1. トップ
  2. 恋愛
  3. 4位は決意表明、1位は…仕事始めにカチンとくる上司の一言ランキング

4位は決意表明、1位は…仕事始めにカチンとくる上司の一言ランキング

  • 2017.1.5
  • 24235 views

毎年のことですが、至福の三が日はあっという間に過ぎ去り、今日から仕事始めという人も多いのではないでしょうか。
ただでさえ憂鬱な仕事始め。朝早く起きたり、メイクしたり、満員電車に乗ったり……仕事が始まると、仕事以外にも嫌なことはたくさんあります。なのでできれば心穏やかに過ごしたいと思うのですが、それもなかなか難しい。
それは、上司や先輩と顔をあわせてあれやこれやと言われる度にイラっとしてしまうから。普段は慣れていて軽く受け流せることも、長期休暇明けだと癇に障ってしまう不思議……。

ということで今回は20代〜40代の働く女子に「年始や仕事始めでイラっとする上司の一言」について聞いてみました。

第4位 新年の決意表明

・「俺、今年の目標はダイエットすることに決めたから」などと個人的な目標を一方的に知らされる。心からどうでもいい。(32歳・システムエンジニア)
・「今年も働きやすい職場目指してみんなのために頑張ります」そう言われても、去年できてなかったじゃねぇかよ、今年もじゃなくて今年こそだろうがと罵詈雑言が止まりません。(33歳・会社員)

4位は「上司の新年の目標」がランクイン。公私問わずドヤ顔で披露される今年の目標については、どんなに素晴らしくても部下や後輩はついつい冷めた気持ちで対応してしまうようです。上司や先輩の皆さん、決意や目標はそっと心のなかに閉まっておくのがおすすめです。
 

第3位 休みの過ごし方

・毎年同じ「休みはどこ行ったの?」という質問がイラっとします。無難に「ほぼ寝てました」と答えると「旦那と子どもがいると休んだ気もしない」と言われ、「遊んでました」と答えると「独身は気楽でいいわねー」と言われるのでもう今年は何も答えたくない。(29歳・医療事務)
・聞いてもないのに「どこどこで年越しした」などと自慢話をしてくる先輩にイラっ。(25歳・BA)

「休みの間何してた」問題、これほんとうに毎年聞いてきますけど、聞いているほうは飽きないんですかね? そこから自分の話に持っていきたいのでしょうか? つまりはマウンティングトークの前菜ということですかね。そうなら直でご自分の話をしていただいたほうがなんぼかマシです!

 

第2位 厄年ネタ

・少しでもついていないことがあると「厄年だからしょうがない」と厄年でまとめられる。なんでもかんでも厄のせいにするなと思う。そんなこと言ったら30代女子はだいたいなんらかの厄だぞ‼︎(34歳・会社員)
・「厄払いしてきた?」と厄年ネタで延々話しかけてくる。(36歳・コンシェルジュ)

あー、これはうっとおしい。ものすごくうっとおしい。厄年という現実だけで萎えたりしているので、もうこれ以上に強調しないでほしいですよね。自分は気にしていないつもりでも、他人に言われるとさらに激萎えです。
 

第1位 定番セクハラ年始バージョン

・「餅何個食べた?」という小学生男子並みのセクハラ。遠回しに「太った?」と言いたいんですよね。太りましたけど、それが何か⁉︎ と心の中で言い返して「え〜3個も食べてないですよ」と答える私毎年偉い。(30歳・ウェブデザイナー)
・「帰省したら結婚はいつ? とか聞かれるんだろ? あれってひどいよな」という、気遣っているように見せかけた「で、どうなの?」という下世話な一言が頭にきます。(35歳・経理)

年末年始の定番行事にひっかけたセクハラ発言が第1位! 言い方を変えているだけで1年中言われることと変わりは無いのですが、新年早々どうでもいいの事でイラっとしてやる気が削がれるという女子多数。脱力して早く帰りたくなるそうです。
ほかにも「今年の目標は? と抱負を求められるのが嫌」(27歳・事務職)や「あれ? お土産ないの? という催促」など細かいけど共感度高いエピソードが寄せられました。
仕事始め初日は休みボケで疲れやすく、ナイーブな日。悪気がないとしても、雑談のネタ振りにはお互い十分に注意したいものですね。(みつ子)