1. トップ
  2. ヘア
  3. 【小顔xロング】表面レイヤーがポイント!ロングヘアもひし型シルエットで小顔に

【小顔xロング】表面レイヤーがポイント!ロングヘアもひし型シルエットで小顔に

  • 2014.12.4
  • 6211 views

Before

小顔に見せるためのポイント

段の入っていないローレイヤースタイルなので、縦ラインが強く出ています。ほんの少し面長要素があるので、中途半端に伸びた前髪を調整するのがベターです。

レイヤーを入れて横の広がりを出し、シルエットをひし形にします。また、顎ラインで前髪を切り、顔の面積を狭くして小顔効果を引き出します。

小顔に見せるためには、カットが重要です。その方に合った前髪の量・広さ・厚さを計算してカットすると、小顔に見えます。印象が明るくなったり可愛くなったりもしますよ。(K-two|竹橋 賢)

After

CUT:顎ラインで前髪を切り、顔の面積を少し狭くしました。顔周りにかかる柔らかな毛流れは、フェイスラインをぼかして小顔に見せてくれます。

ハチ上に前上がりのレイヤーを入れました。横にボリュームが出て、面長な印象から卵型に補正しています。乾かすだけでひし形フォルムになります。

面長でお悩みの方は「表面にレイヤー」がポイントですよ。

STYLING:コテで巻くときに、普段より高い位置で巻くのがポイント。コテをはなすと、毛先がズレてフワフワカールが簡単にできます。

Arrange

ARRANGE:ねじり編込みのハーフアップです。トップを三つ編みにしてボリュームを出し、サイドをねじりながら編込んだらスソをMIX巻きします。

顎ラインでカットした前髪が、ここでも小顔効果を演出してくれます。

スタイリストからのメッセージ

ボブやショートをする勇気がない方がたくさんいらっしゃいますが、前髪のバランスやフォルムを考えて切ると、小顔で似合うスタイルになります。(竹橋 賢|K-two あべのキューズモール店)

元記事を読む