1. トップ
  2. スキン・ボディケア
  3. あなたの身近にもきっとある!?肌の潤いを奪う伏兵3つ

あなたの身近にもきっとある!?肌の潤いを奪う伏兵3つ

  • 2014.12.5
  • 302 views

乾燥対策をきちんとしているつもりでも、気がつくと肌や指先がカサついている……なんてことはありませんか? 今日は、知らず知らずのうちに乾燥を招いてしまう、意外な敵を3つご紹介します。

■肌の潤いを奪うのは空気の乾燥だけじゃない

肌の潤いの敵といえば空気の乾燥。空気が乾燥していると肌が乾燥してしまうのは当たり前ですが、空気の乾燥以外にも肌の潤いを奪ってしまうものがあります。たとえば、肌に触れる繊維や静電気といった外からの刺激も、肌の乾燥を招いてしまいます。湿度には万全の注意を払っていたにもかかわらず肌がカサカサ!という悲劇に見舞われないためにも、あらゆる乾燥対策を視野に入れるのが肌の潤いをキープする秘訣と言えるかもしれません。

■肌の潤いを奪う身近な伏兵3つ

(1)PCキーボード

一日中パソコンのキーボードを使う人は、繰り返し指先に刺激が加わることによって、皮膚の角皮が乾燥してはがれ落ち、そこがさらに硬くなって角化してしまい、さらに硬くなっていくという悪循環に陥ることが少なくありません。カサカサにひび割れた指先を防ぐためにも、一日中パソコンで入力作業をするような仕事の場合はデスクの上にハンドクリームを置いておき、気分転換を兼ねて、こまめにハンドクリームで指先をマッサージするようにしましょう。

(2)電気カーペット

暖房をかけっぱなしでいると、肌が乾燥するイメージがあるかもしれませんが、暖房だけではなく、温度の高い電気カーペットも同じように乾燥を招いてしまいます。そればかりか、同じところを温め続けると、低温やけどを引き起こすリスクもありますので注意が必要です。肌の乾燥を防ぎながら電気カーペットを使うには、温度を控えめに設定し、長時間同じ部位を温め続けないことを心がけるのがマストです。

(3)石鹸

石鹸は過度に使用すると、体にとって必要な皮脂までも落としてしまいます。特に冬場は皮膚の薄い部分は乾燥しやすいので、体を洗う時も毎回石鹸を使わず、3回に1回はお湯だけで洗うといった工夫も有効です。また、ゴシゴシと強く洗うと角層までも剥がしてしまいますので、手のひらで優しく洗うのが乾燥対策としても好ましい洗い方です。

普段の何気ない行動が乾燥を招いてしまっているかもしれないからこそ、対策を頭に入れて気をつけたいものですね。

(前田紀至子)

オリジナルサイトで読む