1. トップ
  2. レシピ
  3. スープで餃子をぐつぐつ♪土鍋でいただく福岡の冬の風物詩「炊き餃子」

スープで餃子をぐつぐつ♪土鍋でいただく福岡の冬の風物詩「炊き餃子」

  • 2017.1.8
  • 11103 views

福岡市内に4店舗をもつ炊き餃子発祥の店「炊き餃子 池田屋」。体の芯まであたたくなりそうな福岡の隠れた名物「炊き餃子」が味わえます。

日本家屋を改装したレトロな店内

福岡市中央区大名の大名1丁目の交差点を東に曲がった通りから、さらに細い路地に入り、迷路のような小路を進んだ先に「炊き餃子 池田屋」はあります。看板はなく、入口もシンプルな引き戸のみですが、その分かりにくさが隠れ家のようでわくわくします。店内に入ると日本家屋を改装したシンプルで上品な佇まい。週末や繁忙期は混み合う人気店なので、来店の際は早めの予約がおすすめです。

ここにきたらまずは名物の「炊き餃子」を

このお店の名物が「炊き餃子」。餃子を土鍋でぐつぐつ炊いた人気メニューです。もとは20年前に「池田屋和三郎」という1号店で考案されたのがはじまりだそうです。
もちもちした食感の皮で、鶏のさまざまな部位で作るミンチと、香ばしく焼き上げた地鶏の炭火焼きを包んでいます。口に入れると、味わい深いスープがあふれ出し、香ばしい地鶏の香りが広がります。

薬味は竹炭入りの柚子胡椒と、にんにくベースの辛子味噌。ピリリとした辛さで、まろやかな豚骨スープの味が引き締まります。
しめは、まず自家製麺のちゃんぽんで楽しみ、そのあとにご飯を追加すると、とろみが増したおじやが完成。スープの最後の一滴まで余すところなく楽しめます。

多彩な創作一品料理も楽しんで

炊き餃子のほかにも多彩な一品料理が充実。牛タンつめソーセージは、コリコリした牛タンの食感とジューシーな肉の旨みがクセになる味わいです。
そのほかにトマトのレモン塩和えや干し柿のクリームチーズの白和えなど、多彩な創作メニューがあり、何を頼むか悩むほど。系列の4店舗ごとにメニューを変えているので、お店ごとの楽しみがありますよ。

豚骨スープと餃子を組み合わた福岡発祥の名物「炊き餃子」。隠れ家のような雰囲気のなかで食事を楽しめる「炊き餃子 池田屋」で味わってみてくださいね。