1. トップ
  2. ネイル
  3. ニットや手袋でも安心の冬ネイルデザイン

ニットや手袋でも安心の冬ネイルデザイン

  • 2017.1.3
  • 18612 views

いつものネイルをもっとおしゃれにしてくれる、パールやストーンなどのネイルパーツたち。ネイルであんまり大きなデコパーツをつけていると、着替えのときなどに袖に引っかかってポロリと取れるなどトラブルが増えがちですね。特に長袖の服や袖の長いニットなどを着る冬の季節は、突然パーツがぽろりと取れることも。今回は、大きなデコパーツを使わなくてもかわいく見える、カラーとデザイン重視の冬ネイルについてご紹介します。

パーツが取れやすいこの季節

ネイルに取り入れたい、おしゃれなデコパーツたち。
でもせっかくのパーツを出先などでなくしたり、苦労して仕上げたネイルが台無しになると、がっかりしますよね。
長袖を着る冬の季節は、着替えのときにぽろりと取れることも。

また手袋が恋しくなってくる季節になると、どうしても爪についているパーツがあると、着脱のときになどに邪魔になりがちです。
そんな事態を防ぐために、この季節は特にニットを着たり手袋を着けたりするときは、大きなパーツを避ける人が多いです。
パーツを自由に付けられないのはちょっと残念に感じますが、カラーとデザインの工夫次第で冬のネイルはいくらでもかわいくなっちゃうんです。

ネイリスト: 小林未来

①スノーホワイトグラデーション

STUNNING NAIL

真っ白な雪をイメージしたようなホワイト系ネイルは、冬ネイルの定番デザインですね。
ホワイトはグラデーションにすると、いっそうエレガントで大人っぽくなります。
繊細で美しいグラデーションは、一見難しそうでもセルフで意外と簡単にできます。
ホワイトのようなやさしいカラーを使ったグラデーションは、他の濃い目のカラーを使ったときよりも失敗が少なく、やさしい印象になります。

グラデーション自体はネイルアートデザインにおける基本でもあるので、これをきっかけにグラデーションのやり方を覚えてしまいましょう。
ぼかすときにスポンジを使うと、とてもやりやすくなりますよ。
オーロラフィルムなどのキラキラ要素を加えれば、さりげない輝きでいっそうおしゃれに見えます。

②ふんわりベビーピンクネイル

ふんわりニットから覗く指先にぴったりな、ベビーピンク。
甘い砂糖菓子のようなかわいらしさを、指先に乗せればやわらかい甘さが包み込んでくれます。
年中活躍できるピンク系ですが、ベビーピンクのような淡いカラーは冬だからこそ大活躍できるピンクだったりします。
ちょっぴり子供っぽい女の子らしい甘さを持ったベビーピンクは、あざといくらいのモテオーラがあります。

ぽんわりと色づくチークネイルから、かわいらしいお花モチーフまで、幅広いキュート&ガーリーデザインをこなすことができるカラーです。

③星空ネイル

Leash nail

澄み切った冬の夜空をイメージした、星空のようなネイル。
青やネイビーなどの濃い目のカラーに、キラキラした星や星座モチーフを描くのが定番です。
平面的な小さめの星パーツや小さなスタッズなどであれば、袖に引っかかることはありません。
フレンチやクリアネイルとの組み合わせもおすすめです。

大きなパーツを使わなくても、工夫次第でネイルはいくらでもかわいくなります。
ぜひ挑戦してみてくださいね。

Itnail編集部