1. トップ
  2. 恋愛
  3. 脈アリっぽいのに実は「脈ナシ濃厚」な男性のセリフ3つ

脈アリっぽいのに実は「脈ナシ濃厚」な男性のセリフ3つ

  • 2017.1.3
  • 13201 views

いつも言わないようなことを言われると「彼はもしかして自分に好意を持ってくれているのかも?」と嬉しくなってしまいますよね。しかし、口上手な男性の中には言葉巧みに女性をその気にさせてしまう小悪魔なタイプもチラホラ。今回は、彼らがよく使う「脈ナシ言葉」をいくつかご紹介します。

■「○○と付き合える男は幸せだよね」

いかにも勘違いしてしまいそうなセリフですが、この男性はあなたの恋愛をどこか客観視しているのかも。付き合ったら楽しそうだけど、自分としては特に付き合いたいわけではない、そんな女性に対しての褒め言葉の一種の可能性があります。
女性のツボをよくわかっている男性が頻繁に使う言い回しなので油断は禁物。メンタルの強い女性ならば「それなら、○○くんの彼女になりたいな」など自分の好意を積極的にアピールしてみると、気のない彼をドキっとさせて一発逆転が狙えるかもしれません。

■「予定わかったら連絡する」

男性を誘ったときに「予定わからないんだ」と言われると納得してしまいますよね。男性が自分から連絡する、というのは自分が乗り気であると見せかけて「忘れちゃったんだ、ごめんね」という逃げ道を作っている可能性もあります。
本当に行きたい相手だったら「何曜日の何時だっけ?」「場所はどこ?」など、確認や念押しの行為が行われるはず。これを言われた場合には「はぐらかされた」と考えてよいかもしれません。

■「○○ってしっかり者だよね」

姉御肌な性格の女性がよく言われるこのセリフ。遠回しではありますが、男性からの脈ナシ宣言であることも多くみられます。
男性には、自分よりもキビキビしていてかっこいい女性が彼女だと男としてのプライドを守れない気がして怖気づいてしまいがち。しっかりした女性を前にすると、素直に「しっかり者!」と口にすると同時に恋愛対象からは外してしまうことがよくあるのです。

もちろん、脈ナシのサインも十人十色。その場その場で男性がどう考えているのか、しっかりと見極めることが大切ですよ!

(恋愛ライター・花輪 えみ)