コカ・コーラ史上初のトクホ!「コカ・コーラ プラス」が3月発売

undefined

出典:http://news.walkerplus.com/article/99548/

特定保健用食品(トクホ)の「コカ・コーラ」が誕生した。

コカ・コーラシステムは、「コカ・コーラ プラス」(470mlPET/税別158円)を3月27日(月)から全国で新発売する。

日本独自の商品で、食事から摂取した脂肪の吸収を抑え、食後の血中中性脂肪の上昇をおだやかにする関与成分(特定の保健の目的に資する栄養成分)の難消化性デキストリン(食物繊維)を配合。消費者庁から許可された特定保健用食品となっている。

世界でも抜きん出た日本の健康志向を背景に、日本コカ・コーラとアトランタ本社が共同で開発した。「コカ・コーラ」史上で世界初となるトクホ製品で、期間限定製品を除けば、1957年から行われている日本の「コカ・コーラ」ビジネスの歴史においても、初となる日本市場をターゲットにした製品となる。

特定の国をターゲットにした「コカ・コーラ」の独自商品は、世界各国で展開される同商品の歴史でもほとんどなかった例。日本コカ・コーラ株式会社代表取締役社長のティム・ブレット氏は日本独自の商品を発表した経緯について、「独自のコーラを発売できたのは、日本のマーケットはそれだけ独特だから」と説明する。

おいしさと機能性を両立させ、パッケージもベースカラーにホワイトを採用した。「付加価値として機能を加えるのは日本独自のニーズ。特にトクホは日本だけのもので、ラベリングシステムも日本だけのもの」と、まさしく“日本仕様”となっている。

トクホの飲料市場は、2011年以来伸張が続く。一方で、カテゴリー別のシェアでは、2012年に発売されたトクホのコーラ炭酸飲料は、2013年に拡大して以降は縮小傾向となっている。ブレット氏は現状について、「トクホ製品が望まれるなかで、おいしい商品がなかったことが、マーケットが伸び悩んでいた実態だと思う」と見る。

「だからこそ、今回の商品を出した」というほど、他社との比較においても味への自信を持つ。6年に及ぶ長期の開発も、「日本人は味に関して非常にこだわりがあり、妥協を許さない。コカ・コーラに相応しい味ができるまで、これだけの時間がかかった」と納得の期間だった。

世界中で変わらぬ味わいを提供してきた「コカ・コーラ」が、日本市場に向けて販売する異例と言える一本。「圧倒的においしいコーラだと自負している」(ブレット氏)という新商品が、トクホのコーラ炭酸飲料の新たなブレイクスルーを生み出すかもしれない。【ウォーカープラス編集部/コタニ】

元記事を読む
提供元: ウォーカープラスの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理