1. トップ
  2. メイク
  3. まつ毛にダニ!「目力メイク」が引き起こす恐ろしい目の不調とは

まつ毛にダニ!「目力メイク」が引き起こす恐ろしい目の不調とは

  • 2014.12.6
  • 3842 views

どんなテイストのメイクであれ、“目元はしっかり”が定番になりましたね。まつ毛エクステやインサイドラインメイクをされている素敵なアラサー・アラフォーの方も多く見かけます。

女性にとってきちんとメイクをすることは自身にも精神的にプラスに働いてくれるのでいい事ではあるのですが、こういった“しっかりアイメイク”はクレンジングのツボを押さえていないと、“まつ毛にダニが住み着いてしまう”という衝撃的な状態に陥ることがあります。

目のかゆみ、ドライアイなど目の不調に陥ってしまっては目力どころではありませんよね。アイメイクをする人全てが知っておくべき“まつ毛ダニ”のお話を紹介します。

こんな症状に要注意!

「まつ毛の生え際がかゆい……」「よく見るとまつ毛にフケのようなものがついている」まつ毛にダニが住み着いていると、まずこんな症状を訴えるようになります。

まつ毛に住み着くダニは『デモデックス』と呼ばれるダニで体長0.1~0.4㎜と非常に小さく肉眼では確認できません。まつ毛の生え際にかゆみを感じて、こすってしまうと胴体部分だけがちぎれて、頭だけが残りまた再生するという、ちょっとゾっとするような生態のダニです。

ドライアイやものもらいの原因にも

このダニ、もともと人間の皮膚にいるもので、異常繁殖しなければ皮脂腺の分泌物を食べて処理してくれる共存しても問題のないものですが、これがまつ毛で異常繁殖すると『マイボーム腺』を詰まらせてしまいます。

『マイボーム腺』とは、まつ毛の生え際の内側に整列するように並んでいる小さな点で、脂質を分泌し、涙の成分に交じって涙の蒸発を防ぐ役割があります。ところがまつ毛ダニが異常繁殖するとこのマイボーム腺を詰まらせてしまい、その結果、ドライアイになったり、分泌された皮脂が外に出る事が出来ず中で固まってしまい麦粒腫(ものもらい)となってしまうのです。

まつ毛ダニの予防対策

まず何よりも清潔に保つこと。出来るだけアイメイクはお湯でオフ出来るものをチョイスしてしっかり落とす。お湯でオフ出来るもので気に入ったものが見つからない場合は、目元専用のクレンジングでしっかり落とすことが大切です。特にまつ毛エクステをしていると、どうしても長持ちさせたくて、洗浄が不十分になりがちですから注意が必要です。

そしてアイラインは“キメ時”以外はインサイドラインで入れない、マスカラもまつ毛の生え際は避けるなどした方がいいでしょう。時にはまつ毛エクステもマスカラもアイラインもせず、目元の休養も必要かもしれませんね。

ドライアイになると目がかすみがちになってしまい、老けた目元に見えてしまう事もあります。キレイ、可愛いを目的にしっかりメイクをしたつもりが、老け顔の原因になってしまう事がないよう注意したいものですね。

(トータルヘルスナビゲーター:SAYURI)

オリジナルサイトで読む