1. トップ
  2. グルメ
  3. 神戸のスイーツから広島のお好み焼きまで。交通費5千円で、西日本グルメを食べ尽くす列車旅へ【前編】

神戸のスイーツから広島のお好み焼きまで。交通費5千円で、西日本グルメを食べ尽くす列車旅へ【前編】

  • 2016.12.27
  • 8778 views

JR全線の普通列車に乗り放題、5日(人)分が1セット(11850円)として発売される青春18きっぷ。青春18きっぷのいちばんの魅力は、1日のうちで何回でも途中下車ができて、普通列車に1日乗り放題ということ!今回は、そんな「青春18きっぷ」を使った、この冬に出かけたい旅をご提案。お友達と2人×2日の4回分を使って行ける1泊2日の旅をお届します。パワースポットをめぐる旅をお届けした関東編に引き続き第2回は、西日本のグルメ旅。神戸から広島まで、スイーツやカキにお好み焼き…、おいしいものを食べ尽くします。

大阪駅からスタートし、まずは神戸でスイーツ

大阪駅から出発し、まずは元町駅へ。ここから歩いて、異人館街などもある北野の「ラヴニュー」へと向かいます。

[元町駅]地元でも人気の「ラヴニュー」で絶品スイーツを

「ラヴニュー」は神戸女子にも絶大な支持を得ている人気のスイーツ店。中でも「モード」は、ミルク、ホワイト、ジャンドゥーヤの3種類のチョコレートとアプリコット、ヘーゼルナッツのハーモニーが、一度食べたら忘れられないと人気です。

人気のケーキは、午後になると売り切れてしまうことも多いそうなので、午前中に訪れるのが◎ですね。

[明石駅]ふんわりとろーりがクセになる明石焼きの「よし川」

「ラヴニュー」でスイーツを味わった後は、再び元町駅へと戻り、東海道本線に。次の神戸駅で快速に乗り換えて、明石駅へと向かいます。

途中からは海水浴場として知られる須磨の砂浜が。白い砂浜と青い海、その向こうには淡路島が見える絶景スポット。さらに舞子駅では明石海峡大橋の下をくぐります。

明石といえば、ぜひ食べたいのが明石焼きです。卵ベースのふんわり&とろーりの生地の中にタコが入っていて、地元では玉子焼きとも呼ばれているとか。明石駅からすぐの人気店「よし川」へ向かいましょう。

とれたばかりの新鮮な明石だこを使っているというこちらのお店。ワクワクしながら焼けるのを待ちましょう。昆布と鰹でとった関西風のおだしでいただきます。

瀬戸内ののどかな風景を眺めながら、のんびり列車旅

次は明石駅から、岡山県を代表するカキの産地を目指し、寒河(そうご)駅へ。もし時間に余裕があれば、しろさぎ城の異名を持つ真っ白な美しいお城・姫路城を見物に、姫路駅で下車するのもおすすめです。

[寒河駅]新鮮なカキがたっぷり入ったカキオコの「タマちゃん」

途中から赤穂線に乗り換えて目指す寒河駅は、岡山を代表するカキの産地・日生(ひなせ)にあります。そして、日生で昔から地元の人に愛されているグルメといえば、カキが入ったお好み焼き、その名も「カキオコ」です。寒河駅の近くにある有名店「タマちゃん」へと向かいましょう。
新鮮なカキがたっぷりと入ったこちらのカキオコ。半分はソースで、半分は岩塩でいただくのが、こちらのお店の特徴です。

ぷりっぷりのカキ入りのお好み焼きを食べた後は、この日の宿泊地・倉敷駅へ向かいます。赤穂線は本数が少ないので、乗り遅れなどに注意してくださいね。

[倉敷駅]美観地区を散策し、ホテルへチェックイン

再び電車に乗り、この日は倉敷に宿泊。倉敷と言えば、江戸時代には幕府の天領となり、物資の集積地として栄えた町。現在でも、古い建物が多く残り、さまざまな施設に活用されています。夜の美観地区を散策するのもいいですね。

美観地区には、外国のゲストハウスに来たような雰囲気のホテルもあるので、好みと予算に応じて、宿泊するホテルを選んで下さいね。
**********
瀬戸内海の海沿いを移動しながら、スイーツからカキまで美味しいものを食べ尽くした1日目。2日目はさらに西を目指し、美しい景色と絶品グルメを堪能していきます。

オリジナルサイトで読む