1. トップ
  2. グルメ
  3. さらり・とろり・ぽてり―選べる3つの濃厚さ。鶏と野菜の旨みがぎゅっと詰まった“鶏ポタラーメン”って?

さらり・とろり・ぽてり―選べる3つの濃厚さ。鶏と野菜の旨みがぎゅっと詰まった“鶏ポタラーメン”って?

  • 2016.12.22
  • 7165 views

鶏と野菜をじっくり煮込んだまろやかなポタージュスープが人気の「鶏ポタラーメン THANK お茶の水店」。「さらり」「とろり」「ぽてり」の3段階からスープの濃度を選んで、お好みのとろとろ感にアレンジできます。気軽に入りやすいおしゃれな店構えとやさしい味わいで、女性のファンも多いラーメン屋さんに、さっそく足を運んでみましょう。

カジュアルでおしゃれな雰囲気のラーメン屋さん

都営地下鉄新宿線小川町駅から徒歩3分。靖国通りを一本入った路地裏に「鶏ポタラーメン THANK」はあります。
浜松町の大門に1号店があり、こちらは2015年の7月にオープンした2号店。周囲はオフィス街なので、ランチタイムにはお昼休みの人々で賑わいます。

店内はおしゃれなカフェのようなカジュアルさで、女性ひとりでも気軽に入りやすい雰囲気です。
こちらのラーメンの特徴は、鳥取県産の大山鶏と9種類の野菜をじっくりと煮込んだまろやかなポタージュスープ。素材の味わいを大切にするため、化学調味料は一切使用しておらず、そのやさしい味わいに女性のファンも多いのだとか。

大仙鶏の出汁と野菜のうまみをぎゅっと濃縮したラーメン

スープのとろみは「さらり」「とろり」「ぽてり」の3段階の濃厚さから選べます。
今回注文したのは、オーソドックスな「塩玉ラーメン」の「ぽてり」。ストレートの細麺に、鶏の出汁と野菜の旨みが濃縮されたトロトロスープがぽってりと絡み付きます。チャーシューの代わりに香ばしい手羽先が入っていて、まろやかな鶏ポタスープと絶妙にマッチします。

スープにライスを入れてリゾットも楽しんで

麺を食べ終えたら、スープにライスを入れてリゾットにするのがおすすめです。ライスは、約3口分の豆サイズ(50円)から用意されているので、麺だけでお腹いっぱいという人も、気軽に試してみることができますよ。
自家製のカレースパイスを加えると、コク深いチキンカレースープに変身。

さらに、玉ねぎとにんじんのピクルスも自由にトッピングすることができ、さっぱりした酸味が味を引き締めてくれます。
最後まで味の変化が楽しめる、飽きのこない一杯です。

パルミジャーノチーズたっぷりの「トリポターナ」

こちらは、イタリア産のパルミジャーノチーズがたっぷり乗ったスープまぜそば「トリポターナ」。もともと限定メニューだったのが、あまりの人気からレギュラーメニューに昇格した一杯です。
卵黄やチーズを少しずつスープに混ぜ合わせながら、味わいの変化を楽しみましょう。添えられたレモンとピンクペッパーが爽やかなアクセントになりますよ。手揉みの中太たまご麺がクリーミーなスープに絡みつく、濃厚な一杯です。

寒い季節は、とろとろのポタージュスープラーメンで、じんわり体を温めたいですね。