1. トップ
  2. 恋愛
  3. 私、カレの本命なのかな?男子が本命にしか話さないこと

私、カレの本命なのかな?男子が本命にしか話さないこと

  • 2016.12.26
  • 82321 views

男性の立場からすると、本命の女性にしか話したくないこと、聞かないことが確実にあります。

男はプライドの生き物。心を許した人以外には恥ずかしくて言えないこと、言ったからには絶対実行したいことがあるのです。それこそ、遊びの女子に言って笑われたら、自分が許せないので簡単には口にしませんね。

また、あなた自身のことについても、本命だと思ってくれているからこそ、踏み込んで聞きたいこともあります。
今日は、男性が本命女子に対してしか、話さないこと・聞かないことをお伝えします。

1・小さい頃の夢を語る

現在や最近の話は、誰に対してもすると思いますが、過去の話、特に小さい頃の話は、本命以外の女子にはしないもの。

そもそも、その他の人に、話しをする意味がないです。

自分の小さい頃は、今の自分を作る「根」だったり、「核」だったりします。それを相手に話すということは、自分の人となりを全て相手に共有したいから、に他なりません。

もし、相手の男性が「小さい頃、自分は◯◯になりたかったんだー」とか、「小さい頃の自分はこんな感じでー」と話してくれるなら、あなたのことを本命と思っているに違いありません。

2・これからの具体的な目標を言ってくれる

大人になると夢や目標を口に出すのがはばかられます。そもそも、夢がなくなっている人も多いのですが。何となく「今後こういうことをしたんだよねー」ということは、本命女子ならずとも同性や異性の友だちにだって言えること。

でも、「自分は◯◯歳までにこうなっていたい」「◯◯までに絶対◯◯を達成する」というような、具体的な期限を設定した目標は、本命の女子に対してしか言わないと思います。

男性にとって、具体的な期限や達成内容をコミットする、というのは、それを一緒に共有すべき相手にしかしないことですから。

3・あなたに対して家族や小さい頃の質問をする

日常的な会話や、趣味や興味に関する質問は、本命女子ではなくても、誰にだってすると思います。

でも、「家族のこと」「小さい頃のこと」をわざわざ本命以外の人には聞きません。

(※過去の交際相手のことは、結構誰に対してもするとは思いますので、勘違いしないでくださいね)

先ほどの「小さい頃の夢」とも共通する内容ですが、相手の「小さい頃」に興味を持つ、ということは、今のあなたが作られてきた経緯を知りたいのです。

ましてや、家族に興味を持つのは、長い交際や結婚を念頭に置き始めているから。
いかがでしたか? 上の3つの話をするのであれば、彼にとってあなたは相当重要な存在と思って間違いありません。