1. トップ
  2. おでかけ
  3. この冬のバカンスは、ロマンティックなウインターリゾートがおススメ。

この冬のバカンスは、ロマンティックなウインターリゾートがおススメ。

  • 2017.1.4
  • 192 views

リゾート周辺は雪に覆われ、ロマンティックな光景が広がる。
【さらに写真を見る】この冬のバカンスは、ロマンティックなウインターリゾートがおススメ。
冬本番を迎えた1月は、パウダースノーに包まれたロマンティックなウインターバカンスを特集。第一弾は、フレンチアルプスのラグジュアリーなホテルをご紹介。

ラグジュアリーなフレンチアルプスのウインターリゾート。

パリの「ル・ブリストル」やロンドンの「ザ・レインズボロウ」など、世界中の厳選された最高級ホテルが加盟する「オトカーコレクション」。”最高傑作のホテル (Masterpiece Hotels)”の名のもとに集められた9軒のホテルは、いずれも細部までこだわった内装や設備を整えた歴史ある建築物で、唯一無二と言える最上質のサービスを提供する。

そのひとつ「ラポジェ クールシュベル」は、フレンチアルプスのセレブ御用達のウインターリゾート、クールシュベルに位置する高級リゾートホテル。世界最大のスキー場として有名なトロワ・ヴァレーに直結し、一帯はスキーをはじめとするウインタースポーツのメッカ。ホテル周辺にはパウダースノーに包まれた白銀の世界が広がり、ロマンティックな冬のバカンスが満喫できる。ラポジェ クールシュベル(L’Apogée Courchevel)
Jardin Alpin, 73120, Courchevel, France
TEL/+33-4-79-04-01-04
料金/1室1泊950ユーロ~(2016年1月現在)
http://www.lapogeecourchevel.com

スケールの大きさに圧倒される世界最大のスキー場。

トロワ・ヴァレーは、メリベルやヴァル・トランスなどの国際的なスキー場をはじめ、網の目のように張り巡らされたリフトがつなぐ8つのスキー場からなる。リフトの総数はなんと180台。コースはバリエーションに富み、積雪量も豊富で、名実ともに世界一のスキーリゾートだ。

そのトロワ・ヴァレー最大にして最高級のリゾート地区がクールシュベル。冬ともなればヨーロッパ中からセレブが自家用機で訪れ、もちろんそのためのエアポートや高級ホテル、「ピエール・ガニェール」や「ル・シャビシュー」等のミシュラン星付きレストランなど、ラグジュアリーリゾートにふさわしい施設が整っている。アフタースキー&スノボのエンターテインメント、ショッピングやレストランまで、リッチでゴージャスなバカンスが待っている。

部屋ごとに異なる表情を持つ客室がゲストを迎える。

2013年に誕生した5つ星ホテル、ラポジェ クールシュベルは、最高級リゾートの格式と伝統を守りながら、温かみのあるクラシックな部屋からモダンでエレガントな部屋まで、全く違った表情を持つ56室の客室でゲストを迎える。建物のデザインを担当したのは、パリを中心に世界的に活躍するインディア・マダーヴィと、ラグジュアリーブランドのブティックを数多く手掛けるジョセフ・ディランという2人の建築家&インテリアデザイナー。石板、皮革、スウェードなど多様な素材の選択から、ソファーやベッドのコーディネートに至るまで、徹底的に細部にこだわっている。

メインダイニングは、トラディショナルフレンチの「ル・コントワール・ド・ラポジョ」。新鮮な素材を基本に忠実に調理した一品一品は、旅慣れたゲストの評価も高い。「KOORI」では、日本料理の素晴らしさに魅せられたシェフのジャン=リュック・ルフランソワの創り出す感性豊かな和食が味わえる。

ここでしか体験できないウインターアクティビティが満載。

ホテルはゲレンデに直結。スキー板やブーツはメンテナンスを済ませ、パーフェクトな状態で、毎朝ゲレンデに用意される。終了時も、スキー板を脱ぎ捨てれば後はスタッフにお任せという行き届いたサービスもうれしい。スキー以外にも、犬ぞり、リュージュ、クロスカントリー、さらにガイド付きの絶景スポットツアーや野生動物が観察できるスノーシューイングなど、とにかく多彩なウインターアクティビティが準備されている。

フィットネスセンター、屋内温水プール、ジャグジーやサウナなどホテル内の施設も充実。スパには6つのトリートメントルームがあり、「シスレー」を使ったボディやフェイシャルのトリートメント、英国ブランドの「バムフォード」を使ったオーガニックのボディトリートメントを提供。白樺の葉を使うロシア生まれのボディケアマッサージも、疲れた筋肉をほぐす効果は絶大だ。
参照元:VOGUE JAPAN