1. トップ
  2. おでかけ
  3. カール・ラガーフェルド写真展「太陽の宮殿 ヴェルサイユの光と影」

カール・ラガーフェルド写真展「太陽の宮殿 ヴェルサイユの光と影」

  • 2017.1.6
  • 1264 views
(c)Karl Lagerfeld

「シャネル(CHANEL)」のデザイナーを務めるカール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)の写真展「太陽の宮殿 ヴェルサイユの光と影」が、2017年1月18日から2月26日の期間中、東京・銀座のシャネル・ネクサス・ホールで開催される。

世界的ファッションデザイナーであり、写真家としても活躍するカール・ラガーフェルド。その起点となったのは、1987年の「シャネル」の広告だ。初めてカメラのレンズを覗く側として制作に携わり、その作品は多くのファッション誌に掲載され、瞬く間に世界中で話題となった。本展では、2008年にヴェルサイユ宮殿で開催された同名の展示会から作品を選りすぐり、日本で初公開される。

「具現化されたおとぎ話の世界であり、過去のものでありながら私たちの想像力に語りかけてくるところ」と表現するヴェルサイユ宮殿を、光と影や遠近法を用いてモノクロで撮影。ユニークな視点で捉えた私的な宮殿の光景を、写真家としては型破りな方法で切り取り、映画のような世界観で描き出している。

プリントには羊皮紙を模した紙を使い、スクリーンプリントの古い技法によって制作された。「紙こそが、私が最も好む素材。私にとっては、あらゆるクリエーティビティの出発点でもある」と語るカールの要望により、鑑賞者が紙の質感や画像の細部まで堪能できるよう、作品をガラスやフレームなどで額装せず、直接壁に取り付けるというシンプルな方法で展示する。

カールが最も大切にしているのは、直感と第一印象による被写体への愛情。ヴェルサイユ宮殿をテーマに繰り広げられる、光や影と戯れるようなドラマティックな物語を感じて!

■展覧会概要

・カール ラガーフェルド写真展「太陽の宮殿 ヴェルサイユの光と影」

期間:2017年1月18日~2月26日 無休

時間:12:00~20:00

会場:シャネル・ネクサス・ホール

東京都中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング4F

入場料:無料

■関連情報

・シャネル・ネクサス・ホール 公式HP:http://www.chanel-ginza.com/nexushall/