1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 防犯は?家賃は?「女性の1階ひとり暮らし」経験者のリアルな本音を聞いてみた

防犯は?家賃は?「女性の1階ひとり暮らし」経験者のリアルな本音を聞いてみた

  • 2017.1.13
  • 49045 views

そろそろ、進学や就職など、新生活にともなって、引っ越しの物件を探し始める第一陣チームが動き出す季節です。
不動産屋さんで目についた「ここ安くて素敵だな」という物件が、1階にあってあきらめたことありませんか? 筆者も、女性じゃなければここに決めたのに……と悔しい思いを何度もしました。
1階の物件は家賃が安く、条件が良いのに空いていることも多いもの。でも、ひとり暮らしの女性にとっては、防犯面などデメリットが気になりますよね。
そこでWoman Insightでは、「ひとり暮らしで1階のお部屋に住んでいる女性」に緊急アンケートをとりました。女性視点でのメリットやデメリットを聞いていくうちに、意外な事実が分かってきました。
 

◆防犯、家賃……「女性の1階ひとり暮らし」のデメリットとメリットとは?

(c)Shutterstock.com
 

◆「防犯に不安」「日当り悪い」……1階で暮らすデメリット

まずは気になるデメリットから見ていきましょう。寄せられたのは、
「防犯面ではやっぱり不安(20代)」

「下着は部屋干しが必須(20代)」

「日当りが悪く、景色も良くない(30代)」

「車の音や、通行人の話し声が気になる(20代)」

「上の階の足音が聞こえる(30代)」

「冬は部屋が冷えやすい(30代)」
 
……と、ほぼ予想どおりの意見がほとんど。

実際のエピソードとして、「近所に空き巣や痴漢が出た話を聞くと怖い(30代)」「洗濯物に男物を混ぜたり、下着やキャミは部屋干ししてる(20代)」「“カーテンを開けたまま寝て朝の光で起きる”という早起き法はムリです(30代)」などのリアルな声が寄せられました。
女性が一人で1階に住むのって、やっぱりちょっと難しいのかな……。そんな風に思いかけた筆者ですが、驚いたのはここから。

アンケート協力者の多くから「でも、1階暮らしにも意外と良い面ありますよ」とメリットも一緒に寄せられたのです!
 

◆「夏は涼しい」「防犯意識高まる」……1階で暮らすメリット

では、1階に暮らす女性が実際に感じているメリットを、早速見ていきましょう。
 

【1】防犯意識が高くなる

「上層階に住んでるときは窓を開けっ放しで寝落ちしてた。1階に暮らすようになって、逆にしっかり戸締まりするようになった(20代)」「部屋干しなので下着ドロの心配はゼロ(20代)」など、防犯意識が高まることでかえって安全に暮らせている、と答える方が多かったです。
たとえオートロックのある2階でも、油断して戸締まりを忘れれば、泥棒は侵入可能と言います。「自衛精神が身につく分、1階の方が安全なケースもある」と話す不動産屋さんも。
ちなみに安全上の工夫として、「オートロック物件」「窓に防犯シャッター完備」「鍵が二重についている」「通りから目が届きやすい」「隣人も女性」など念には念を入れてお部屋をチョイスする女性が大多数でした。
 

【2】家賃が安い

マンションやアパートの1階のお部屋は、上の階に比べて家賃が安く設定されていることがほとんど。広さや内装は同じなのに、たった1フロア違うだけで2000円〜5000円ほど安い場合もあります。住んでいる間毎月必ず支払うことを考えると、これはかなり魅力的です。
 

【3】夏は涼しい

「ほどよく日陰で夏は涼しい(30代)」というメリットも多く聞かれました。

上層階は日当りが良い分、夏はサウナ状態になることがあります。また熱い空気は上に、冷たい空気は下に溜まる傾向があり、1階の部屋は夏でも涼しいことが多いのです。
 

【4】階下に気をつかわなくて良い

「上の階の音は聞こえても、自分の生活音は人に聞かれていないと思うとほっとする(20代)」という意見もありました。とくに帰宅時間の遅い女性は、扉の開け閉めや足音に気をつかわず生活できて嬉しいかも!
 

【5】非常時に脱出しやすい

「地震で揺れたら、すぐ窓から出る準備ができる(20代)」「万が一火事が起きても比較的逃げやすいと思う(30代)」など、自然災害や火事の際、避難が容易なことに安心感を抱く人も多い様子。

なるほど、筆者も地震が苦手で、一人の部屋で揺れると本当に怖いのですが、すぐ外に逃げられると思えばちょっと気が楽かもしれません。
 

【6】エレベーターに乗らなくて済む

「閉所恐怖症なのでエレベーターに乗りたくない(20代)」「エレベーターで変な人と鉢合わせる心配がない(20代)」という意外なメリットも。

エレベーターは便利ですが、女性にとってはちょっと怖い空間でもありますよね。とくに夜、あの小さな個室に入らなくて済むのは、人によっては大きなメリットとなるようです。
 
今回のアンケートでは、他に少数派意見として「気兼ねなく布団が干せる(同じマンションの上層階は美観を損ねるため布団干し禁止なのだとか)」「ゴミ捨てが楽」「水圧が上の階より高く、シャワーの出が良い」「庭付きなのでガーデニングを始めた」など、それぞれに楽しんで生活している様子が伝わってきました。
 
防犯面さえクリアできれば、1階生活も悪くないかも。素敵な物件を見つけた際には検討してみてはいかがですか?(豊島オリカ)
 

元記事を読む