1. トップ
  2. ファッション
  3. 日本中の“つくり手”を大切に、デザイン活動家ナガオカケンメイ

日本中の“つくり手”を大切に、デザイン活動家ナガオカケンメイ

  • 2017.1.5
  • 864 views
「47 accessories 2 ‒ 47都道府県のアクセサリー展 ‒」を主催する「ディアンドデパートメントプロジェクト」代表のデザイン活動家ナガオカケンメイ(2016年12月8日撮影)。(c)MODE PRESS/Mana Furuichi

渋谷ヒカリエのd47 MUSEUM(ディヨンナナ ミュージアム)で「47 accessories 2 ‒ 47都道府県のアクセサリー展 ‒」が開催されている。全国47都道府県の伝統や素材を活かしてつくられたアクセサリーを展示・販売するユニークな展覧会を主催する「ディアンドデパートメントプロジェクト(D&DEPARTMENT PROJECT)」代表のナガオカケンメイ(Kenmei Nagaoka)に話をきいた。

■47都道府県の個性あふれるアクセサリー

会場のd47 MUSEUMは、さまざまなテーマを通し、全国47都道府県の“ものづくりの今”を紹介するミュージアム。過去には「クラフトビール」、「グッドデザイン賞」、「ご当地スーパー」などユニークなテーマも扱ってきた。2012年以来17回目を迎える今回のテーマ「アクセサリー」は、2度目の開催となる。

展覧会場には、北海道から沖縄県まで全都道府県分の47箱がずらりと並ぶ。ナガオカ自身が数年をかけて築いたネットワークと独自のリサーチから、「産地の産業に根付いているか、その風土の素材を使用しているか」などといった観点で各都道府県からそれぞれ1ブランドずつセレクトした。

つまり、会場には47のアクセサリーブランドが集結しているわけだが、例えばタンス製作所から生まれた「Iwayado craft(イワヤドウ クラフト)」(岩手県)や、板金を扱う製作所の技術を活かした「TE(テ)」(神奈川県)のように異業種分野から参入しているブランドも多く、展示している品もネックレス、ピアス、ブローチ、リングとさまざま。同じ“アクセサリー”ではあるが、ブランドごとに作品が出来上がるまでの背景は実に多様であり、箱ごとにがらりと雰囲気が変わるところも、この展示会ならではの楽しみ方である。

■ファッションが東京だけのものではない時代

ナガオカは1965年生まれ。20代の頃、ファッション界はいわゆる“DCブランドブーム”の全盛期を迎えていた。「そこでは、東京のブランドに就職し、東京でアパレルブランドを立ち上げることが“目標”であり“ゴール”とされていた」というが、すべてが「東京」を舞台に繰り広げられていた状況はいま、変化したと考えている。

「流通、交通面の発達や、ネットの普及によって、田舎に移動がしやすくなった。豊かに住まう選択の結果として田舎を選ぶ人も増えた」状況のなかで、一流ブランドで経験を積んだ後、田舎に居を移してクリエーションをするような人が増えたのだという。本展の出展者でも約5分の1が、移住者だ。

2010年に石川県の金沢21世紀美術館で行われた『生活工芸展』へ参加したときに出会った、各地から集まった人たちにもインパクトを受けた。「東京のブランドで積んだ経験と、それぞれの地域に伝わる“織り・染め”というような技術を組み合わせて、見たこともないような自由なファッションを楽しんでいた」。全国各地でそのような人たちと触れ合うなかで「日本中で凄いことが起きている」と感じたという。

進化的で前衛的な活気ある地方のクリエーション――そこに面白さを見出したナガオカだが、一番の想いは、そこにいる“つくり手”を応援したい、伝えたい、ところにある。

■全国の“つくり手”を大切にしたい

ナガオカが地方を回って感銘を受けるのは、人里離れた環境でものづくりに取り組む“つくり手たちの姿勢”だという。「過酷な環境で、会話もせずに黙々とものづくりと真剣に向き合い続ける姿勢はすごいし、デザイナーとして感動する」

一方、トラベルガイドブック「d design travel」の発刊を手掛けながら、全都道府県を一様に扱う難しさを感じることもある。例えば、それぞれの県にフォーカスしても、多くの人の興味を集めやすい地域と、そうでない地域がある。各都道府県間に存在する世間からの関心度の差は、如実に表れるものだという。「採算性だけを考えると、この展覧会は成り立たない。だけど、それぞれの地でものづくりと真剣に向き合う人たちを、47都道府県偏りなく均等に伝えたい」デザイナーとしてのそんな動機が、この展覧会を実現させた。

「つくりたい、何か分からないけれど必要だ。そういう気持ちがすごく大切。僕はそれを、分け隔てなく応援したいと思っている」

商品を手にした人が、つくり手のファンになり、地元の事を語ってもらい、その地を訪ねてみたくなる――最終的に目指すのは、そんな姿だという。

展覧会は2月16日まで。期間中は随時ワークショップも行う。

■展覧会概要

・47 accessories 2 ― 47都道府県のアクセサリー展 ―

期間:開催中~2017年2月12日

時間:11:00~20:00 ※入場は閉館30分前まで

会場:d47 MUSEUM(ディヨンナナ ミュージアム)

東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ8F

電話:03-6427-2301

入場料:無料

主催:D&DEPARTMENT PROJECT / ディレクター ナガオカケンメイ

■展覧会公式書籍

・「47 accessories 2 ― 47 都道府県のアクセサリー ―」

発売日:12月16日(全国発売)

価格:1,200円

販売:d47 MUSEUM、D&DEPARTMENT国内11店舗、D&DEPARTMENT、ネットショップ他、

全国の主要書店やライフスタイルショップ、Amazonなど

■関連情報

・ 47 accessories 2 公式HP:www.d-department.com/jp/47accessories-2

・ D&DEPARTMENT 公式HP:www.d-department.com