1. トップ
  2. 恋愛
  3. アルコール依存症患者の世話を焼いてしまう“イネイブラー”の実態

アルコール依存症患者の世話を焼いてしまう“イネイブラー”の実態

  • 2014.12.3
  • 453 views

【女性からのご相談】

私の旦那はアルコール依存症です。なんとか治療させようと思っているのですが、言うことを聞いてくれません。専門医に相談したら、「あなたも悪い、イネイブラーになっている」と言われて、腹が立っています。そんなことってあるんですか。

●A. アルコール依存症患者を助けてしまう存在の人間をイネイブラーと呼びます。あなたはまさにそのような存在です。

こんにちは。ライターの佐藤俊治です。

私も経験がありますが、アルコール依存症の家族は本人よりも心身ともに苦しく、つらいものです。今回は、イネイブラーについてお話ししたいと思います。

●アルコール依存症を可能にする人を『イネイブラー』と呼ぶ

一般的に、『イネイブラー』とは、アルコール依存症を可能にしている人を指します。依存症患者の後始末などをしているうちに、自分自身もその問題にのめり込んでしまうのです。

のめり込んでしまううちに、いつしか自分の人生とも向き合わなくなります。しかも、「自分は苦労している」「自分は不幸だ」などと自分を悲劇の主人公と思うようになるのです。いわゆる“共依存”状態です。

このイネイブラーは、アルコールにかぎらず、薬物やギャンブルなどにも見られます。

●本人に自覚はない

当事者は、「自分はこれだけ色々苦労しているのに、なんでそんなことを言われなきゃいけないの」と怒ってしまうのです。医師はそのようなことが分かっているので、イネイブラーに対してかなりきついことを言います。まず、そこを引き離して治療を施そうと言うわけです。

依存症患者側も、いつも尻拭いをしてくれる人間が離れることによって、意識が変わり、治療に意欲を燃やすケースがあります。

●自分のために生きよう

イネイブラーになってしまう人は、基本的に人が良く、真面目な人が多いようです。全ての責任を背負い込み、色々と考えているうちに、いつの間にかのめり込んでいってしまいます。

相談者さまも上記のケースと同様で、依存症改善に手をつくされているのでしょう。しかし、それでは状況は改善しません。また、アルコール依存症は病院に入院したから即治るというものでもありません。

自分が状況を悪化させている原因と言われるのは、非常につらいものですが、事実です。事態を受け入れ、自分のための人生を歩くことが、事態の改善につながります。このことが理解できるまでには時間がかかりますが、治すにはそれしかありません。

(ライタープロフィール)

佐藤俊治(フリーライター)/2011年からライターを始め、年間1万記事以上を投稿中。アルコール依存症の身内を抱え、奮闘した経験も持つ。ギャグから真面目なネタまで手広い文章を書きます。

元記事を読む