1. トップ
  2. レシピ
  3. 羽のように軽い、ふわふわケーキ♪ フレンチ・アルプスの伝統菓子「ビスキュイドゥサヴォワ」

羽のように軽い、ふわふわケーキ♪ フレンチ・アルプスの伝統菓子「ビスキュイドゥサヴォワ」

  • 2016.12.29
  • 5682 views

食文化が豊かなフランスには様々な伝統菓子があります。「カヌレ」や「タルトタタン」など…どこか懐かしい気持ちさせる素朴な味わいは、時代を超えて愛され続けています。今回は、そんなフランス伝統菓子のひとつ「ビスキュイ・ドゥ・サヴォア」をご紹介します。

フワフワ食感に、ローマ帝国の皇帝も感動!?

「ビスキュイ・ドゥ・サヴォア」は、スイス、イタリアと国境を接するローヌ・アルプ地方にあるサヴォワ地方が発祥と言われています。

かつてこの土地を治めていたサヴォア家が、神聖ローマ帝国の皇帝カール4世を晩餐会に招待した際、羽のように軽い「ビスキュイ・ドゥ・サヴォア」をふるまったところ、皇帝が感動したというエピソードが語り継がれるお菓子です。

フレンチ・アルプスのおいしいものを集めたお店「ラクソン」

もしも「ビスキュイ・ドゥ・サヴォア」を食べてみたくなったら、神戸・阪急岡本駅の高架下にある「Laccent(ラクソン)」(以下、ラクソン)のオンラインショップからお取り寄せしてみてください。

「フレンチ・アルプスのおいしいもの」が集められたお店「ラクソン」は、フランスから直輸入されたオーガニックハチミツやハーブティー、焼き菓子など、フランス人オーナーのオリヴィエさんが厳選した商品がずらりと並んでいます。

ソースやクリーム、フルーツで華やかさをプラスしても◎

「ラクソン」の「ビスキュイ・ドゥ・サヴォア」は、フレンチ・アルプスから届く、バターの豊かな風味を活かすように、シンプルな素材で作られています。外側はバターと、お砂糖のシャリっと感で香ばしく、きめ細やかなふんわり軽い食感が楽しめる内側の組み合わせが魅力的。

そのままいただくのはもちろん、コンフィチュールやチーズケーキソース、ハチミツを添えてもおすすめ。クリームやフルーツなどでデコレーションすれば、パーティのデザートにもぴったりです。

元記事を読む