1. トップ
  2. 恋愛
  3. 近況を伝えたい! 年賀状に“離婚した”ことを書くのはアリか

近況を伝えたい! 年賀状に“離婚した”ことを書くのはアリか

  • 2014.12.5
  • 284 views

【女性からのご相談】

年賀状について困っています。離婚したことを伝えていない人もいます。年賀状で離婚したことを伝えるのは、気が引けます。でも、住所が変わっているので伝えた方がいいのかなと悩んでいます。

●A.住所や苗字が変われば相手も自然に分かります。無理に伝えなくても良いでしょう。

ご相談ありがとうございます。シングルマザーライフ研究家の此花(このはな)です。

年賀状に、離婚したことを伝えるべきかどうかを悩んでいるということですね。今回は、新年のご挨拶に離婚したことを書いた方が良いのかどうか、ということについてお話をしていきます。

●年賀状は近況を添えても良いのです

年賀状は、新年を祝う言葉をもってあいさつする挨拶状のようなものです。親しい相手には近況を添えることもあります。

“近況を添えることもある”ということであれば、もちろん、「離婚しました」と記入しても良いわけですから、悩む必要はないということになります。この場合は、「離婚しました」よりも、「旧姓に戻りました」の方がソフトに感じられるかもしれません。

●書かないという選択もあり

親しい間柄とはいえ、年賀状で離婚したことを伝えたくないと思ったら、あえて書く必要もないでしょう。

住所や苗字が変わっていれば、相手も自然と気付くはずです。どうしても伝えたい場合には、手紙で離婚したことを伝えれば良いでしょう。

●年賀状の前に伝えておけば悩むことはありません

年賀状を出す前に、離婚をしたことを伝えておけば悩む必要はありません。

電話やメールで伝えておけば済む話です。「旧姓で年賀状が届くからね」と伝えるだけでも良いでしょう。

ーーーーーーーーーー

今や離婚は珍しいことではなくなっていますから、年賀状に近況報告として書いても特に問題はないと思います。必要以上に神経質にならなくても良いと思いますよ。

「お互いに新年をめでたく迎えることができましたね」という気持ちが伝われば良いのです。

【参考文献】

・『ちゃんとした手紙とはがきが書ける本』マガジンハウス

(ライタープロフィール)

此花(シングルマザーライフ研究家)/短大卒業後、金融機関・住宅営業などの仕事に就く。28歳で結婚。翌年、息子を出産。同年12月に調停離婚成立。シングルマザーとなる。快適なシングルマザーライフの実現のために、シングルマザーの生活向上策を研究。明るく楽しくイキイキと! がモットー。シングルマザーが自分の人生に向き合い、前を向いて、自分の方法でシングルマザー道を歩いて行くためのお手伝いを、ブログを通じて発信中。イキイキと輝くシングルマザーを増やすことを目標に活動中。

オリジナルサイトで読む