!テディベアの美術館
静岡・伊東にある、「伊豆テディベア・ミュージアム」。世界中から集めたさまざまなテディベアを展示するテディベア専門の美術館です。動くジオラマ作品や、貴重なアンティークベアまで楽しめる美術館で、愛らしいテディベアの世界を満喫してください。
LeTRONC
美術館に便器が…! アートの歴史を変えた男の展覧会
上野の東京国立博物館で『マルセル・デュシャンと日本美術』展が開かれています。便器をアートだといったり、女装して活動したりと異色のアーティストとして知られるマルセル・デュシャ...
anan web
秋のアートシーンを「清澄白河」で楽しむ! 美術館が街に飛び出した
人気のエリア清澄白河を、アートとともに満喫できるイベント『MOTサテライト 2018秋 うごきだす物語』。
anan web
結婚式OKの美術館も!日本一のミュージアム王国はどこにある?
こんばんは。アートテラーのとに~です。すっかり秋めいてきましたね。いよいよ、本格的に‟芸術の秋“シーズンに突入です。近場の美術館をふらっと訪れる...
GINGERweb
三鷹の森ジブリ美術館の「映画を塗る仕事」展、スタジオジブリ作品の“彩色”の秘密に迫る
三鷹の森ジブリ美術館では、新企画展示「映画を塗る仕事」展を2018年11月17日(土)から2019年11月(予定) まで開催する。入場は日時指定の完全予約制。「食べるを描く。」に続く新企画展示は、スタジオジブリ作品の“彩色”にスポットライトを当てた企画展だ。 (c)Museo d'Arte Ghibli (c)Studio Ghibli スタジオジブリ作品における“彩色”の秘密に迫る企画展 「映画を塗る仕事」展は、故・高畑勲と宮崎駿が目指した豊かな画面づくりを“彩色”の面から紐解く展覧会。どのような工夫を用いたのか、また、アニメーションにおいて“色”とは何なのかを、展示パネル37枚、セル画196点を用いて紹介する。 人気作品の"セル画"を実例に紹介 展示内容は、『となりのトトロ』『もののけ姫』『紅の豚』など、スタジオジブリの人気作品を実例にあげながら、テーマごとに分けたパネルを使って解説するというもの。『もののけ姫』の制作まで採用されていた、実際の"セル画"を用いながら、両監督を支えた色彩設計の故・保田道世らスタッフたちの手腕を紹介していく。 時刻や天候によって変わる色 たとえば展示パネル「時刻によって変わる色」では、『となりのトトロ』のネコバスを例にとり、黄昏時、夕方、街灯に明かりが灯る夜と、時刻によってキャラクターを繊細に塗り分ける手法を解説。特にネコバスが街灯に照らされた図からは、透明感を出すために、画面全体を暗くするのではなく、茶系のグリーンを使って影を表現するというスタジオジブリのこだわりが見て取れる。 「天候によって変わる色」パネルでは、『魔女の宅急便』のキキの塗り分け方を紹介。このように、時刻や天候、モノの質感など、現実を写し取ったかのようにリアルな表現を生み出すため、きめ細やかな彩色が重要な役割を果たしていることがよく分かる。 リアリティのある「光」や「水」 「光」や「水」の表現は、両監督が特にこだわった表現の1つ。展示パネル「光を塗る・5」では、登場人物たちが漆黒の闇の中で飛行石が放つ青い光に照らされている『天空の城ラピュタ』のセル画を紹介。纏っている洋服の色味を消し、青い光に染めることで、光を表現している。 展示パネル『水中と空中の色を塗る』では、『もののけ姫』『紅の豚』のセル画を用いて、揺らいだ映り込みを水面に描くことで、リアリティのある水の動きを表現するテクニックを紹介する。 彩色の着想源となった絵本 これらのテクニックの着想源となった、イワン・ヤコヴレーヴィッチ・ビリービンの絵本を紹介している点も面白い。高畑・宮崎両監督が、『長くつ下のピッピ』の制作準備中に出会い、感銘を受けたロシア絵本の挿絵が、その後のアニメーション制作において大きな影響を与えているのだ。 ショートムービーや絵の具の展示も 展示物はパネルやセル画のみならず、キャラクターの色を決め、セルを完成させるまでを解説したショートムービーや、実際に使用されたセル絵具580色の瓶なども用意。今でこそ、デジタルによる着彩やCGによる画面作りが主流ではあるが、その手段がなくとも、セル絵の具による限られた色数の中で、監督からの要求に最大限に答える努力を惜しまなかった、スタッフの知恵と工夫を間近に感じることができる。 多数の人気作を紹介 展示に使用されたスタジオジブリ作品は、前述のほかにも『魔女の宅急便』『耳を澄ませば』『崖の上のポニョ』など14作品以上。『風の谷のナウシカ』の頃には263色だった使用色が、デジタルによる着彩により無限の色遣いとなった『千と千尋の神隠し』や『ハウルの動く城』のきめ細やかな塗り分けにも注目したい。 開催概要 「映画を塗る仕事」展開催期間:2018年11月17日(土)~2019年11月(予定)場所:三鷹の森ジブリ美術館住所:東京都三鷹市下連雀1-1-83※入場は日時指定の完全予約制。■チケット情報毎月10日午前10時から翌月入場分のチケットを販売。発売場所:全国のローソン公式URL:http://www.ghibli-museum.jp/【問い合わせ先】TEL:0570-055777(ご案内ダイヤル/9:00~18:00/休館日の火曜日をのぞく)
ファッションプレス
「必見の展示ベスト5」に入った注目作家 日本の美術館で初個展
2013年のヴェネチア・ビエンナーレでウォールストリートジャーナル紙が「必見の展示ベスト5」に挙げるなど、国際的な注目を集めた作家リー・キット。’16年には米国とベルギーで個展を同時開催。次世代アートシーンを牽引する彼の日本の美術館初の個展が始まった。
anan web
クラシカルな美術館で、期間限定「和のアフタヌーンティー」を。
三菱一号館美術館併設のミュージアムカフェ・バー「Café 1894」に、展示替え期間限定メニュー「アフタヌーンティー」が9月18日(火)より登場する。
VOGUE
富山湾鮨に新美術館も!富山の食とアートを満喫するおすすめドライブコース
漁場と漁港が近く、約500種類の魚が生息し、"天然の生けす"と呼ばれている富山湾。そんな富山湾で水揚げされた新鮮なネタと...
ウォーカープラス
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理